« 『小学生 ゲームより夢中になれるものってたくさんあるんです!』 | トップページ | 『小学生算数 光の窓を工作しながら面積を学ぶ その1』 »

『小学生中学生英語 科学工作を通して覚える生きた英語』

東京大学工学部生(バイリンガル)と一緒に英語を話そう♪

 

2010年11月22日(月) 

二人の息子たち(こうき中1 あきら小5)は、これまでに三度の

ホームステイを体験しました。

といっても、我が家は普通のサラリーマン家庭。

三度とも、航空運賃が安くて、宿題のない春休みを選んで

親子でホームステイに行ってきました。

(最初の1度は私の仕事で連れて行き、シュタイナー小学校

留学させました)

しかも自分で手配すればかなり安くホームステイに行くことが

できます。

手配の方法などはこちらです↓

『サンフランシスコ親子ホームステイ どうやって何を準備する?』

http://homeeducation.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-8815.html

 

ホームステイで得られることは本当に多いんです!

起きてから寝るまで、違う文化を持った人たちと生活をするので

その違いを肌で感じることができます。

日本の文化を外から見ることができるようになります。

朝から晩までホストファミリーから話しかけられるので、「英語を聴き取りたい!」

「英語で話したい!」という気持ちもわいてきますよね。

公立中学へ通う長男(こうき)は、日本の英語教育で文法を細かく習う前に

「聴く」「話す」ということから英語を始めたので、話すことにためらいが

ありません。

「通じなかったらどうしよう?」

なんて躊躇することはナンセンスだと感じているようです。

中学生になって学校で文法を習い始めた今も、習った英語を

使いたがります。

英語の学習では、もちろん文法を学ぶことも重要なのですが

もっと「使える!」という実感があれば、学ぶモチベーションも上がる

はずですよね。

その体験はホームステイをしたり、留学をしないと難しいわけですが、

あまり手軽とは言えません。

そこで、日本にいながらにしてそういう体験ができる講座を、

なんと、作ってしまいました!

 

現在仕事で、東京大学工学部のゼミと一緒に科学コミュニケーション

研究しています。

学部3年生から博士課程までの学生が参加するゼミですが、偶然なのか

このゼミはバイリンガルが多いのです。

ここに留学生が加わるといつのまにか英語モードに切り替わります。

残念なことに、日本の子どもたち(大人もですが)は覚えた英語を

使う機会がないですよね。

せっかく周りにバイリンガルと留学生がたくさんいて、さらに彼らは

科学の本質を伝えることができる知識を持っているのですから

「どこにもない講座ができるはず!」と考えて「英語を使う科学工作

教室」を開催することにしました。

もちろん周りの協力者に支えられてのこの企画です。

 

----講座のご案内----

 

内容は、英語で行う科学工作講座で、講師は東京大学工学部の学生

3名(バイリンガルでアメリカ、カナダ、イギリス居住5年以上)に

なります。

「Help me please!」とか「Pass me the glue!」というような3~5単語の

簡単なフレーズを講師に対して使ってみたり、聞きとったりしながら

簡単な工作をします。

工作の内容は全米ビッグ3の科学館『Explortorium』の企画の

ものを行いますが、科学用語はほとんどなく、工作の内容は

小学校低学年でもできる程度で、英語を使ってみることに重点を

置きます。

相手はバイリンガルなので、多少日本語がまざっても、発音が

悪くてもちゃんと聞きとってくれます。

スタッフも通訳としてフォローしますが、保護者の皆様がフォローして

頂く程度で十分だと思います。

 

『英語で聞いたり話したり! 科学工作講座①』

【日時】 平成22年12月12日(日)18時30分~20時

     (受付:18時~18時20分)

【場所】 埼玉県戸田市 東部福祉センター 3階工芸室

     埼玉県戸田市下前1丁目2番地20号 048-443-1021

【主催】 NPO法人センス・オブ・ワンダー

【参加費】

     参加者1名につき 3,000円(保護者の見学は無料です)

【キャンセル料】

     12月4日まで・・・無料
     12月5日から12月8日まで・・・1名につき1,000円
     12月9日から12月11日まで・・・1名につき1,500円
     12月12日(当日)・・・3,000円

