« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

『小学生算数 密度と図形の美しい実験』

キッチンでできる密度の実験

2009年4月29日(水)晴れ 

 

今日は少しサンフランシスコでのホームステイの話から離れて、算数と

科学の家庭教育のお話をしてみたいと思います。

 

皆さんは、図形と聞くと何を思い出しますか?

円周率とか、内角の和とか、面積、体積を求める公式とか

でしょうか。

でも図形と周りの現象がつながった時、

「形には意味があるんだな~」

という驚きや感動に出会います。

 

私の家では周りの子どもたちと一緒に算数科学を学んでいます。

算数と科学と言ってもそんなに大げさなことをやっているわけでは

ありません。

でも、もともと算数と科学とはつながっているのですから

いつの間にか一緒に学ぶことになるのですよね。

 

昨日は密度の実験をしてみました。

まずは計算で密度を出すよりも、子どもたちに密度というものを

体感してもらいたかったのです。

参考にしたのは、土佐幸子さん(マサチューセッツ州立大学ローエル校

教育学大学院博士課程に在籍し物理学では先生でもあります)が

『かがくナビ』で紹介されている密度の実験でした。

 

『かがくナビ』>『ナビコラム』>『密度なんてへっちゃらさ』

http://www.kagakunavi.jp/column/show/2341

 

キュリー夫人が子どもたちのために開催していた理科教室でも

やはり密度の実験があるのですが、その実験には物理の法則の

発見と同時に美しさや驚きが感じられるのです。

土佐さんが紹介されている実験もまさにそのような実験でした。

 

私が使ったのはオリーブオイル、水、メープルシロップです。

その三つを順番に混ぜてみました。

 

まず、オリーブオイルガラスの瓶に入れてみます。

そして次はです。

子どもたちに

「水を1滴入れてみるとどうなると思う?」

と尋ねると

「水の方が重いと思うから水は沈んでいくと思う」

と答えます。

 

< 慎重に混ぜていく子どもたち >

*画像はクリックで拡大できます

09072830

 

  

 

 

子どもたちの予想通りに水は沈んで行ったのですが

ゆっくりと沈むその形はきれいななのです。

思わず

「うわ~きれい!」

と歓声があがります。

「どうして球になるのだと思う?」

と聞くと、さすがは6年生

「多分、どこからも同じ力で押されているんだと思う。」

という回答。

球という形は力がつり合った結果の形なのですよね。

そしてとても美しいです。

底に届いた水の球体は少しつぶれた形で静かにじっとしています。

 

< 底に届いた水の球 >

09072830_2

 

 

 

 

子どもたちは息を殺してじっと観察しながら

「上の油がちょっと重いんだね。」

と話します。

その後はメープルシロップを入れてみよう!ということに

なり、少しずつ入れてみました。

メープルシロップはオリーブオイルをゆっくりと通り抜け、水を

押しのけて一番底に自分の位置を見つけました。

でもオリーブオイルを通り抜ける時にはオリーブオイルまで下に

道連れにすることもあって、場違いな!?所へ連れて来られた

オリーブオイルが慌てて上へ上がっていく様子もまた面白い

のです。

 

< 上へ戻ろうとするオリーブオイル >

09072830_3

 

 

 

 

驚きの連続で興奮気味の子どもたちでしたが、その中でも

「まざるということの意味」「球の意味」などを子ども同士で

話し合っていました。

 

来週もまた密度の実験の続きをする予定です。

教科書や問題集で見るのとはまた違う、身近で美しい密度の実験を

是非ご家庭で皆さんもやってみて下さいね。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『親子でホームステイ いざサンフランシスコへ出発!』

時差ボケと睡眠不足

2009年4月26日(日)晴れ 

 

春休みに自分たちで手配して出かけたサンフランシスコホームステイ

以前からホームステイをしたがっていたお友達家族(めいちゃん、りおちゃん

ママ)と一緒に行ってきました♪

自分たちで少し手続きを頑張ればずいぶん安く上がるし、何よりも

親子ホームステイで得るものは大きいのです!

