« 『小学生算数 びっくりの速度』 | トップページ | 『小学生科学 水で遊ぼう! 100等分した摂氏』 »

『小学生科学 家庭で育てる科学の芽』

飛行機はどうして飛ぶのでしょう

5月27日(火)

実は・・・

学生のころ科学は得意ではなかった私は、ついこの前まで科学は自分には

あまり関係ない遠いものだと思っていました。

でもそれは間違っていたようです。

子供たちと身の周りの不思議を見つけて、その現象の理を知ろうとしていく

うちに、そのこと自体が科学だったんだな、と気づくことができました。

気づくきっかけとなった一つは、昨年夏に息子たちと参加した鈴木真二先生

(東京大学大学院教授)の航空宇宙工学教室でした。

飛行機やロケットという最新の技術が、実はとても身近でシンプルな

自然の法則と結びついているという先生の授業は、子供だけでなく

多くの大人にもハッと何かを気づかされるものだったと思います。

今回、鈴木先生実験授業科学技術振興機構が運営するWebサイト

”かがくナビ”で公開されることになりました。

 

「飛行機はどうして飛ぶのだろう?」

 

こんな、一見難しそうで、科学の最先端に関わるようにも思えるこの疑問が、

実はとてもシンプルで身近な自然の法則と結びついている、そんな驚きを

親子で体験できたら素敵ですよね。

 

< 空気の重さを量る・・・その結果は!? >

*画像はクリックで拡大できます

080529

 

 

 

 

親子で発見して感動する、そういうことの繰り返しで、子供たちが

生まれながらに持つ”科学の芽”は育っていくのだと思います。

”かがくナビ”に掲載されている鈴木先生からのメッセージを転載

させて頂きます。

かがくナビ

http://www.kagakunavi.jp/

 

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

東京大学大学院航空宇宙工学専攻教授 鈴木 真二です。

昨年のサイエンスアゴラ2007で開催された紙ヒコーキ教室において、

「飛行機がなぜ飛ぶか」に関して実験を楽しみました。今回は、もっと

多くのみなさんに体験していただくために、『実験ナビ』として一連の

実験を何回かに分けて ウェブで紹介することにしました。

実験の内容は、文章、写真、イラスト、動画を使って説明していますので、

じっくり読んでみてください。そして、学校や家庭で自分の手を動かして

実験してみてください。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 

実験ナビの中でも、鈴木先生は”手を動かすこと”の大切さ

お話しして下さいました。

是非子供さんたちと一緒に手を動かしてみて、分からないところや

質問があれば”かがくナビ””ナビかきこ”で質問して下さいね。

色々な人や、時には専門家から、アドバイスが頂けると思います♪

 

|

« 『小学生算数 びっくりの速度』 | トップページ | 『小学生科学 水で遊ぼう! 100等分した摂氏』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/21278698

この記事へのトラックバック一覧です: 『小学生科学 家庭で育てる科学の芽』:

» 東京大学物語 [東京大学物語]
東京大学物語は2006年にヒットした映画です。東京大学物語は1992年から2001年にかけて、ビッグコミックスピリッツに連載された漫画です。 [続きを読む]

受信: 2008年6月 1日 (日) 11時24分

« 『小学生算数 びっくりの速度』 | トップページ | 『小学生科学 水で遊ぼう! 100等分した摂氏』 »