« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

『中学でも手を離さなかった東大生のお母さんたち』

中学生になったら手が離れたって本当?

 

2011年2月21日(月) 

今日は、中1の長男(こうき)のことを書いてみたいと思います。

こうきについては、私自身の経験から「中学受験をさせたほうが

学習の効率がいいのでは?」と思い、ぎりぎりまで進路を迷って

いました。

結局、中学受験のメリットとデメリットを考えた結果、我が家では

「中学受験をしない」ことを選択したことについては、前に記事でも

ご紹介した通りです。

 

今年の4月で中学2年生になるこうきは、バスケ部がとても楽しいらしく

日々練習に励んでいます。

勉強についても、数学については自宅で先取り教育を続け、

理科に関しても一部先取り教育をしていて、その効果はきちんと

成績にも出ているようです。

数学の先取りでお薦めなテキストのセットはこの二つです。

詳しくはまたご紹介したいと思っています。 

 

とってもやさしい数学 中学1年 増補版―現役ベテラン先生の特別授業 Book とってもやさしい数学 中学1年 増補版―現役ベテラン先生の特別授業

著者:佐藤 寿之
販売元:旺文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

  

Book 基礎からトコトン書き込みテスト中1数学 (シグマベスト)

販売元:文英堂
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

さて、今日は授業参観の話です。

先週、中学校の授業参観がありました。

近くの公立中学は、素晴らしい教育者である校長先生が指揮をとって

いて、今はとても落ち着いています。

環境は恵まれた中学校なのですが、小学校1年生、2年生の頃には、

参観日にあんなにたくさんいたお母さん、お父さんたちが、このところの

参観日はぐっと減ってしまいました。

運動会では早朝から場所取りに並んでいた、あのお父さんお母さんは

一体どこへ行ってしまったのでしょう?

とても不思議です。

こうきのクラスは数学の参観でしたが、授業の最初はたったの3名の保護者

しかいませんでした。

そのあと少し増えて、それでも5、6名といったところです。 

私の周りのお母さんたちの中にも、子どもが中学生になって仕事を

始めた方もいて、生活環境がかなり変わってしまう場合もあるようです。

子どもの方も、部活で帰るのも遅くなるし、土日も部活でいないし

日々の学校の準備ぐらいは一人でできるし、親がついていなくても

少し遠いところまで出かけられるようになったりして、急に手が

離れたような気がするのは事実なのだと思います。

でも本当に手が離れたのでしょうか?

 

私は教室で中学生の数学も教えているので、息子以外の中学生と

接する機会があります。

子どもたちは、中学に入って1年経つ今もまだ、迷い戸惑っているように

見えます。

もちろんずいぶん「中学校」という環境に慣れてきてはいます。

でも、定期テスト一つをとっても、小学校とはまるっきり違うテストの

仕組みに未だ慣れず、自分なりの方法を探し求めているようです。

勉強の仕方だけをとっても、アドバイスが必要なように見えますし

他にも、部活のこと、友達のこと、学校のこと、毎日喜んだり

悩んだりしていて、話を聞いてほしいように見えます。

まだまだ親の手を必要としているんですよね。

 

丁度この授業参観の日、仕事で一緒に科学教育を研究している

東大工学部のゼミ生の皆さんにこんな質問をしてみました。

「中学の時に親は参観日に来ていましたか?」

この日、ゼミに参加していた5名の学生さんが回答してくれた

のですが、全員の答えは

「はい!」

でした。

5名というのは、中高一貫校の出身者もいれば公立中学の出身者も

います。

でもどの親も、中学生になったからといって、決して手を放したりは

していないようです。

ゼミ生の皆さんに、私はいつもあれこれと育った環境などを聞いてみるのですが、

いつも感心するのは、親と一緒にたくさんの体験をしていることです。

そして確信するのは、「親が関わり続けることが大切」ということです。

ゼミ生の皆さんに聞いてみても、塾に入れたら入れっぱなし、

学校の参観日にも参加せず、今何を子どもがしているのかを知らない

そんな親は一人もいなかったのです。

 

「子どもを自立させなきゃ!」

という理由で、放任になってしまう親も多いようです。

でも自立させるには、自立の方法を教えてあげなくてはいけない

ってことを忘れていますよね。

 

こうきたちを見ていても、中学生はとても大切な時期だと感じています。

もちろん手を離して、失敗を経験させることも大切でしょう。

でも、手を離していてもきちんと見守り、ときにはさりげなく手を貸しながら、

導いてあげたいものですよね。

親っていつまでも大変です。

 

こちらのブログは小学館の子育て情報サイト

ウェブeduでご紹介頂いております。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『小学生のうちに先取り! 中学数学 正の数負の数のイメージをつかもう』

プラスとマイナスのカードを渡したりもらったり

 

2011年2月8日(火) 

5年生の子どもたちは、現在「トクトク」という本を使って

2けたのかけ算の暗記をしています。

実は、5年生はこれで二度目の「トクトク」になります。

一度合格をしても、使わなければ定着しないので、1年たった今

また学びなおしているというわけです。

19×19 トクトク―日本人のアタマをもっとよくする2桁かけ算 Book 19×19 トクトク―日本人のアタマをもっとよくする2桁かけ算

著者:COO,よこい やすし
販売元:ワイプラス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この本は、12から19までの数字にキャラクターが割り当てられていて

「それぞれのキャラクターが出会うとどんなことが起こるか?」という

ことをイラストで覚えていきます。

例えば、12(トリちゃんという鳥)と19(トクちゃんという天使)が出会うと

鳥ちゃんの「忍者になりたい」という願いがかない、ニニンジャ(228)

になるわけです。

テストでは、数式をみて、語呂合わせを思い出し、それをまた数字に

変換するということを素早く行えるかどうかをみます。

 

このテスト問題は教室のオリジナルです↓

・12の段、13の段

「tokutoku_12and13.pdf」をダウンロード

・12の段、13の段(解答)

「tokutoku_1and13ans.pdf」をダウンロード

 

子どもたちは、

「えっと・・・トリとトシだから・・・」

というように、キャラクター同士で起こる出来事を

思い出しながら解答していきます。

 

< トクトクのテストの様子 >

50110208

 

数の概念では「割合」を学び、最後は中学数学で最初に出てくる

「正の数負の数のたし算とひき算」の概念を、カードを使って

学びました。

テキストは「とってもやさしい数学 中学1年生」を使います。

 

とってもやさしい数学 中学1年 増補版―現役ベテラン先生の特別授業 Book とってもやさしい数学 中学1年 増補版―現役ベテラン先生の特別授業

著者:佐藤 寿之
販売元:旺文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そしてカードも! 

< 工作用紙を切って作った簡単なカード >

11020850

 

 

たとえば、はやとくんが「+1」を持っているとします。

そこに「+2」を渡します。

はやとくんが受け取ることを「たす」と考えます。

はやとくんの点数は「+3」になりました。

ここまでは簡単ですね。

子どもたちが迷ったのは負の数のひき算でした。

 

続いてはやとくんに「+1」「-1」「+3」の3枚のカードを持って

もらいます。

今の点数は「+3」点ですね。

ではここで「-1」をこちらに渡してもらいます。

はやとくんが渡すことを「ひく」と考えます。

すると・・・

「あれ~? 4点だ!? ひいたのに点数が増えたよ!」

と驚きの声が上がりました。

マイナスをひく(渡す)というのは、結局その分プラスになったのと

同じだということを、子どもたちは感じ取ってくれたようです。

 

このクラスももうすぐ6年生。

中学までは十分に準備期間があるので、少し先に中学数学で学ぶ

数のルールに慣れておく予定です。

 

 

 

こちらのブログは小学館の子育て情報サイト

ウェブeduでご紹介頂いております。

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

『学び方を学ぶ ~学び方が上手な東大の工学部生~』

認知心理学的にみた「学び」の目標

 

