« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

『小学生工作 織物で感じる線と面』

羊毛から毛糸、そして織物へ 

2009年1月23日(土) 曇り時々雪

 

一昨年の春休みに息子たち二人を連れてオーストラリアの

田舎町、コフスハーバーにあるガジュリーナシュタイナースクール

へ短期留学してきました。

シュタイナー教育はドイツで始まったものですが、子どもたちに

「今あなたたちが生きている世界はとても美しいのですよ」

ということを体験させながら、それを学問へと結びつけていく

教育です。

植物、動物、鉱物、人間のつながりを、実際に周りにある美しい

本物を見ながら学んでいきます。

シュタイナースクールで使われている教具はどれもぬくもりが

感じられ、その中に深い意味を持っているのですが、その

一つで前からやってみたいな~と思っていた織り機を昨年秋に

購入しました。

実際に授業でどのように使われているのかは、残念ながら

見ることはできなかったのですが、シュタイナースクールの子ども

たちは、自分たちで織り上げた布を使ってペンケースやリコーダーケース

を作り、それらを大切に使っていましたよ。

 

さて、私たち三人はというと、織り機を目の前にドキドキわくわくです。

羊毛から紡がれ、草花で染められた毛糸を使います。 

一本の毛糸が少しずつ布へと織りあがっていきます。

線から面へ・・・

 

< 織りあがった毛糸 こうき作(5年生) >

*画像はクリックで拡大できます

090124

 

 

 

 

 

 

< 織り上がった毛糸 あきら作(3年生) >

090124_2

 

 

 

 

 

 

トルコ人初の宇宙飛行士候補であり、物理学者であるアニリール・

セルカンさんは、その著書『宇宙エレベーター』の中で、次元は上に

行くほどそこで使えるエネルギーの分母が増えるのだと言っています。

宇宙エレベーター Book 宇宙エレベーター

著者:アニリール・セルカン
販売元:大和書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

 

1次元より2次元。

2次元より3次元。

 

難しいことはさておき、毛糸のままより布になった方が使い道が

多いことは間違いないですよね。 

人間は自然と共に生き、それを利用しながらエネルギーを受け取って

きたのでしょうね。

 

温かい風合いに織り上がった布を使って、さあ何を作ろう?

息子たちと相談中です。

 

 

今回購入した織り機は、『えみりーの庭』さんへ注文しました。

『えみりーの庭』 機織り機

http://www.emily-garden.net/material/668.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『小学生社会 年の始めは”時”を学ぶチャンス』

地球の歴史と人間の歴史と 

2009年1月15日(木) 晴れ

 

毎年、新年には子どもたちと確認することがあります。

それは「今年は何年?」ってこと。

うちに勉強に来ている子どもたちにも

「今年は何年?」

と聞いてみました。

3年生の4人は

「えっと、2009年だよ!」

と答えます。

「他の言い方もあるんじゃない?」

と言うと

「あ、そうだ! 平成21年だよね。」

とりゅうたくん。

「じゃあ、どうして二つの呼び方があるんだろう?

 どうやって決めたの?」

と聞くと、しばらく考えている4人。

そこで西暦と和暦の説明をします。

西暦が子どもたちの大好きなクリスマスと関係があるなんて、びっくり

していた子どもたちです。

そして、どちらも”0年”になるところまでさかのぼってみます。

それぞれの”0年”には何があったのか、そしてその前には何が

あったのか。

子どもたちには新鮮な話題のようでした。

 

どんどん歴史をさかのぼっていくのに「時の迷路」という本も使います。

この本では日本の各時代の様子を目で見ることができます。

昔の様子というのは、子どもたちにはなかなか想像ができないですよね。

 

< 本を覗き込む子どもたち >

*画像はクリックで拡大できます

090109

 

 

 

 

 

 

時の迷路―恐竜時代から江戸時代まで Book 時の迷路―恐竜時代から江戸時代まで

著者:香川 元太郎
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

まだこの世に生を受けて10年も経たない子どもたちと一緒に、日本の歴史、

そして地球の歴史をさかのぼっていきます。

 

新年は、自分たちが一体どういう時の流れにいるのか考えてみる

よいチャンスなのかもしれませんね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『小学生科学 雪の町で大発見』

雪の中を歩いて見ると・・・ 

2009年1月8日(木)

 

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

 

私たちは年明け早々に、新潟県南魚沼市に行ってきました!

私の仕事で出かけたのですが、冬休みだったので子どもたちも

一緒に行きました。

 

南魚沼市はこの季節は真っ白な世界。

雪を見慣れていない子どもたちはもう大はしゃぎです!

そしてこの真っ白な世界にも科学がいっぱい。

 

スノーシューを履いて雪山を探検してみます。

雪の重みでまる~くしなった木々。

雪って重いんですよね。

 

< 木のトンネル >

*クリックで拡大できます

09010430

 

 

 

 

ウサギやタヌキの足跡も発見!

 

< ウサギの足跡 >

08010530

 

 

 

 

でも同じ道をスノーシューを履かないで歩いてみると・・・

 

こうき(長男 5年生)は埋まってます!

 

< 埋まった!?こうき >

08010530_2

 

 

 

 

どうしてこんなことになってしまうのか?も科学ですよね。

雪が降る町に住む人たちが使う道具には工夫がいっぱいなのです。

 

歩いている時に見つけた可愛い形の氷。

これだって自然の法則に従ってできた芸術作品です。

 

< 溶けてまた固まった氷 >

090105130

 

 

 

 

もし住んでいる所に雪が降ったら、

もしスキーやボードをしに出かけたら、

 

ちょっと周りを見渡して見て下さいね。

雪の中にも科学がいっぱいです。

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »