« 『小学生社会 年の始めは”時”を学ぶチャンス』 | トップページ | 『小学生算数 雪の結晶』 »

『小学生工作 織物で感じる線と面』

羊毛から毛糸、そして織物へ 

2009年1月23日(土) 曇り時々雪

 

一昨年の春休みに息子たち二人を連れてオーストラリアの

田舎町、コフスハーバーにあるガジュリーナシュタイナースクール

へ短期留学してきました。

シュタイナー教育はドイツで始まったものですが、子どもたちに

「今あなたたちが生きている世界はとても美しいのですよ」

ということを体験させながら、それを学問へと結びつけていく

教育です。

植物、動物、鉱物、人間のつながりを、実際に周りにある美しい

本物を見ながら学んでいきます。

シュタイナースクールで使われている教具はどれもぬくもりが

感じられ、その中に深い意味を持っているのですが、その

一つで前からやってみたいな~と思っていた織り機を昨年秋に

購入しました。

実際に授業でどのように使われているのかは、残念ながら

見ることはできなかったのですが、シュタイナースクールの子ども

たちは、自分たちで織り上げた布を使ってペンケースやリコーダーケース

を作り、それらを大切に使っていましたよ。

 

さて、私たち三人はというと、織り機を目の前にドキドキわくわくです。

羊毛から紡がれ、草花で染められた毛糸を使います。 

一本の毛糸が少しずつ布へと織りあがっていきます。

線から面へ・・・

 

< 織りあがった毛糸 こうき作(5年生) >

*画像はクリックで拡大できます

090124

 

 

 

 

 

 

< 織り上がった毛糸 あきら作(3年生) >

090124_2

 

 

 

 

 

 

トルコ人初の宇宙飛行士候補であり、物理学者であるアニリール・

セルカンさんは、その著書『宇宙エレベーター』の中で、次元は上に

行くほどそこで使えるエネルギーの分母が増えるのだと言っています。

宇宙エレベーター Book 宇宙エレベーター

著者:アニリール・セルカン
販売元:大和書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

 

1次元より2次元。

2次元より3次元。

 

難しいことはさておき、毛糸のままより布になった方が使い道が

多いことは間違いないですよね。 

人間は自然と共に生き、それを利用しながらエネルギーを受け取って

きたのでしょうね。

 

温かい風合いに織り上がった布を使って、さあ何を作ろう?

息子たちと相談中です。

 

 

今回購入した織り機は、『えみりーの庭』さんへ注文しました。

『えみりーの庭』 機織り機

http://www.emily-garden.net/material/668.html

|

« 『小学生社会 年の始めは”時”を学ぶチャンス』 | トップページ | 『小学生算数 雪の結晶』 »

コメント

こうき君 あきら君 上手に
織りあがりましたねっhappy01

うちも りなと白の毛糸で織りあがるとこまで
できました^^
さて なに作ろうって
うちも相談中ですw
手作りっていいですよね☆

それで店のブログにサイエンスカフェの
お知らせ載せてみました。

チェックお願いしますshine
今回は4年生も対象になったんですね^^

投稿: りなママ☆ | 2009年1月30日 (金) 11時04分

★りなまま★
いつもありがとうございます。
こうきもあきらもすっかりはまって織っていましたよ!
サイエンスカフェのお知らせもありがとうござます♪
これから見にいきま~す。

投稿: yasuko | 2009年2月 3日 (火) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/27422937

この記事へのトラックバック一覧です: 『小学生工作 織物で感じる線と面』:

« 『小学生社会 年の始めは”時”を学ぶチャンス』 | トップページ | 『小学生算数 雪の結晶』 »