2011年2月8日(火) 

私の教室では小学3年生から中学1年生までが数学を中心に

様々なことを学んでいます。

今日はいつものように教室の話ではなく、家庭教育をする上で

役に立ちそうな(少なくとも我が家では役に立っていますよ♪)認知心理学

というものをご紹介してみたいと思います。

皆さんは

「学ぶとはどういうことですか?」

と聞かれたら、どのように答えるでしょうか。

認知心理学という分野では「学ぶとはどういうことなのか」

定義しています。

私は大学で認知心理学が専攻だったのですが、「これをもっと

具体的な学びに役立てられないものかなぁ」と考えていました。

この認知心理学とは一体どんなものかというと、「知識の理解、

生成、発達を取り扱う科学(注1)」という説明があります。

これって、子どもたちや、自分の学びにも関係しているので、

親としても気になりますよね。 

認知心理学では、学ぶということはスキーマの獲得なんだ」って言って

いるのですが、これでは

「なんのこっちゃ?」です。

東大でお世話になっている三宅なほみ先生の、分かりやすい説明を

お借りすると「”使える知識”を身につけること(注2)」となります。

となると、次には「スキーマ(使える知識)って何?」ってことになる

わけですが、これは、ただの情報の暗記ではなく、自分自身で持つ

関数のようなイメージでしょうか。

その関数に、状況に応じて変数を入れ、自分で使いこなすのだと

想像してみて下さい。

関数の結果を丸暗記するよりも、暗記の量も少なく、応用できそうだなと

感じてもらえると嬉しいのですが・・・

 

もっと身近な、小学校算数を例に「スキーマの獲得」を紹介してみます。

小学校の算数で、子どもたちが学ぶ「10のまとまり(10進数)」ですが、

多くの子どもたちは「10をひとまとまりで考える」ことを学ぶので、

2年生にもなれば、「10集まると位が上がる」ということを知っています。

これは、いわば「10進数のスキーマ」なので、このスキーマを身につければ、

例え数が10以上になっても、100以上になっても、もっともっと大きく

なっても、子どもたちは同じルールで数を表し、計算だってすることが

できますよね。

でも、もしもさらにもっと大枠の「○進数のスキーマ」を身につけることが

できれば、10のまとまりだけにこだわらずに、60のまとまりでも、数を表し

たり計算することができます。

「まとまりは”10”であろうと”60”であろうと、ルールは同じ」というわけです。

こうなれば、60進数の時間の計算だって、同じように考えて解けるように

なりますよね。

また、2のまとまりで考えれば、コンピューターなどでも使われている、

オンとオフの2進数の計算もできます。

つまり、「○進数のスキーマの獲得」ができれば、学校でいつもやっている

筆算も、時間の計算も、また、ミリやキロへの単位の変換だって、全て

同じルールで考えることができるようになるというわけです。

これって便利ではないですか?

残念ながら、学校では「スキーマの獲得」という観点では教えてもらえ

ないので、気が利いた子どもだけが偶然にもスキーマを獲得している

という状況なのだと思います。

 

さて、ここで東大工学部生のお話をしてみたいと思います。

私は教室運営のほかにも、NPO法人センス・オブ・ワンダー

代表として科学教育についての研究や、科学リテラシー普及の

ためのに、サイエンスカフェやワークショップの企画をしています。

その関係で、東京大学工学部のゼミと一緒に活動をすることも

多く、その合間をぬって?学びが上手なはずの東大工学部生たち

をつかまえては、

「それはどうやって学んだの?」

「お父さん、お母さんはどのように関わったの?」

「学校では?」

なんてインタビューをしてみます。

色々と聞かれることにも、みんな、もう慣れちゃったみたい

ですけどね。

詳しくは別の記事でご紹介するとして、一つ彼らに共通して言えることは

彼らはスキーマの獲得の達人であるということです。

例えば、高校での化学の勉強にしても

「分子間の結合力を知ることで、化学反応について丸暗記しなくても

済んだ」

とか

「世界史を学ぶ時に、そのことが起こった地理的な要因と合わせて

知ることで、世界史も地理も丸暗記にならなかった」

と話してくれます。

そして多くの工学部生は

「自分は丸暗記は苦手」

だと言います。

 

どうでしょう?

