« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

『小学生算数 中学数学を先取り!正多面体を折ろう』

立体図形は作って触ってみなくちゃね!

 

2011年4月18日(月)

小学校5年生のクラスでは「立体図形が苦手みたいです・・・」という

生徒のお母さんからの依頼により、折り紙で立体図形を作って

みることにしました。

 

3次元の感覚は、走ったり跳んだりして体で感じたり、実際に

色んなものを見ながら身に付いていくものなのだと思いますが、

実体験が少なくなりがちな現代の子どもたちには、少し意識してその

環境を与えてあげたほうが良いのかもしれません。

でも、どうせやるなら親子で楽しく!がいいですよね。

 

この日は、授業の後半に折り紙で正四面体を作りました。

うちの息子たち(中2と小6)も、小学校入学のころから少しずつ

折り紙を折りながら多面体を体験してきていて、図形の感覚はしっかり

身に付いているようです。

川村みゆきさんの『はじめての多面体おり紙』が使いやすくて

数学の教科書とのつながりも分かりやすいのでお薦めです。

 

はじめての多面体おりがみ―考える頭をつくろう! (Heart warming life series) Book はじめての多面体おりがみ―考える頭をつくろう! (Heart warming life series)

著者:川村 みゆき
販売元:日本ヴォーグ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

  

この本では、角柱や角錐などの他、中学で教わる5つの正多面体

(正四面体、正六面体、正八面体、正十二面体、正二十面体)全てを

折ることができます。

 

私たちが今回作ったのは正四面体でした。

 

< 子どもたちが作った正四面体 >

11041850  

 

教科書や問題の中で、平面に書かれていいる多面体とは違って、やはり

目の前にあると直に感じるものもあるようです。

りなちゃんも、あゆみちゃんも、出来上がった正四面体を手にとって

眺めていました。

正三角形を面に持つ正四面体はとても美しいですよね。

 

折り紙と一緒に置いてあるのは、ダイヤモンドの結晶構造モデル

中央の小さいのは蛍石です。

ダイヤモンドの方は、だいたい正八面体の結晶構造が基本なの

ですが、うちのは、分子モデルの部品の都合でその半分の正四面体で

飾っています。

蛍石は正八面体に割れやすい(へき開)しやすい鉱物で

安定感のある形はとても美しいですよね。

鉱物がこのような多面体で安定するのにも意味があるのです。

 

< 蛍石 >

11041850_2

  

あとは、展開図を書いてみて、平面と立体を行ったり来たり

すれば、立体図形の感覚が身についてきます。

やっぱり、楽しみながら本物を見るのが一番です!

 

結晶構造モデルに興味がある方はこちです↓

モル・タロウ ダイヤモンド・フラーレン ( レッド ) Toy モル・タロウ ダイヤモンド・フラーレン ( レッド )

販売元:タロウ
発売日:2006/02/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

こちらのブログは小学館の子育て情報サイト

ウェブeduでご紹介頂いております。

  

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『原発の問題について、どの情報を信じたらよいか迷っている方へ』

中立な立場で、思想やお金とは無縁な専門家から

情報を!

 

2011年4月6日(水)

まずは、先日ご案内しました、日本折り紙ヒコーキ協会会長、

戸田拓夫さんからの依頼の救援物資集めですが、第二段の使い捨て

カイロも短期間のうちに700個ほども集めることができました。

戸田さんからの連絡では、その後、すぐに被災地へ届けて頂けたようです。

ご協力頂いた皆様、ありがとうございました。

 

震災から1ケ月近くが経ち、難題が山積みなことには変わりあり

ませんが、それでも少しずつ周りの人たちは落ち着いてきて

いるように感じます。

私の方も、教室と、NPOの仕事と、普段のペースに戻りつつあります。

動ける人は動かなくちゃ!ですよね。

 

ただ、こんな状況ですので、玉石混合の情報が嫌でも入ってきて

どこから情報を得たら良いか悩んでいる方もいらっしゃるようです。

自分自身の安全、家族の安全に過敏になるのも仕方ないこと

だと思います。

 

NPO法人センス・オブ・ワンダーとしても一緒にお仕事をした

ことがあり、私が記事を書かせて頂いている『かがくナビ』

(科学技術振興機構提供)で書評を書かれている、科学作家の

竹内薫さんが、ご自身のブログの中で、情報の入手方法を

分かりやすくアドバイスして下さっています。

要は「中立の立場で、思想やお金に無縁な専門家の情報を

選んで下さい」ということではないかと思います。

 

竹内薫さんが紹介されているのは例えば以下のサイトです。

○チーム中川(東大病院放射線医療担当者を中心とするチーム)
 http://tnakagawa.exblog.jp/

○早野龍五教授(東京大学大学院理学系研究科)のTwitterまとめ
 http://matome.naver.jp/odai/2129998418247170501

 

竹内薫さんご自身のブログ『薫日記』も大変参考になります。

○竹内薫さん(科学作家)
 http://kaoru.txt-nifty.com/diary/

 

今の騒ぎに便乗して、えせ科学を語る悪徳商法などもありますので

皆さん、十分にご注意ください。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »