« 『小学生国語 楽しく語彙を増やす方法』 | トップページ | 『小学生算数 1メートルを体感しよう』 »

『小学生算数 アスレチックで感じる三次元』

飛んだり よじ登ったり ぶら下がったり

5月5日(月)

なんで「飛んだり よじ登ったり ぶら下がったり」が算数なのか

ちょっと変ですよね。

学校の算数で学ぶ立体図形、つまり三次元の図形感覚10歳ごろ

までに身につくと言われています。

ではどうやったら身につくのかというと、それは問題集とにらめっこをする

のではなく、手を動かしたり体を動かしたりしながら体全体で学んでいくのが

一番よい方法のようです。

手軽なところでは、文房具コーナーで売られている工作用紙を家に常備して

おいて子供たちがいつでも切ったり貼ったりして立体工作ができるように

しておくのもいいと思います。

工作用紙は厚紙ですし、1センチの方眼になっているので、定規で線を

引いたりしなくても、線に沿って切るだけで色んなものが作れます。

他には折り紙を使って多面体を折ったりするのも楽しいですよね。

 

はじめての多面体おりがみ―考える頭をつくろう! (Heart warming life series) Book はじめての多面体おりがみ―考える頭をつくろう! (Heart warming life series)

著者:川村 みゆき
販売元:日本ヴォーグ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

さらに体全体を使ってというなら、アスレチックへ出かけるのもお勧めです!

子供たちが思いっきり体を動かせる環境が近くにあればいいのですが、

なかなかそういう場所がないということも多いですよね。

我が家が出かけたのは、千葉県野田市清水公園にある日本最大級の

アスレチックコースです。

ここには小さい子供でも楽しめるファミリーコース、ちょっと難しいことにも

チャレンジできる冒険コース、そしてスリル万点の水上コースがあり、全部で

100ものポイントがあるんです。

 

< 水の上をターザンのように・・・ >

*画像はクリックで拡大できます

30

 

 

 

 

勢いをつけて・・・

ジャ~ンプ!

水の中に落ちてしまう子供も大人もたくさんいるのですが、

とにかくみんな楽しそうです♪

 

< やぐらによじ登ってみた眺めはどう? >

08050530

 

 

 

 

< 気分はハムスター? >

08050530_2 

 

 

 

 

とにか緑の中でく思う存分、飛んだり跳ねたりよじ登ったり

遊びの中でもきっと三次元の感覚は体にしみこんでいくのでしょう。

 

清水公園公式ホームページ

http://www.shimizu-kouen.com/

 

出かける時は動きやすい服装で必ず着替えを持って行ってくださいね。

(水におちてもいいように♪)

お昼はアスレチックフィールド内にテーブルと椅子が用意してあるので

お弁当を持っていくといいです。

売店で軽食を購入することもできます。

今日は入場制限があるほど混雑していましたが、座る場所がないと

いうことはありませんでした。

 

|

« 『小学生国語 楽しく語彙を増やす方法』 | トップページ | 『小学生算数 1メートルを体感しよう』 »

コメント

良い連休をお過ごしでしたね。
清水公園、いいですねぇ~。
子供さん達、元気いっぱいですね!
こちらにもそんな所がありますが、もう、連れて行っても、喜んでくれないかなぁ~。
友達と遊ぶ方が楽しそうです。(笑

投稿: レモン | 2008年5月 6日 (火) 09時02分

これはまた楽しそう。
全身を使うことが図形感覚につながる、というのは面白いですね。
もっとこれが一般的に知られるようになると、もっと多くの子供達が生き生きとして幸せになれるんだろうな、と思いました。

投稿: silky | 2008年5月 7日 (水) 01時25分

楽しそうなお出かけですね。まるで、”SASUKE”のようなアスレチック、凄いです。身体を使ってなら、図形もそうですが、物理分野も学ぶことが出来そうですね。
なにしろ、私達も物理の力学に支配されている世界に住んでいるわけですから・・・・・・。
シーソーや、ブランコから、つりあいや、ふりこの原理を、と考えると楽しいですね。

投稿: つばさ&すばるママ | 2008年5月 7日 (水) 21時30分

★レモンさん★

そうですよねぇ高校生だとなぁ。
大学生のグループはたくさん来ていましたよ。
きっと杏ちゃんも何年か後にお友達と行ったりするんでしょうね!
ママとじゃなくて。
それにしても自然の中で体を動かしている人たちはとってもいい顔を
していました!
やっぱりこうでなくっちゃ。

投稿: yasuko | 2008年5月 8日 (木) 22時30分

★Silkyさん★

そうなんですよね。
今の子供はバーチャルの中で遊ぶことが多いのでリアルな感覚が
つきにくいような気がします。
体を動かして三次元を・・・って多分シュタイナーの方向にも近いと
思うんですよね。
体を思いっきり動かしている子供たちはとても楽しそうに見えました。

投稿: yasuko | 2008年5月 8日 (木) 22時33分

★つばさ&すばるママ★

そうなんです! まさに「SASUKE」なんですよ~!
水上のポイントは特にスリル満点です。
”私達も物理の力学に支配されている世界に・・・”
は本当にその通りだと思います。
実は遊園地を使って物理の法則を子供たちと学びたいと思っている
んですが何かよい本をご存知ないでしょうか?
つばさ&すばるママが直々に解いて下さっても嬉しいです♪
(急ぎじゃありませんのでいつの日か・・・)

投稿: yasuko | 2008年5月 8日 (木) 22時38分

大掛かりなアスレチックは、私が高校生の時の遠足いらい行っていません。。。→東武線の森林公園でした。おしとやかな国語の先生が、水上コースで見事に転落、ずぶぬれになってもおしとやかに「落ちてしまったの、うふふふ。」と美しく笑っていらした事が一番印象的でした。(笑)
最大級のアスレチック、是非是非私達親子もチャレンジしてみたいです!!
(多分。。。私だけではムスメが来ないかも知れません、誰かお友達を誘わなくちゃsun

投稿: ミサブレ | 2008年5月 9日 (金) 15時11分

★ミサブレさん★

おしとやかな方はどこまでいってもおしとやかなんですね。
見習わなくては。
清水公園は大人でも楽しいですよ!
ムスメさんが一緒に行ってくれないときは是非お友達と出かけて
下さい♪
やっぱり体を動かしたり笑ったりって気持ちがいいですよね。

投稿: yasuko | 2008年5月13日 (火) 10時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/20784148

この記事へのトラックバック一覧です: 『小学生算数 アスレチックで感じる三次元』:

« 『小学生国語 楽しく語彙を増やす方法』 | トップページ | 『小学生算数 1メートルを体感しよう』 »