学びの目標を「スキーマの獲得」にすると、丸暗記の量は減って

応用力が上がることは、なんとなく伝わったでしょうか?

 

例えば問題集を選ぶ時にも、子どもに問題を解かせる時にも

「今は何のスキーマを身につけようとしているのか?」を意識

するだけで、問題集の選び方も声のかけ方も変わってきます。

教室の中学生には、「今は何のスキーマを身につけようとして

いるのか?」を自分自身で意識できるように声をかけています。

 

認知心理学に興味を持った方は是非色々と調べてみて下さいね。

(注1)は岡林春雄先生「認知心理学入門」を参考にさせて

頂きました。

認知心理学入門―その基礎理論と応用 Book 認知心理学入門―その基礎理論と応用

著者:岡林 春雄
販売元:金子書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

 

また、認知心理学の考え方を、教育を研究する立場から分かりやすく

ご紹介して下さっている三宅なほみ先生の記事も大変参考になります。

(注2)もこちらの記事を参考にさせて頂きました。

大学発教育支援コンソーシアム推進機構(CoREF)>学習科学

http://coref.u-tokyo.ac.jp/archives/5674

 

最後におまけです。

この数週間はセンス・オブ・ワンダーで、東大工学部のゼミ生と一緒に

LEDを使うワークショップの研究開発をしています。

こんな感じです↓

 

< 3色を混ぜる実験方法の研究 > 

下から照らしてもあまり混ざりません・・・

110204350

「ちょっと、みんな上から照らして~!」

ってことで、上から光を集めてみます。

(手がいっぱい!)

110204350_3

 

う~ん、もう一息です。

この講座は「英語の科学工作講座」としてセンス・オブ・ワンダー

全て英語で行う予定です!

 

 

こちらのブログは小学館の子育て情報サイト

ウェブeduでご紹介頂いております。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『小学校算数 公倍数、公約数の前に素数を学ぼう!』

教室ではおなじみ「エラストテネスのふるい」

 

2011年2月2日(水) 

3年生、4年生の教室では、素数を学んでいます。

公立の小学校では素数は学ばないのですが、素数を知らないと

5年生で出てくる公倍数やら公約数やら、分数の通分の問題を

素早く正確に解くのが難しくなってしまいます。

教室でも利用している陰山先生のドリルでも、素数はとりあげ

られているので、それも利用しながら素数を学びます。

 

陰山メソッド 新版 徹底反復 読み書き計算プリント 5年 (教育技術MOOK 陰山メソッド) Book 陰山メソッド 新版 徹底反復 読み書き計算プリント 5年 (教育技術MOOK 陰山メソッド)

著者:陰山 英男
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

素数は、1とその数自身以外には約数がない自然数(1をのぞく)

ですが、3年生、4年生には、なんだかぴんとこないようです。

教室では、素数を学ぶ時には「エラストテネスのふるい」という

方法を使って素数を自分自身で発見してもらうようにしています。

教室ではおなじみの「エラストテネスのふるい」

この授業をすると、子どもたち、大きくなったな~なんてしみじみ

してしまいます。

 

ホルベインの150色の色鉛筆から、子どもたちは好きな色を

選び、まずは2をのぞいた2の倍数に色をぬっていきます。

 

< 2の倍数に色をぬる様子 >

110202350

 

次に3の倍数をぬっていると・・・

「あれ~? ”6”のところはもうぬってあるよ!」

とあやちゃん。

「そうだね、2回に1回は重なるところがあるんだよね。」

この作業は、公倍数という概念を身につけるにもとてもよいのです。

「3の倍数は斜めに模様になるね。」

とあゆみちゃん。

続けて、4の倍数、5の倍数を進めていくと、5の倍数は、まっすぐ縦に

並びました。

 

