« 『小学生科学 砂って宝石!』 | トップページ | 『小学生科学 大学の博物館へ出かけよう②』 »

『小学生工作 アイデアって何?』

アイデアって、今あるものの組み合わせ

8月26日(火)

息子と、そのお友達と一緒に扇子を作ることになりました。

といっても、扇子そのものを作るわけではなく、100円ショップで

買ってきた、”自分で絵が描ける扇子”を使いましたよ。

使い慣れない扇子を手に、子供たちは大喜び!

私が

「どうして扇子であおぐと涼しいの?」

と聞いてみると

「だって、空気が動くんだよ!」

と子供たち。

「じゃあ真空だったら?」

とたずねてみると

「う~ん、空気がないからきっと風はこないよね。」

と答えます。

目に見えない空気のこともちゃんと感じているみたいです。

 

さあ、さっそく絵を描きます♪

と思ったのだけど、自由に描かせると多くの子供たちが何かの

キャラクターを描いてしまうので、今日はテーマを決めました。

それは

『水の中で速く泳げるもの、上手に泳げるもの』

です。

実際に存在するものでもいいし、自分が考えたものでもいい、という

ことにしました。

 

学校の図工の時間ならば、このまま作業に入るわけですが、いくら

発想力豊かな小学生とはいえ、何のヒントもなく真っ白な状態から

考えるのはやっぱり難しいわけです。

実は私は長い間”真っ白な状態から何かを考え出すのがアイデア”

だと思っていたので、何も思いつかない時には

「私って創造力がないのかな~?」

と感じていました。

でも実はアイデアとは”今あるものの新しい組み合わせ”なのですよね。

組み合わせか、または今あるものに新しい何かを足したもの。

子供たちと自然現象に向き合うようになって、その中にもたくさんアイデアの

ヒントがあることを実感しました。

 

大人の世界でも、例えばアメリカのデザイン会社IDEOのオフィスは、

その無限の組み合わせを発想できるようなしかけがたくさんあります。

創造のヒントがちりばめられているのです。

 

発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法 Book 発想する会社! ― 世界最高のデザイン・ファームIDEOに学ぶイノベーションの技法

著者:トム・ケリー,Tom Kelley,ジョナサン・リットマン,Jonathan Littman
販売元:早川書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

そしてアイザック・ニュートン

「どうしてそんな素晴らしい業績を次々にあげることができるのですか?」

の問いに

「If I have been able to see further than others

it was because I stood on the shoulder of Giants.」

(私は誰よりも遠くの方を見ることができたとするならば、

それは背の高い巨人の肩に乗ったからだ。)

と答えています。

Giantsの肩に乗るためには、まずGiantsのことを知らなくてはいけない

のですよね。

それから先が創造力ということなのでしょう。

 

さて、子供たちはというと、イルカの写真集、魚の図鑑、雑誌のNewtonに

載っている古代生物などなど、いろんなものを見ながら絵を描いていました。

 

< 扇子に下絵を描く子供たち >

*画像はクリックで拡大できます

08082630

 

 

 

この後は下絵に150色の色鉛筆で色をつけます。

思い思いの絵を仕上げて、世界にたった一つの扇子ができあがりました。

 

|

« 『小学生科学 砂って宝石!』 | トップページ | 『小学生科学 大学の博物館へ出かけよう②』 »

コメント

ついついパタパタと開いたり閉じたりしてしまう扇子。
お絵かきもできるものなのですね。楽しそう。
>真っ白な状態から何かを考え出すのがアイデア
そうそう、私も長いことそう思い込んでいました。ある時から“とにかく教科書(テキスト)どおりに基本でやってみよう”と色々なことに取り組んでいるうちに、色々な面に応用力がついてきたような気がします。Aで学んだことがAでもBでもCでも使えてしまうのが面白いなと思いました。

投稿: silky-wind | 2008年9月 4日 (木) 14時16分

お久しぶりです。漸く子供たちの学校が始まり、もとの静かな時間が戻ってきました。その間に、母は、夏のまとめをしておかないといけませんね。

アイデアの事。興味深く読みました。
究極のアイデア勝負とも思われてしまう”特許”も、今までの創意工夫の上に成り立っているものだと思います。
その上に積み木を一つのせたもの。
その”積み木”も、今までのアイデアの山から掘り出してくるものだと思います。

真っ白から・・・・・・、というものはなかなかないですし、模倣こそ学問の入り口と思えている今日この頃です。

投稿: つばさ&すばるママ | 2008年9月 5日 (金) 12時05分

★Silkyさん★

そうなんです、扇子っていいでしょ!
アイデアを出すためにはコツコツと色んな勉強をしたり見たり体験したりすることが大切ですよね。
そういうことを知ってたら基礎の勉強に取り組む姿勢も変わってきそうですよね。

投稿: yasuko | 2008年9月 7日 (日) 14時17分

★つばさ&すばるママ★
つばさ&すばるママからそうコメントを頂けるととても説得力があります!
ノーベル賞とはいはなくても、特許だってそうですよね。

>その上に積み木を一つのせたもの。
 
その通りですよね。
そういってくれる大人が近くにいてほしかったな~

投稿: yasuko | 2008年9月 7日 (日) 14時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/23429480

この記事へのトラックバック一覧です: 『小学生工作 アイデアって何?』:

« 『小学生科学 砂って宝石!』 | トップページ | 『小学生科学 大学の博物館へ出かけよう②』 »