【参加対象】

    中学生(英語を習ったことがあれば保護者同伴で小学4年生以上も可)

    家でも効果を持続させるため、中学生も保護者の見学をお勧めします

【内容】

   ・本日使う英語の説明

   ・英語を聞き、使いながらの科学工作

   ・科学理論の説明(英語のあと日本語で解説)

   ・まとめ

【お申込み】

   メールにて npo.sense.of.wonder@gmail.com まで以下の内容を

   お送り下さい。

   件名:科学工作講座に申し込みます

   ①参加者のお名前とふりがな、②参加者の学校名と学年、組、

   ③参加者の保護者名とふりがな、④保護者の緊急連絡先電話番号

【申し込み期間】

   11月17日(水)正午~11月30日(火)19時の間で先着順となります。

【定員】12名   *定員に達したため受付を終了させて頂きました

 

NPOのブログでもご紹介しております。

『サイエンスカフェ日記』

http://sense-of-wonder-2008.cocolog-nifty.com/blog/

 

 

こちらのブログは小学館の子育て情報サイト

ウェブeduでご紹介頂いております。

 

 

|

« 『小学生 ゲームより夢中になれるものってたくさんあるんです!』 | トップページ | 『小学生算数 光の窓を工作しながら面積を学ぶ その1』 »

コメント

はじめまして。
これまで人様のHPやブログを読むことはほとんどなかったのですが、大変興味深く拝見させていただきました。

家庭教育の重要性を感じつつも、フルタイムで働きながら、いかに3人の子供たちと充実した濃い時間を作るか日々試行錯誤していましたので、yasukoさんの色々な取り組みに感心し、また共感し、真似したいところなど嬉しい発見もしました。

我が家も来年当たり、3匹つれてオーストラリアに超短期留学に行きたいと思っています。
ところで、シュタイナーって熱心な信望者がいますが、やっぱり良いのでしょうか。。。
とても親切な自分手配ハウツーがあって、助かりますね♪

これからも参考になる情報を楽しみにしています。

投稿: うむこ | 2010年12月 7日 (火) 23時20分

☆うむこさん☆
はじめまして!
フルタイムのママは大変ですよね。
私も4年ほど前までは、フルタイムで家事に育児に大変な毎日でした。でも、子どもへの影響は、時間の長さではないと思いますよ! ぜひ濃い時間を過ごして下さいね。

私は、シュタイナーに限らず、モンテッソーリも、ちょっと違いますが七田式でもなんでも一長一短だと思ってます。親がいいとこ取りをして、うまく利用できるなら、なんでも子どものためになると思います。シュタイナーについて私が知っている限りでは、概念教育については、日本の教育にはない素晴らしいものがあると思います。教科に区切られている日本の教育と違い、最近欧米でも取り入れられている「課題からブレークダウンする」形を早くから取り入れている教育で、日本とはあまりに違うので観ると驚きますし、感動します。
ただ、先日お仕事でお会いした土佐幸子さん(ライト州立大学助教授 物理学博士 教育学博士)がいうには、学ぶには概念とテクニックの両方の教育が必要だということです。
概念教育が日本よりも重要視されているアメリカの大学生をみていると、難題にぶつかった時にもなんとかして答えを導き出そうとするし、導き出せるのだけど、速く答えを出すことは苦手な人が多いのだそうです。概念もテクニックも、生きて行く上では、どちらも必要なことですよね。

土佐幸子さんにつきましては、稚拙ながら科学技術振興機構の『かがくナビ』というサイトでコラムを書かせて頂きました。よかったら『かがくナビ』にも遊びに来て下さいね。

『かがくナビ』>『ナビコラム』>『第3回日本の科学者インタビュー』
http://www.kagakunavi.jp/column/show/3587

投稿: yasuko | 2010年12月 8日 (水) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/37786772

この記事へのトラックバック一覧です: 『小学生中学生英語 科学工作を通して覚える生きた英語』:

« 『小学生 ゲームより夢中になれるものってたくさんあるんです!』 | トップページ | 『小学生算数 光の窓を工作しながら面積を学ぶ その1』 »