« 『小学生科学 科学は人間と自然の共同作品』 | トップページ | 『小学生社会 年の始めは”時”を学ぶチャンス』 »

『小学生科学 雪の町で大発見』

雪の中を歩いて見ると・・・ 

2009年1月8日(木)

 

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

 

私たちは年明け早々に、新潟県南魚沼市に行ってきました!

私の仕事で出かけたのですが、冬休みだったので子どもたちも

一緒に行きました。

 

南魚沼市はこの季節は真っ白な世界。

雪を見慣れていない子どもたちはもう大はしゃぎです!

そしてこの真っ白な世界にも科学がいっぱい。

 

スノーシューを履いて雪山を探検してみます。

雪の重みでまる~くしなった木々。

雪って重いんですよね。

 

< 木のトンネル >

*クリックで拡大できます

09010430

 

 

 

 

ウサギやタヌキの足跡も発見!

 

< ウサギの足跡 >

08010530

 

 

 

 

でも同じ道をスノーシューを履かないで歩いてみると・・・

 

こうき(長男 5年生)は埋まってます!

 

< 埋まった!?こうき >

08010530_2

 

 

 

 

どうしてこんなことになってしまうのか?も科学ですよね。

雪が降る町に住む人たちが使う道具には工夫がいっぱいなのです。

 

歩いている時に見つけた可愛い形の氷。

これだって自然の法則に従ってできた芸術作品です。

 

< 溶けてまた固まった氷 >

090105130

 

 

 

 

もし住んでいる所に雪が降ったら、

もしスキーやボードをしに出かけたら、

 

ちょっと周りを見渡して見て下さいね。

雪の中にも科学がいっぱいです。

 

 

|

« 『小学生科学 科学は人間と自然の共同作品』 | トップページ | 『小学生社会 年の始めは”時”を学ぶチャンス』 »

コメント

新年おめでとうございます!今年も宜しくお願いします。
お写真をありがとうございます!寒そう!!でも、純白できれい!です。
こうきくん、埋まっちゃったんですね。。。スノーシューってよくできているんですね。
雪の結晶も、きれいで不思議です。なんだか、私も雪を見たくなって来ました。

投稿: ミサブレ | 2009年1月13日 (火) 08時00分

すっかりご無沙汰をしていました。
新潟って雪深いんですね。写真から冷え冷えとした空気と雪を踏みしめる音が聞こえてきそうです。
観察と科学の新しい一年が、また始まりましたね。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。(^o^)/

投稿: silky-wind | 2009年1月14日 (水) 09時15分

★ミサブレさん★
 
こちらこそ、今年もよろしくお願い致します。
この季節、雪国を訪れるのもなかなか良いものですよ。
スノーシューも楽しいです。
それに雪って面白いです。
でも住んでいる方たちは本当に大変そう!

投稿: yasuko | 2009年1月15日 (木) 23時53分

こちらこそ!
よろしくお願い致します。
 
雪国は子どもたちも滅多に経験できないのでとても喜んで
いました。
雪の上って歩くだけでも大変なんですよ!
それにかなり重いのです。
silkyさんも、この季節雪が降ったら是非色々と観察してみて
下さいね♪
 
いつもコメントありがとうございます。

投稿: ★silkyさん★ | 2009年1月16日 (金) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/26936869

この記事へのトラックバック一覧です: 『小学生科学 雪の町で大発見』:

« 『小学生科学 科学は人間と自然の共同作品』 | トップページ | 『小学生社会 年の始めは”時”を学ぶチャンス』 »