将来、留学仕事で関わる国として上位にランキングされるアメリカで、

治安も良く、フライト時間も短い(ということは安い!)サンフランシスコ

選んでホームステイをするというのはとてもお勧です。

このブログでは母親の視点で、楽しかったこと大変だったことを皆さんに

ご紹介したいと思います。

 

私たちが利用することになったフライトはノースウエストエアラインでした。

格安航空券のため航空会社は指定できませんでしたが、何の不自由も

なく楽しい空の旅となりました。

3月29日、成田発の私たちのフライトは16時10分発。

でも1時間遅れの17時10分の出発となりました。

シートは2、4、2で一列6人。

離陸してすぐに子どもたちは

「お腹が空いた~」

だの

「ジュースがほしい!」

だの言い始めたわけですが、

「すぐに飲み物のサービスがあります」

と英語でアナウンスがあってから出てくるまで2時間ぐらい

かかりました・・・

アナウンスを当てにしてはいけません!

ところで、サンフランシスコまで9時間半のフライトなので(帰りは11時間)

時差ボケしないためにはとにかくさっさと寝るのがいいわけですが

子どもたちはシートについているテレビゲームが楽しくて楽しくて。

ゲームをしたり映画を観たりしているうちに、結局睡眠時間が

5時間を切ってしまったのでした。

9時間半の間に、夕食、軽食(食べてないけど夜中にケーキでした!)、

フルーツ、朝食と、とにかくあれこれ食べ物が出てきます。

< 機内食 >

*写真はクリックで拡大できます

P105007830

 

 

 

子どもたちも寝ないといけないは、でも食べ物は出てくるは、映画は

観たいは、と大変なことになってました。

今なら結構笑えるのですが、翌日かなり時差ボケがひどかったので

全く笑えず・・・

次回行く時にはもう少し考えた方が良さそうです。

 

そしてフラフラのままサンフランシスコ国際空港へ到着したのが

現地時刻で朝の10時30分。

日本は夜中の2時半。

う~ん。

 

アメリカの入国審査はとても厳しくて、さらにこの日は8本の飛行機が

同時に着いたとかで、入国するのに1時間半もかかってしまました。

も~眠たいのに~!

 

やっとロビーに出ると、それぞれのホストファミリーがお迎えに来て

くれていました。

そして現地では日本語ができるガイドはつかないため、この時点から

全て英語の毎日が始まります!

慌ててお互いの携帯が現地で使えるかチェックするものの、なぜか

つながらず。

結局明日の予定はホストファミリーの家へ電話をして連絡をとるという

ことでこの日は分かれました。

 

現地到着までのワンポイントアドバイス♪ 

○機内の飲み物はあてにならないので!?準備しておく。

 少し食べ物もあったら良いです。

○機内で使う英会話を事前に子どもに練習させておく。

 機内で聞かれることは決まっているので、ジュースを選んだり

 チキンかビーフかを選んだりということを家でやっておく

 だけで子どもは自信がつくようですよ。

○機内ではなるべく早く寝た方がよさそう

 だって離陸してすぐに寝たって9時間半ですからね・・・

○降りたらすぐに英語の生活が始まるので心の準備を!

 

こんな感じで私たちのサンフランシスコ滞在が始まったのでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『サンフランシスコ親子ホームステイ どうやって何を準備する?』

親子でホームステイするとしたら

2009年4月13日(月)晴れ 

 

我が家は二度も体験した親子ホームステイ。

二年前の春休みには私の仕事でオーストラリアコフスハーバー

行って来ました。

この時には息子たち(当時こうき新4年生、あきら新2年生)は

現地のシュタイナー小学校へ通いました。

英語しか通じない中で学校の友達と遊び、共に学んだことで、彼らは

世界には自分たちとは髪の色も目の色も、言葉も文化も違う人たちが

たくさんいるということを感じたようです。

 

そしてこの春休みは、私と息子二人(新6年生、新4年生)で

サンフランシスコへ行ってきました。

 

< ホームステイ先から見たサンフランシスコ市街地 >

*画像はクリックで拡大できます

09043home30

 

 

 

 

私たちが二度のホームステイを経験してみて感じたことは、ホームステイ

で学ぶものは想像以上に大きいということでした。

確かに多少出費にはなりますが、家族で海外旅行へ行く予定があるのなら、

ホームステイというものも一つの選択肢に入れて損はないと思います。

 

私がホームステイで学べると感じたことを二つあげてみます。

  