< 縦に並んだ5の倍数(水色) >

11020250

 

 

ここで時間となり、続きはまた来週です。

子どもたちは少しずつ規則を発見しているようです。

どんな表ができあがるかな。

 

 

こちらのブログは小学館の子育て情報サイト

ウェブeduでご紹介頂いております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『小学生、中学生科学 元素のキャラクターがかわいいイギリスの絵本』

子どもたちが夢中になって読む元素の絵本

 

2011年2月1日(火) 

今日の5年生の算数教室でのできごと。

教室では先取り教育をしているため、そろそろ中学生の数学に

入っていきます。

そのことは、また次回ご紹介するとして、今日は教室終了後に

子どもたちと盛り上がった科学絵本のご紹介です。

 

私は現在、東京大学工学部のゼミと一緒に科学教育を研究して

います。

このゼミは、なぜだかバイリンガルが多いのですが、彼らが

いうには、小さいころ、カナダやアメリカ、イギリスで興味深い

科学の本に出会ったのだそうです。

実際、私もサンフランシスコの科学館へ行った時にギフトショップ

をのぞいてみたのですが、なるほど、日本にはないようなカラフルで

かわいくて、でもしっかり科学の概念を伝えている絵本たちが

たくさんあるではないですか!

『Explortorium』で見つけた科学絵本はこちら。

The Super Science Book Book The Super Science Book

著者:Kate Petty,Jennie Maizels
販売元:Bodley Head Children's Books
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

この本は英語版なのですが、今回は日本語に訳されている素敵な

科学絵本を見つけたのでご紹介します。

仕事で訪れた山梨県立科学館のギフトショップでみつけたのは、

『科学キャラクター図鑑』のシリーズでした。

イギリスの本ですが、研究者と、才能あるイラストレーターが組むと、

こんなにすごい本ができるのね!という驚きの絵本です。

 

科学キャラクター図鑑 周期表―ゆかいな元素たち Book 科学キャラクター図鑑 周期表―ゆかいな元素たち

著者:サイモン・バシャー
販売元:玉川大学出版部
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

この本をめざとく見つけたのは、5年生のはやとくん。

読み出したらとまらなかったようで、夢中になって読んでいました。

この本では、元素の性質を、元素キャラクターの個性として表現

しています。

例えば水素の場合、自己紹介の出だしはこうです。

「ちびだからといって、ばかにするなよ。一発くらわす力が、

この小さな体にみなぎっているんだ。・・・」

また、

「元素の中でいちばん簡単な作りだし、軽いけど・・・」

という科学的な性質にふれたかと思うと 

「飛行船につまっていたことがあったけど、何回か爆発を起こした

のでおはらい箱になっちゃった。」

なんて告白もあったりして、とにかく楽しい!

 

子どもたちと一緒にあれこれみながら、例えば白金のページでは

『Newton別冊 周期表』まで広げて、リアルなものと比べながら

わいわいと見ていました。

 

< 『Newton 周期表』と絵本をみながら >

11012150

 

もう一冊の本『物理学』も大人気。

物理学 ―ぶつぶつ物質!― (科学キャラクター図鑑) Book 物理学 ―ぶつぶつ物質!― (科学キャラクター図鑑)

著者:ダン・グリーン
販売元:玉川大学出版部
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

「マイクロ波ってそういうことなんだ~!」

と子どもたちも納得した様子。

『The Super Science Book』の電気と磁石のページも一緒に

広げて、本二冊を比べながら楽しそうです。

 

< 二冊の絵本を並べて >

11020150s

 

これらの本は、絵本ではありますが、中学や高校の理科の

基礎知識として十分に活用できそうです。

特に科学キャラクター図鑑『周期表』は、元素や化学式を学んで

覚えて行く上でとても参考になりそうですよ。

 

こんなにかわいくて役に立つ科学絵本が手元にあったら

素敵でしょ!

 

こちらのブログは小学館の子育て情報サイト

ウェブeduでご紹介頂いております。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »