« 『小学生家庭学習 子どもにやる気を出させるちょっとしたコツ!』 | トップページ | 『小学生夏休み 子どものタイプ別教材の選び方! 教育雑誌に掲載されました』 »

『自宅教室を応援したい! 教室開講のための講座を準備中』

賢いママたち、その力を周りの子どもたちのために!

2014年5月28日(木)

かれこれ自宅教室を始めて9年が経ちました。

< 小学校6年生 濃度を計算して塩の結晶で絵をかきました >

12013150s

 

国語と算数を何コマもやっていた時もあれば、今は大学の仕事も

しているため忙しくて、この2年は教室もかなり縮小体制。

でもまた時機を見て拡大しようかな~と思っていたり。

こんなに自由にできるのも、自宅教室ならでは。

お子さんが小さい時にはそれに合わせてコマ数時間帯も自由に

決められるし、教室の子どもたちと一緒にお子さんも見ることが

できますよね。

私はこれまでに、働きたいけれども働けない状況にあるお母さんたちを

たくさん見てきました。

下のお子さんが小さかったり、転勤族でなかなか就職するのは難し

かったり。

能力があるのにもったいない!と何度思ったことか。

そんなお母さんたちに自宅教室はお勧めなのです。

 

とはいっても、何の看板もなく、突然始めるのは勇気がいること。

私も最初は大手の教育会社の教室を持とうかと考えましたが、

いざ試験に受かってみても「もし会社の方針と違う考えを持ったら

どうしよう?」なんて迷い、その自由のなさが返って心配になりました。

おまけに、半分近くをマージンとして持って行かれてしまいます。

働けども働けども・・・なんです。

 

そこで思い立って、自分が大学で学んだこと、子どもと向き合って

分かったことを全てぶつける形で教室を始めたのです。

教材もカリキュラムも全て手作り。

それでも、どこにもない3段階の目標タイムを定めた計算ドリルは定評が

あり、算数とキッチン、身の回りのことを結びつけたカリキュラムは

話題になって、これまでにも何度も雑誌や新聞、時にはテレビの取材も受けて

きました。

何よりも、うちの息子たちや教室に来てくれた子どもたちが、学ぶ意欲を

持ち続けていてくれることが私の今を支えてくれています。

 

そんな教室ももうすぐ10年。

これまで蓄えてきた教室運営のノウハウ教材を、多くの方に

伝えることも仕事の一つに加えようかと考えています。

「教室っていっても肩書もないのに人は集まるの?」

「教材は何を使えばいい?」

「授業料の設定は?」

「教室をどうやって紹介するの?」

などなど、私がかつて持っていた疑問の一つ一つをまとめて

講座で紹介できたらと考えています。

その前に、教材を書籍にまとめなくては!

 

なんて、夢は大きく、多くの賢いお母さんたちのために力になれる

日を目指して頑張ります!

 


|

« 『小学生家庭学習 子どもにやる気を出させるちょっとしたコツ!』 | トップページ | 『小学生夏休み 子どものタイプ別教材の選び方! 教育雑誌に掲載されました』 »

コメント

初めまして、こんにちは。
私も自宅で教室を開きたいと思っています。
5年ほど、S学館で働いていました。が、ボーダー辺りのお子さんにもう少し丁寧にみたいと思ったのがきっかけです。また、いわゆる普通のお子さんでも10−6=4は出来るのに、10は6といくつですか?とか、6に何をたすと10になりますか?など形が変わると全くできなかったり。そんな子供たちに数遊びを通して、数に興味を持ってもらいたいとおもっています。
国語もやって行きたいと思っており、教材をあちこち探していてこちらに辿り着きました。講座を是非受けたいと思いますが、広島におりますのでむつかしいと思います。年末年始辺りに開講される予定はおありですか?
(. その頃なら子どもを夫に預け、上京するつもりです。)
また、教材の販売もありましたらお教え下さいませ。
勝手なお願いばかりで申し訳ありません。よろしくお願いいたします。

投稿: メタボ40 | 2014年10月30日 (木) 19時55分

はじめまして。
さいたま市在住豆柴の母です。
お教室にとても興味があります。
教室の場所を教えて頂けましたら幸いです。
よろしくお願いします。

投稿: 豆柴の母 | 2014年12月10日 (水) 23時26分

★メタボ40さま★
お返事がこんなに遅れてしまい申し訳ありませんでした。
お気持ちとてもよく分かります!
私も塾講師で受験対策をしながら、何か腑に落ちないものを感じていました。
実は来年3月に教室を移動(というか自宅が引っ越し)するため少々ばたばたしていまして、現在は講座を予定していません。
もしかすると、今のもやもやからの脱出はこの本が参考になるかもしれません。
『授業を変える~認知心理学のさらなる挑戦~』
私の教室はこの考え方を参考にしていますし、現在東大工学部で科学の授業を作るゼミを担当していますが、ここでもこの本をテキストにしています。
もしもこちらに来られることがありましたら、お会いしてゆっくりお話しできるかと思います。
また講座の予定が立ちましたらブログでもご紹介致します。
お会いできる日を楽しみにしています!

投稿: yasuko | 2014年12月10日 (水) 23時47分

★豆芝の母さま★
お問合せありがとうございます。
実は、現在教室移転(自宅がお引越し!)の準備中でして、来年4月からはさいたま市で開校する予定です。
開校といっても小さな自宅教室ですが、場所は浦和駅からバスで7~8分のところになります。
詳しい情報は改めてご連絡致しますので、よろしければ一度 y323.nakamuta(アット)gmail.com までご連絡頂ければと思います。 *「アット」を「@」に変えて下さい。

投稿: yasuko | 2014年12月10日 (水) 23時54分

ありがとうございます。
早速、上記の本をネットで予約しました。
本を紐解きながら、私は何をしたいのかをしっかり考えて行きたいと思います。また、講座の開講や本の紹介があれば教えていただけると嬉しく思います。
よろしくお願いします。

投稿: メタボ40 | 2014年12月15日 (月) 19時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/56341588

この記事へのトラックバック一覧です: 『自宅教室を応援したい! 教室開講のための講座を準備中』:

« 『小学生家庭学習 子どもにやる気を出させるちょっとしたコツ!』 | トップページ | 『小学生夏休み 子どものタイプ別教材の選び方! 教育雑誌に掲載されました』 »