1.異文化を直に体験できる

  異文化の中で生活している人たちと同じ屋根の下で暮らすので

  生活のリズム、食べ物、習慣、同じものを見た時の感じ方や

  考え方の違いをダイレクトに知ることができます。

  このような体験を通して、お互いの文化を尊重し、認め合うというのが

  実は真の国際教育ではないかのかなと思います。

 

2.同じものを見たり体験したりしながら英語を学べる

  ただ海外旅行へ行くだけなら、買い物をしたり、切符を買うような場面で

  しか英語は使わないかもしれません。

  そしてそれは形式的なやりとりで感情を伝えるようなことはないです

  よね。

  でもホームステイでは、お互いに同じ体験をしながら感想を言い

  合ったり、時にはそれぞれの国のルールの違いを話したり、

  笑ったり悔しがったりと自分を表現するための言葉を学ぶことになります。

 

ただ、この有意義なホームステイも準備にはいろいろとコツがいります。

英会話スクールや旅行業者に丸投げすれば簡単ですが、これはとんでも

なく高くつきます。

できることは自分でやった方が断然お得なのです!

 

今回私が手配した方法をご紹介してみます。

 

○航空券の手配

 アメリカ行きの航空券はIACEトラベルが良さそうでした。

 http://www.iace.co.jp/index.html

 

 もちろん、大手の旅行会社も含めて自分で価格を比べてみるのが

 一番です(燃油サーチャージも忘れずに)

 IACEトラベルは対応も迅速で丁寧だったので大変助かりました。

 それにアメリカ行きの航空券に関しては安く取り扱っている会社の一つだと

 思います。

 

○ホストファミリー手配会社探し

 これが一番大変でした。

 しかも会社によって値段がものすごく違うのです。

 値段が倍ぐらい変わるのに、内訳をきちんと書いていない会社も

 多いのでかなり注意が必要です。

 もちろん都内にオフィスを構え従業員がたくさんいる会社は手数料も

 高いのはもちろんのことです。

 でも実は現地(サンフランシスコ)でホストファミリーが手配できる会社

 というのは限られていて値段は変わらないそうですよ。

 ということは、値段の差は手数料の差ということでしょうかね。

 私たちが利用したのはワールドユースサービスという苫小牧にある会社でした。

 ワールドユースサービス

 http://homepage2.nifty.com/~wys/index.htm

 ホームステイの日程まで3週間を切っているという大変な状況の中、親身に

 相談にのって下さいました。

 そしてこの会社は手数料\30000というのも堂々と!?掲載しています。

 8泊9日の3人分でこの価格は考えられないと他の会社に言われたほどです!

 ホームステイの料金表も細かく掲載されています。

 http://homepage2.nifty.com/~wys/c-hsonly.htm

 親子ホームステイについては詳しく料金が載っていないので問い合わせて

 みて下さい。

 ちなみに我が家は親+子ども二人、8泊9日朝夕食事付、空港までのお迎え

 (到着時のみ)付のプランでだいたい22万ぐらいを支払いました。

 

○海外で使える携帯電話

 携帯電話探しも大変でした。

 ホストファミリーの家に滞在しているので家から国際電話はかけにくい

 ですよね。

 携帯があるととても便利なのですが、さて日本から持っていくべきか、

 それとも現地で調達すべきか、レンタルか、購入か、全ての選択に

 おいて悩みました。

 簡単なのは日本の携帯を海外で使えるようにして持っていくことなの

 ですが、これはとんでもなく通話料がかかります。

 現地同士で通話しても全てが国際電話になり、発信も着信も料金が

 かかります。(1分200円ぐらい?)

