« 『小学生科学 夏休み自由研究の進め方』 | トップページ | 『記事の更新が遅れてます』 »

『小学生算数 筆算は意味も知っておかなくちゃ!』

かけ算の筆算はその意味も学ぼう

6月24日(火)

3年生になると、小学校ではかけ算筆算を学びます。

ところが、子供たちは、かけ算九九と筆算とはどうやら別のもの

だと思ってしまうみたいです。

確かに、かけ算九九は計算というより暗記ですし、筆算となると

なにやらやり方を覚えて、その通りに解くもの・・・

そんな風に子供たちが思っても仕方がないかもしれませんよね。

  

私のところに算数を勉強しにきている3年生の子供たち。

かけ算の筆算をしながら、たまにすっかり手が止まってしまう

ことがあります。

 

「やり方忘れちゃった・・・」

 

そうなんです。

筆算のやり方を丸暗記してるだけだと、そのやり方を忘れてしまうと

全く計算ができなくなってしまうんです。

暗記だけでは応用もきかないのですよね。

 

そこで、子供たちには筆算と一緒に、筆算でやっていることの

意味を説明するようにしています。

ここでは手作りのコインカードを使います♪

 

< コインカードで12×13を考えます >

*写真はクリックで拡大できます

080627

 

 

 

 

 

 

 

「12×13って、12が13個って意味だよね?」

と子供たちに確認してみると、

「あれ? そうだっけ?」

という子もいます・・・

かけ算の筆算というのは、九九どころか、かけ算そのものとも

別物だと思ってしまってるのかも!?

これは大変!

コインカードを並べて、かけ算の意味をもう一度おさらいします。

そして次に筆算でやっていることの意味も説明します。

 

「12×13」の場合は・・・

 

コインカードを見ると、12円が10組と3組に分けられています。

「では、12円が3組でいくらでしょう?」

と聞いてみると、子供たちはカードを見ながら

「36円!」

とすぐに答えます。

これが筆算の上の段に書かれるものの意味ですよね。

次に

「では、12円が10組ではいくらかな?」

と尋ねると

「120円!」

と子供たち。

これは筆算の2段目に書かれるものの意味です。

ここで1段目と2段目が答えが1桁ずれた様に思えることも

納得できます。

問題が3桁になっても応用することができますよね。

 

丸暗記は楽だけど、やり方を忘れてしまったら何もできなく

なってしまいます。

2年生で覚えた九九も、筆算で解くかけ算も、本当は同じものです。

それを伝えてあげることも大切かな、と思いながら子供たちと

コインカードを数えるのでした・・・

 

でも実は今回の「12×13」は、うちに来ている子供たちはこれから先、

九九と同じように暗記してしまいます。

「トクトク」という本を使い、最後は20問を1分半以内に解くことが

できるよう、目標を正確さ速さに絞って練習します。

 

19×19 トクトク―日本人のアタマをもっとよくする2桁かけ算 Book 19×19 トクトク―日本人のアタマをもっとよくする2桁かけ算

著者:COO,よこい やすし
販売元:ワイプラス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

 

 

2桁九九を覚えると、子供たちがかけ算を考える幅が広がるようです。

この本を使って暗記する場合は、それぞれの数字に当てはめられた

キャラクターの性格をしっかり覚えて始めると、とてもスムーズに覚える

ことができますよ!

 

 

|

« 『小学生科学 夏休み自由研究の進め方』 | トップページ | 『記事の更新が遅れてます』 »

コメント

こんばんは☆
いつもお世話になります♪

かけ算 里奈は頑張って覚えてる中です。
やすこ先生に頂いたプリントをみながらCDをかけたりして
6の段以降が時間かかりそうです。
歌で覚えると楽しいようなので一緒に頑張ります^^

投稿: りなママ♪ | 2008年7月 1日 (火) 00時49分

初めまして
小一の息子を持つ母です。

今日息子の算数を見て、疑問に思い検索していたところこちらにたどり着きました。

息子は勉強は好きなようで、市販のドリルを自分でどんどんやっていました。
分からないところや、答え合わせなどはみていたのですが、特別に教えることはありませんでした。

今日は横で引き算のドリルをしていて、12-3のけいさん。
10から3をひいて7。 7と□で
12-3=□
という□の中を埋める問題で躓いていました。
にたような問題が何問かありましたが、答えが曖昧であっているものもあれば、違っているものもありました。

計算の問題だとすべてあっているのに、文章問題になると分からないようでした。
そこでどうやって12-3をやっているか聞いてみると、まず3-2をしてそれから10-1で、こたえ9
他の問題も、例えば15-8なら8-5は3それから 10-3でこたえは7と言った感じで解いていたらしいです。
答えは合っていますが、やり方が違うので、文章問題になると□が埋められなかったらしいです。

もちろん学校でも習っていないし、塾なども行っていないのでやり方が間違っているのは仕方がないですが、それから何度正しい考え方を教えてもピンとこないみたいで、ブロックなどでやってみましたが、いまいちでした。

うまくかけませんが、このままだといけないだろうし、せっかく息子がやりたいという気持ちでいっぱいなのですが、うまく導いてあげられませんでした。

頭では説明されたことは分かるようですが、実際計算をすると自分独自のやり方になるようです。
しばらくは、一緒にするしかないのかもしれませんが、何か上手な教え方はありますでしょうか?

投稿: marimo35 | 2008年7月 2日 (水) 18時24分

はじめまして。

小学生の子を持つ親としては、
こういったトコロ、、、早く見つけるべきでした!!
とても参考になります。
これから恐怖(親としては)の?夏休み。
ちょこ2寄らせていただきます。

投稿: さよべぇ | 2008年7月 7日 (月) 02時26分

★りなママさん★
コメントありがとうございます♪
かけ算九九の暗記はゆっくりしっかり進めていきます。
人の記憶は感情を伴うと短期記憶→長期記憶へと移行するようなので
音楽と一緒に”楽しく”覚えるのはとてもいいと思います!
そして来年になったら二桁九九がまってま~す。

投稿: yasuko | 2008年7月14日 (月) 06時47分

★marimo35さん★
 
質問を頂いていたのにお返事が遅くなりすみません。
長くなってしまったので記事としてUPしました。
少しでもお役に立てたら嬉しいです。
”やりたいという気持ちでいっぱい”なんて素敵ですね!
きっと普段のmarimoさんの接し方が素晴らしいのだと思います。
記事にも書きましたが、回答としては方法は何でもいいのです。
たし算、ひき算については、「10の補数」の感覚はとても大切です。
ですが、ちょうど例に挙げれているくり下がりのひき算に関して言えば、最後は暗記することをお勧めします。
暗記のためのひき算カルタをダウンロードできるようにしていますので
よかったらご利用下さいね。
 
http://homeeducation.cocolog-nifty.com/blog/2007/07/post_374b.html
 

何かあればまたご質問下さい。

投稿: Yasuko | 2008年7月14日 (月) 10時31分

★さよべぇさん★
 
はじめまして。
コメントありがとうございます。
夏休みの色んな情報もお伝えできればと思ってます。
また遊びにいらして下さいね。

投稿: yasuko | 2008年7月14日 (月) 10時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/21916865

この記事へのトラックバック一覧です: 『小学生算数 筆算は意味も知っておかなくちゃ!』:

« 『小学生科学 夏休み自由研究の進め方』 | トップページ | 『記事の更新が遅れてます』 »