« 『小学生科学 宇宙と深海』 | トップページ | 『小学生工作 自然の不思議に触れられる手仕事』 »

『小学生国語 たくさんの漢字を覚えるには』

漢字が苦手な子供のために

 

2008年11月7日(金) 雨

「うちの子って漢字がなかなか覚えられない!」

なんてそんな風に感じたことはありませんか?

うちの次男(あきら 3年生)は、漢字を覚えるのが苦手です。

長男(こうき 5年生)は、ほぼドリルなしで漢字を完璧に覚え

ることができるので、二人は対照的です。

 

漢字が苦手なあきらを観察してみると、どうやら彼は漢字を

大雑把に覚えているようで、一本線が足りなかったり点が

なかったり・・・

例えば、ボードゲームのルールなんかだと、お兄ちゃんより先に

覚えて理解して作戦を立てられるのに、どうして漢字には

生かせないのか・・・

ほとほと困っておりました。

でも、良い方法を見つけたんです。

 

ます一つは漢字の成り立ちから覚える方法。

『白川静先生に学ぶ 漢字は楽しい』を参考に、漢字の成り立ちの

物語を知ります。

漢字って、もともと覚えにくく作られているわけではありません。

ちゃんと成り立ちとルールが分かれば、もっと楽に覚えられるのです。

例えば「羊」という漢字。

中国では羊はとても大切にされていた動物でした。

大切な故にいけにえにもなったのですが・・・

「美」や「義」には「羊」が姿を変えて入っていますよね。

その物語については『白川先生に学ぶ 漢字は楽しい』を読んでみて

下さいね。

成り立ちの物語と共に漢字を覚えていけば、きっと漢字が嫌いな子供も

興味を持ってくれると思います。

 

白川静さんに学ぶ 漢字は楽しい Book 白川静さんに学ぶ 漢字は楽しい

著者:小山 鉄郎,白川 静,文字文化研究所
販売元:共同通信社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

ところが手強い我が家の次男。

物語には興味を持ってくれて漢字は嫌いではなくなったものの、やっぱり

点とか線とかが抜けてしまうのです・・・

そこで次の方法を試してみました。

 

その方法は・・・

とにかく同じ問題を練習するのです。

うちには、ちょうど学校からもらった71個の文(漢字約200個)

プリントがあったので、それを使ってとにかく毎日同じ問題を練習

しました。

同じ問題をひたすら。

最初は線が一本なかったり、点がなかったりと相変わらずでしたが

さすがに毎日繰り返して練習するので間違いはなくなります。

200問全部にまるがつくころには、本人もすっかり自信をつけてきました。

そして、その次に起こったことは・・・

覚えた200個を基にして、新しい熟語や漢字を覚え始めたのです。

「”旅行”って”旅館”の”旅”と”行く”だよね!」

というように。

 

もし漢字の繰り返し練習をするなら、文章の中に漢字が組み込まれて

いるものがよいのですが、学校で用意されていない場合は、学年毎の

漢字が網羅されている陰山先生の『読み書き計算プリント』が便利です。

 

徹底反復陰山メソッド学年別読み書き計算プリント 3年 (3) (教育技術MOOK) Book 徹底反復陰山メソッド学年別読み書き計算プリント 3年 (3) (教育技術MOOK)

著者:陰山 英男
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

 

あきらは今朝も、学校で今日あるという漢字テストの練習をして

出かけて行きました。

あんなに漢字が嫌いだったのに、自分から勉強するようになり、

10問テストでもほぼ満点がとれるようになりました。

 

知識を広げる基を作ること。

これは漢字に限らず何かを学ぶ時には大切なことですよね。

 

|

« 『小学生科学 宇宙と深海』 | トップページ | 『小学生工作 自然の不思議に触れられる手仕事』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/25092169

この記事へのトラックバック一覧です: 『小学生国語 たくさんの漢字を覚えるには』:

« 『小学生科学 宇宙と深海』 | トップページ | 『小学生工作 自然の不思議に触れられる手仕事』 »