« 2012年4月 | トップページ | 2012年11月 »

『小学生算数 比を学んで美味しいカップスープをつくろう!(ワークシート付き)』

比は性質(味など)を表すことにも使えるよ!

2012年7月12日(木)

教室に通ってくれている小学校6年生は、今はを学んでいます。

昨日は、その比を使ってカップスープを作りました。

学びへのモチベーションを高めるには「学んだことが役に立つ」ことを

実感することが効果的だとする研究報告もあります。

小学校の算数なら、家でちょっと工夫するだけで「役に立つ!」という

体験をさせてあげられますよね。

授業の手順を紹介しますので、是非ご家庭でも試してみて下さい。

 

『比を学んでカップスープを作ろう』 

○授業の目的

・比は性質を表す時にも使えることを体験する。

比を簡単にすることを学び、簡単にすることで使いやすくなること

 体験する。

・比を使って他の分量でも同じ性質のものが作れるよう計算ができる

 ようになる。

○準備するもの

・カップスープの粉   1~2袋

・お湯           カップ2杯程度

・紙コップ        2個(お湯をはかるものと粉をはかるもの)

・スプーン        1本(まぜるのに使います)

・電子量り        1個

・ワークシート      1枚

 『比を使っておいしいカップスープを作ろう』ダウンロード↓

 「ratio_and_cup_soup_ver1.pdf」

○手順

①まずはワークシート通りに少量のカップスープを作ってみます。

 (これはおいしいはず!)

②おいしいと感じたスープの、お湯とカップスープの粉の重さの比を

 簡単にしておきます。

③「もっと多くしよう!」ということで、お湯を100グラムにした時の

 カップスープの粉の重さを計算します。

④実際に作って味見をします。

 

応用編としては、全体の量(カップスープの出来上がりの重さ)を

指定して、お湯とカップスープの粉の重さを計算してもいいですね。

 

< カップスープの粉を量る様子 >

1207113s

 

< 混ぜたらできあがり! >

1207114

 

教室の時間は、ちょうどお腹が空く時間なので「もっと多く作って

みようよ!」という呼びかけには、子どもたちは大賛成!

楽しく、美味しく学ぶことができました。

教室にきているあゆみちゃんと私の会話は

 

あゆみちゃん:「こんなので勉強ってすごいね!」

私       :「学校で勉強することがどんな風につかえるのかを知っておくことは

         大切だよね。」

あゆみちゃん:「ここって算数教室だよね?」

私       :「そうだけど?」

あゆみちゃん:「私、この教室好きだよ!」

私       :「あ、ありがとう!」

 

なんだか大人なあゆみちゃんでしたが、あゆみちゃんも教室に通い始めて

もう3年目のベテラン生徒です♪

そんなあゆみちゃんを、これまた大人に静かに見つめるりなちゃんでした。

彼女もベテラン生徒です♪

とにかく空腹時のカップスープは美味しかったらしいので、あとは

比の使い方も覚えていてくれればばっちりです。

 

このカップスープの授業は一昨年から行っているのですが、

簡単そうに見えて、教材制作では意外に数値の設定が面倒なのです。

子どもたちが計算しやすく、そして応用しやすく、しかも「おいしい!」

と思ってくれるお湯とカップスープの粉の重さを試行錯誤して出しました。

ご家庭での学習に少しでもお役に立てたら嬉しく思います。

 

 

こちらのブログは小学館の子育て情報サイト

ウェブeduでご紹介頂いております。

 

  

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年11月 »