« 『小学生工作 アイデアって何?』 | トップページ | 『小学生国語 自分の言葉で伝えるプレゼンテーション』 »

『小学生科学 大学の博物館へ出かけよう②』

緑あふれるキャンパスの中の博物館(北海道大学編)

 

8月30日(土)

8月の最後の週末に北海道大学総合博物館を訪れる機会がありました。

幼少の頃、父の転勤で小樽の近くの町に住んでいたことがあるのですが

実は訪れるのはそれ以来!

ドキドキワクワクの北大見学となりました。

 

北大は「キャンパス自体を周囲の自然環境と調和させよう」という信念に

基づいて運営されているからなのか、緑が豊かで、変に自然を加工していない

とても心安らぐ雰囲気がありました。

また今まで行ったいくつかの大学の中でも、特にキャンパスを親子連れで歩く姿が

多かったのが印象的でした。

子供をつれたお母さんが

「大学ってね・・・」

なんて話しているのも聞こえてきましたよ。

 

< キャンパスを歩く親子 >

*画像はクリックで拡大できます

08083030_2

 

 

 

 

北海道大学には、札幌農学校開校(1876年)以来所蔵されている

学術標本が400万点もあります。

それらの一部が総合博物館に展示されているのですが、化石や鉱石、鳥類標本

などなど、圧倒される数の展示物からは、子供だけでなく大人も”本物が語る何か”

を感じることができそうです。

北海道大学総合博物館内に掲示してある案内文では、

「大学博物館の標本は研究のために収集されているため

 学術情報に満ち溢れている。

 展示のために存在するのではなく後の研究においても利用しやすく

 信頼される標本」

と説明してありました。

 

博物館は理学部の建物の中にあるのですが、一階から三階にわたる

かなり広いスペースが博物館として使われています。

一階では北大の歴史についての展示や企画展が行われています。

北大で研究をされていた中谷宇吉郎先生の研究に関する展示もありました。

中谷先生は雪の結晶の観察から

「雪は天から送られた手紙である」

という有名な言葉を残された先生です。

博物館では中谷先生の研究室を復元した部屋を見ることもできました。

案内して頂くには受付の方に研究室の鍵を開けて頂かなくては

いけないのですが、担当の方がとても親切に案内して下さって、研究室の

中で中谷先生の研究に思いを馳せながら、あれこれと博物館のお話を

聞くことができましたよ。

 

< 中谷宇吉郎先生の研究室 >

08083030

 

 

  

 

そして2階、3階では、学術テーマ別に展示がしてあります。

海の恵みの中に文明を築いたオホーツク文明に関する展示では

信仰に使われたクジラの頭蓋骨などもありました。

目の前に立ってみると、その大きさと、本物の骨を目の前にした緊張感とで

ドキドキします。

だってケースにも入ってないんですよ!

 

< オホーツク文明に関する展示室入口 >

08083030_2

 

 

 

  

入り口正面にはクジラの骨が・・・

08083030

 

 

 

 

博物館の廊下にも所せましと岩石や鉱石などが展示されていました。

上から見るときれいに六角形の形をした石英もありました。

大きさはなんと直径?50センチほどもありましたよ。

 

< 廊下に展示してある石英 >

08083030_3

 

 

 

 

子供たちに人気の展示の一つ、恐竜の骨もありました。

展示されている骨はもちろんレプリカですが、大学には本物が保管してあるんだ

そうです。

 

< 恐竜の骨などの展示 >

左 :日本のサウルス(日本竜)

中央:デスモスティス 

右 :マチカネワニ(恐竜ではありません)

08083030_4

 

 

 

 

その他、昆虫の標本、植物の標本の部屋があります。 

< 昆虫標本の部屋 >

写真中央奥の棚には樹の標本が置かれていました。

08083030_5

 

 

 

< 植物の標本の部屋 >

08083030_6

 

 

 

 

このパネルは横幅が30センチほどあるので、この標本は

実はかなり大きいのです。

これはオオバナノエンレイソウといい、北大の校章になっています。

 

北大の総合博物館は展示物の数がとても多く、ここで全部は紹介できない

ほどです。

ゆっくり観て回っていると、あっという間に2時間、3時間と過ぎてしまいます。

どれもが研究のために集められたものなので、親しみやすい展示の雰囲気

と共に、本物の持つ緊張感のようなものもありました。

館内には親子連れが巨大なクジラのヒゲの前でじっとヒゲを見つめていたり

出張に来たビジネスマンがゆっくり展示を眺めていたり、思い思いに博物館を

楽しんでいるようでした。

 

< 館内の親子連れ >

右に立てかけてあるのがクジラのヒゲです

08083030_7

 

 

 

大学の博物館、行かなくちゃもったいないかも!

 

北海道大学総合博物館 展示フロア案内

http://museum-sv.museum.hokudai.ac.jp/exhibition/

 

|

« 『小学生工作 アイデアって何?』 | トップページ | 『小学生国語 自分の言葉で伝えるプレゼンテーション』 »

コメント

北大をゆっくりと見学なさったのですね!!日記をお待ちしておりましたよ〜!!羨ましい限りです〜。貴重なお写真を有難うございます。私は幼稚なので、日本竜の骨格の写真が一番好きかも知れません!私も、もう一回、博物館の開館時間に訪問してみたいです。

投稿: ミサブレ | 2008年9月 8日 (月) 22時10分

★ミサブレさん★
 
そうなんです!
時間があったので割りとゆっくり見て回りました。
今度札幌へ行く機会があったら是非!
大学の博物館って面白いですよ~

投稿: yasuko | 2008年9月 9日 (火) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/23568379

この記事へのトラックバック一覧です: 『小学生科学 大学の博物館へ出かけよう②』:

« 『小学生工作 アイデアって何?』 | トップページ | 『小学生国語 自分の言葉で伝えるプレゼンテーション』 »