« 『小学生算数 やわらか頭で考える算数』 | トップページ | 『小学生国語 たくさんの漢字を覚えるには』 »

『小学生科学 宇宙と深海』

ライバルは深海魚!?

2008年10月31日(金) くもり

先日、サイエンスカフェにお招きしたJAXA三輪田真さんを東京オフィス

にお訪ねして、サイエンスカフェのお礼とアンケートの結果をご報告をして

きました。

JAXAでロケットや衛星、宇宙ステーションの開発をされていた三輪田

さんのお話は、学生のころ科学にはあまり縁がなかった(というより

好きではなかった!?)私にとっては、考えてもみなかった視点の

ものばかりで、お伺いしていると、あっと言う間に時間が過ぎてしまい

ました。

 

中でも印象に残っているのが気圧のお話です。

気圧というのは、普通の人たちはあまり日常では気に留めませんよね。

でも、宇宙に行くとなるとそうも行きません。

大気圧については 科学技術振興機構のWebサイト『かがくナビ』の中で

 東大鈴木真二先生が 楽しくて分かりやすい実験をして下さっています!

『実験ナビ』 http://www.kagakunavi.jp/column/show/156 )

 

宇宙開発では、地上では当たり前にかかる”1気圧”をどう維持するかも

重要な課題です。

そして、話は次回のサイエンスカフェの話題に移り・・・

 

「次はJAMSTECから深海生物の研究者が来られるのですよね?」

と三輪田さん。

「そうです。」

とお答えすると、三輪田さんはこんなお話をされました。

 

< 深海を調査する しんかい6500 >

*画像はクリックで拡大できます

0810316500_3

 

 

 

 

 

 

「地上と、宇宙との気圧の差は”たかが”1気圧。

それでも人間にとっては大変なことです。

でも、深海に住む魚の中には600気圧の中を悠々と泳いでいる

ものもいる。

その姿はある意味ショックです。」

 

私は、深海魚の姿を見てショックだなんて思ったことはありません。

せいぜい

「変な形!」

ぐらいなもの・・・(失礼しました!)

人間が暮らしている環境を客観的に捉え、また最先端の科学人間の

技術力をご存知の研究者だからこそ出てくる言葉なのだと思います。

そして、それほど生命の適応力というのは凄いものなのですよね。

 

今の環境を当たり前とは捉えていない三輪田さんのお話の中には

「たくさんあると思われる大気だって、地球の直径から考えるととても

薄いもの。

水だって、人間の活動によっては減っていく(たまらなくなる)ことだって

あるのです。」

というお話もありました。

 

当たり前に思っていることを客観的に見直してみる。

色々なものを見て、たくさん学んで、子供たちにもそういう目を持って

もらいたいと感じたお話でした。

 

 

|

« 『小学生算数 やわらか頭で考える算数』 | トップページ | 『小学生国語 たくさんの漢字を覚えるには』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/24831691

この記事へのトラックバック一覧です: 『小学生科学 宇宙と深海』:

« 『小学生算数 やわらか頭で考える算数』 | トップページ | 『小学生国語 たくさんの漢字を覚えるには』 »