 次にレンタルですが、これもレンタル料が結構高くて、しかも現地での

 通話料がやはり1分200円ぐらいかかるようです。

 私が選んだのはアメリカ仕様(SIMカードがアメリカ専用)の携帯をモベル

 購入し更新手数料がかかる来年までに解約をするという方法。

 モベル

 http://www.mobell.co.jp/ 

 

 これだとアメリカ内での通話料が1分60円で国際電話も1分80円

 だから現地で頻繁に電話を利用する必要があった我が家は購入金額の

 約\7000を考えてもこちらがお得でした。

 ただしこの会社は対応は丁寧ではなく、なおかつHPでの説明がとても

 分かりにくいです。

 更新手数料が年間\4000かかるということがなかなか見つけづらいです。

 しかも間違って他国対応のものを買おうものなら結局は毎回国際電話に

 なるので気をつけなくてはいけません。

 よ~く説明を見て電話で問い合わせた方がよいようです。

 

○国際運転免許証申請

 現地ではレンタカーがとても便利でした。

 出かけるたびにホストファミリーに頼むのも頼みにくいですし

 何しろ子連れなもので・・・

 国際運転免許証は近くの警察署で申請して2週間で発行されます。

 

○レンタカーの手配

 これは現地で行いました。

 ホストファミリーが手配を手伝ってくれてレンタカー屋さんがお迎えに来て

 くれましたよ。

 私たちは二家族(6人)だったのでミニバンを借りました。

 新しくてゆったりした車で7泊8日で6万6千円ぐらいでした。

 

○海外旅行保険

 毎回損保ジャパンの保険に入っています。

 こちらは親子3人で\7000ぐらいだったような。

 

○スーツケースレンタル

 これもまた業者によって表示が違い、見かけの安さに飛びつくと

 結局高くつくこともあります。

 スーツケースはせめて旅行期間の二日前には届けてもらいたい

 ですよね。

 安い値段を掲げているところは旅行期間の前後の日数も

 有料となっている場合が多いです。

 我が家が頼んだのは2度ともダーリング新庄店というところ。

 ダーリング新庄店

 http://www.darling.co.jp/

 

 こちらのお店からは旅行期間の3日前までにはスーツケースが届きます。

 私たちの場合、今日はもうお店から発送というその日にベルトのレンタルを

 追加したりなんだり無理なお願いをしてしまったのですが、とても丁寧に対応

 して下さいました。

 そうそうアメリカへ行く場合には通常のスーツケースの鍵は開けて

 預けなくてはいけません。

 唯一鍵をかけたまま預けられるのがTSAロック付きのスーツケースです。

 (この鍵だけは当局が勝手に開けることが可能らしい)

 通常のスーツケースを利用する場合はTASロック付きのベルトを借りると

 良いです。

 

○ESTA(ビザ免除プログラム)申請

 代行会社などもあるようですが日本語表示できるのでWebサイトから

 自分で行うのがよいです。

 ESTA

https://esta.cbp.dhs.gov/esta/esta.html?_flowExecutionKey=_c267CCCC7-7CC3-D51F-5784-393B63BA1838_k51442026-3E0D-2808-ECE2-7F8C76A2E3E2

 

 

さあ、ここまでできればあとはホームステイに行くだけですね♪

このくらいまで自分手配をしてしまえばかなり安くホームステイすることが

できるはずです。

次回はホームステイのために準備する英語などを紹介してみたいと思います。

私たちは決して英語は得意ではないのできっと多くの方の参考になると

思います!

 

< ホストファミリー宅でココナツジュースを飲むあきら >

090410home30

 

 

 

 

< パステルカラーの家が並ぶ住宅地 >

P105041830

 

 

 

 

 

  

こちらのブログは小学館の子育て情報サイト

ウェブeduでご紹介頂いております。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

『親子でホームステイ サンフランシスコで異文化体験』

親子ホームステイはとてもお勧め!

2009年4月10日(金)晴れ 

 

皆様、お久しぶりです。

春休みを利用して、息子二人とサンフランシスコへホームステイへ

出かけてきました。

 

ホームステイに興味がある方もいらっしゃることと思います。

でもどのような準備をすれば分からずなかなか踏み切れないということも

あるようです。

どうやって手配してくれる会社を探して、どのように自分たちが準備すれば

ホームステイを成功させられるのか、このブログでご紹介できればと思って

います。

我が家は今回二度目の親子ホームステイでしたが、前回にも増して得る物の

多い体験となりました。

 

滞在中にはカリフォルニア大学バークレー校やサンフランシスコの

科学館にも行ってきましたよ。

 

< UCバークレーの図書館 >

*画像はクリックで拡大できます

090331uc30

 

 

 

  

帰国後すぐに新年度がスタートで公私ともどもバタバタしています。

ゆっくりご紹介したいと思っていますので待っていて下さいね。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »