« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

『小学生科学 だれもが時の積み重ねの上に』

人だけではない土や生き物たちの歴史

2009年2月16日(月) 

 

子どもたちと科学者が同じテーブルで一緒に話せる、そんな場所を

作れたらいいなと思いスタートしたサイエンスカフェも今回で3回目と

なります。

今回のゲストスピーカー信州大学農学部森林科学科准教授

大窪久美子先生です。 

大窪先生は今回のテーマ『サクラソウ』絶滅危惧種のシンボリックな

ものとして取り上げ、そのサクラソウを通して地域の歴史人類史だけ

でなく、生物の歴史、地質や土壌の歴史)を知ることが、自分自身を知る

ことにつながるのだとおっしゃっていました。

自分たちが歴史という積み重ねの上に存在しているということを認識

することで、未来につながっている自分自身のふるまいを考える

ことができるのですよね。

 

研究者、科学者と子どもたちが顔を合わせて話すことに一体

どんな意味があるのでしょう?

そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。

私自身、サイエンスカフェを開催するようになって、研究者、科学者の

方とお話をする機会が増えました。

お話するたびに感じることは、どの方も、科学を専門として勉強していない

私には気づけかった視点切り口をもっていらっしゃるということ。

一緒にそばで見ていると、今まで気にも留めなかったものの中に

たくさんの不思議を発見できるのです。

そしてちょっと科学的な目を持つだけで、美しいもはさらに何倍も

美しく感じることができるようになり、不思議に思ったことはもっと

深く知りたくなるのです。

子どもたちにもそんな体験をさせてあげたいなと思っています。

 

今回のサイエンスカフェは申し込みを締め切らせて頂きましたが、

当日の見学も大歓迎ですのでお近くの方は是非いらして下さい。

 

第3回ジュニアサイエンスカフェ in 戸田

テーマ:『桜色に染まる草原があった町』 ~サクラソウはどこへ消えた~

日 時:2009年2月21日(土)10:00~12:00

会 場:埼玉県戸田市立戸田東小学校理科室

定 員:60名(小学校4,5,6年生とその保護者、2人で1組)

参加料:無料

お問い合わせ:sense_of_wonder_2008@yahoo.co.jp

主 催:NPO法人センス・オブ・ワンダー

後 援:戸田市教育委員会

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

『小学生算数 雪の結晶』

バランスの良い形、安定した形 

2009年2月3日(火) 晴れ

 

お仕事でブログを書かせて頂いている科学技術振興機構(JST)

子供向けWebサイトでは、写真家高嶋清明さん『雪の結晶』の写真が

掲載されています。

撮影裏話によると、高嶋さんは

「すぐに溶けてしまうのでなかなか良い写真が撮れなくて・・・」

とおっしゃっていたそうですが、この写真、本当に美しいです。

高嶋さんには昨年お会いする機会がありましたが、

「自然が大好きでその感動を持ち帰りたいという気持ちから写真の

道を選んだ」

と語っていた高嶋さんは、まるで少年のようでした。

 

『かがくナビ』>『自然だより』>『雪の結晶』

http://www.kagakunavi.jp/nature/show/2390

 

また雪の特集が載った科学雑誌を無料でダウンロードすることが

できます。 

Science Window 2008年2月号

(科学技術振興機構)

090203sw

 

  

 

 

 

http://sciencewindow.jp/index/show/6.html

 

 

雪の結晶は、雪が降っている時に黒っぽい物の上に雪を受け止めると

見ることができます。

崩れてしまっていることも多いので、私は昨年の雪が降った日に、息子

たちと何度も雪を受け止めて、やっと観察することができました。

 

雪の結晶は六角形を基本としています。

雪を作る水の分子たちが手をつなぎ合う時にはこの形が安定なの

ですね。

 

昨年は算数の教室で雪の結晶を題材に角度を学びましたよ。 

『教室日記 小学生科学 雪の結晶』

http://homeeducation.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_aed7.html

 

そして六角形は蜂の巣(ハニカム)にも見られるように、隣同士隙間なく

くっつけることができるし、強さもある形です。

飛行機の扉などは軽くて丈夫にするたに、アルミのハニカム構造が

使われています。

 

< 飛行機に使われるハニカム構造 >

30

 

 

 

 

算数で習う形にもいろいろな意味があるのですよね。

そんな話を聞いていると図形ってもっともっと好きになるはずです♪

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »