« 『分子まで楽しく魅せるアメリカの科学館』 | トップページ | 『公立中学を選択したその後 -中学受験をしないという選択-』 »

『親子ホームステイ レンタカーでサンフランシスコ探検』

「のったりおりたり!?フリーウェイ」

2010年4月21日(水) 

 

3月26日から4月4日まで親子でサンフランシスコホームステイをして

きました。

ホームステイの様子については、カテゴリー『サンフランシスコ親子

ホームステイ』にまとめていますので、是非ご覧下さい。

 

サンフランシスコでは昨年と同様にレンタカーを移動手段として

使いました。

週末など、ホストファミリーがお休みの日なら送迎も頼めるのですが、

それもなんとなく気を遣うし、ホストファミリーのサリーは仕事をして

いるので、平日は私たちだけで移動しなくてはいけません。

しかも、私の母と息子二人を連れてとなると、レンタカーが断然便利です。

ちょっと、そこのスーパー(といっても車で10分ぐらい)へお菓子を

買いにいくにも、気が向いて出かけたくなっても、レンタカーなら

好きな時に自分たちで出かけやすいですよね。

サンフランシスコでは、「ちょっとそこまで!」「車ですぐ」という意味

のようで、住宅地にはひたすら住宅しかなく、スーパーなどにはとても歩いて

出かけるような環境にはありませんでした。

 

< 家の前の急な坂道 >

50_5

 

私たちは週末はサリーに送迎をしてもらったので、到着して4日目の

30日火曜日に、レンタカーを借りることになりました。

レンタカー屋さんについてはサリーが色々と調べてくれましたが、直前

予約の場合はどこも似たり寄ったりの金額で、エコノミータイプの車で

1日50ドルぐらい、それにフルカバーの保険をつけることになります。

街の割と真ん中にあるエンタープライズというレンタカー屋さんで車を借り

お店の人が勧めるのでGPS(いわゆるカーナビ)を付けたのですが

これが全く使い物にならなかったのでした・・・

(後でサリーに「なんでGPSなんて借りたの~! 役に立たないわよ」

って言われました いつも文句を言っている日本のカーナビが

抜群に性能がいいことがわかりました・・・)

もう一つ、大きな違いは日本のように

「どの車がいいですか?」

なんて聞かれることはなく、条件に合った車が自動的に割り当て

られます。

で、私たちの車はというと・・・

 

< 真っ赤なレンタカー >

*画像はクリックで拡大できます

50

  

 

さて、運転ですが、もちろん右側通行左ハンドル

ウインカーが左についていて、日本車とは場所が逆になります。

標識は難しくはないですが、街の中でも信号がない交差点もあり、

その場合は交差点に先に入った車順に交差点に進入する

権利があります。

ボヤボヤしてると「先に行きなさい!」って手で合図されます。

もう一つ日本と大きく違うのは、信号がある交差点でも、

右折(日本でいうと左折のような状況)は、信号が赤でも

注意しながら右折してよいことになっていることです。

 

今回の旅では、こうき(中1)とあきら(小5)が交代で地図を

見ながらナビをしてくれました。

が、こうきはそれなりに英語で書かれた通り名前も読めて

いいのですが、あきらときたら、

「ねぇ、あきら、次はなんて名前の通りを曲がったらいいの?

早めにいってね、急に曲がれないから」

といっても

「えっと・・・ ビーがついて、エルがついて・・・」

「・・・・あきら、それじゃあはわかんないよぉ!」

て感じでもう大変だったのです。

しかも私が仕方なく車を停めて地図で確認してみたら

「ねぇ、あきら、ビーってどこにも出てこないんだけど!?」

ってな調子ですから。

道にも迷うはずですよね。

 

そして簡単なようで難しいのがフリーウェイ

その名の通り無料の高速道路なので、料金所があるわけでもなく、

入口と出口がわかりにくいのです。

それに加えて慣れない右側通行なもんで、

「えっと、あそこに見えるフリーウェイであっちの方向に行くには・・・

結局どこから乗ればいいんだっけ?」

という場面なんてしょっちゅう。

やっと乗れたフリーウェイも、気づけば右側2車線そのまま

出口だったりして

「あれ~ なんでせっかく乗ったのに~!」

と言いながら意図せず降りることもしばしば。

バークレー(サンフランシスコからつり橋を渡って北へ行った

ところの町)へ行くフリーウェイなんて、片道15車線!

 

< オークランド方面(バークレーもこっち!)へ続くベイブリッジ >

50_4

 

どこの車線にいればいいのか、事前に調べておかないと

「ああ、左へ分岐だ~!」

となった時には、15車線横断するという恐ろしい事態にも

なりかねません。

とにかく毎日が珍道中でした。

 

< バークレーからの帰り道の料金所(橋の通行料) >

*こうきが撮影

50_2

 

 

でも、車で旅するサンフランシスコは、私たちをそこの住人の

ような気分にさせ、好きなところで車を停めては風景を

眺めたり、お店で買い物をしたり、そんな自由な時間が持てました。

 

< スーパーで買い物をする母 >

Hiroko50

 

久しぶりに海外旅行をした母も、パステルカラーの色調の

住宅地に驚いたり、庭に植えられた見たこともないような

花を見つけたり、旅を楽しんでくれたようです。

 

車で出かけた、バークレーの町UCバークレー(カリフォルニア

大学バークレー校)、ゴールデンゲートパークの中にある

アカデミー・オブ・サイエンシズ(自然史博物館)などもまた

ご紹介したいと思ってます。

 

海外での運転は、もちろん事故などには気をつけなくては

いけませんが、自由度が高く快適です。

日本で国際運転免許証(発行に2週間ほどかかります)を

取得していくとよいと思います。

 

こちらのブログは小学館の子育て情報サイト

ウェブeduでご紹介頂いております

 

|

« 『分子まで楽しく魅せるアメリカの科学館』 | トップページ | 『公立中学を選択したその後 -中学受験をしないという選択-』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/34329886

この記事へのトラックバック一覧です: 『親子ホームステイ レンタカーでサンフランシスコ探検』:

« 『分子まで楽しく魅せるアメリカの科学館』 | トップページ | 『公立中学を選択したその後 -中学受験をしないという選択-』 »