« 『小学生科学 大学の博物館に出かけよう①』 | トップページ | 『小学生工作 アイデアって何?』 »

『小学生科学 砂って宝石!』

砂は何からできているの?

 

8月18日(月)

福岡に帰省している時に、息子たちと色々な砂浜に出かけました。

二人は大喜びで泳いだり、砂浜で遊んだり、福岡ならではの夏休みを

満喫しました。

ところで、福岡にはたくさんの砂浜があるのですが、それぞれ砂が

違っているのです。

その違いは裸足で歩いてみても分かります。

 

ところで砂って何でできているのでしょう?

 

息子たちとそんなことを考えてみました。

最初の訪れたのは、海の中道という砂州の近くにある大岳

砂浜です。

この砂州は片方が博多湾、片方が玄界灘で、まさに”海の中にある道”

なのです。

その博多湾側で集めた砂は、とても細かくてきれいな砂でした。

 

< 大岳の砂 >

*画像はクリックで拡大できます

08081230

 

 

 

 

写真では分かりにくいのですが、粒がそろってとても細かい砂です。

石英が多く混ざっていて、顕微鏡でみるときらきらしてとても

きれいです。

 

次に訪れたのは福岡市を出て佐賀県の唐津に向かう途中、二丈町にある

姉子の浜です。

ここは鳴き砂の浜として有名な砂浜です。

 

< 姉子の浜 >

08081230_2

 

 

 

< 姉子の浜の砂 >

08081230_3

 

 

 

この砂は、大岳のものよりも少し粒が大きいのですが、その

大きさできちんと揃っています。

そしてやっぱり石英の量が多く、きらきらして本当に美しいのです。

ある程度の大きさで粒がそろい、石英の量が70パーセントを

超えると鳴き砂になるのだとか。

この砂を顕微鏡で見ると、まるで宝石を集めたようです。

 

普段、周りにある砂には、あまり気にとめることもないですよね。

でもその砂たちは岩石(鉱石)のかけらの集まりなのです。

川に流されたり、波に洗われたり、熱されたり冷やされたりの繰り返し

で細かくなった石たちは、小さな宝石となったのですね。

 

|

« 『小学生科学 大学の博物館に出かけよう①』 | トップページ | 『小学生工作 アイデアって何?』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/23294083

この記事へのトラックバック一覧です: 『小学生科学 砂って宝石!』:

« 『小学生科学 大学の博物館に出かけよう①』 | トップページ | 『小学生工作 アイデアって何?』 »