« 『小学生算数 たし算の筆算でつまづいたら』 | トップページ | 『小学生算数 アスレチックで感じる三次元』 »

『小学生国語 楽しく語彙を増やす方法』

ことばの定義を確認しよう

4月29日(火)

我が家の次男(3年生)は漢字が不得意でした。

でも部首カルタや白川静先生の本やワークブックを使って、ずいぶん

効率よく漢字が覚えられるようになりましたよ。

10歳以下の子供には

「どうして覚えられないの!」

と怒鳴るのはナンセンスみたいです。

発達心理学的にも子供自身が”なぜ覚えられないのか”が分かって

いないからです。

”なぜなのか”を見つけてあげるのが親の役目なのかもしれません。

うちの次男の場合よく観察してみると、どうやら漢字だけでなく、

語彙もなかなか増えていかないようなのです。

でもその理由が分かりました。

どうやら言葉をグルーピングして大雑把に覚える癖がついてしまってる

のです。

今すぐに良い例が思いつかないのですが、例えば、スニーカーも、サンダル

草履も、全てを”くつ”という単語で済ませてしまうというような感じです。

確かに分類としては全部”くつ”で間違いとは言えませんが、日常生活では

区別して呼ばれているものですよね。

そこで、次男とは一つずつ言葉の定義を確認することにしました。

立命館小学校で行われている”辞書に付箋をつける”方法で

常に辞書をひかせることにしましたよ。

立命館小学校では、生徒は辞書をひいて調べた箇所に付箋を貼って

いきます。

こうすることで小さな達成感が生まれ、楽しく辞書を使うようになるようです。

新レインボー小学国語辞典 Book 新レインボー小学国語辞典

著者:金田一 春彦,金田一 秀穂
販売元:学習研究社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

また辞書も色々あるのですが、説明文ふりがながふってあるものが

お勧めです。

学研の国語辞典は行間が適度でふりがなもふってあり、低学年からでも

使えそうでした。

また製本の仕方がほかのものとは違うようで、開いた時に勝手にとじて

しまうことがない、不思議な作りになっています(どうなってるんだろう?)

次男は付箋が増えていくのが楽しいようで、辞書をひくようになりました。

< 付箋のついた辞書 >

*画像はクリックで拡大できます

08042930  

 

 

 

しんぶん ・・・ 社会のできことやそれについての考えを、多くの人に

          はやく知らせるために、きまって出される印刷物

 

これを読んだ次男は

「へぇ。新聞ってこういうものだったんだ~!」

と感心していました。

よく知っているつもりの言葉でも、辞書で確認するときちんとした定義が分かります。

言葉を正しく使ったり、ものごとをよく理解するためにも、ことばの定義を確認する

ことは大切ですよね!

 

さて、これで少しずつ語彙は増えていくかな?

|

« 『小学生算数 たし算の筆算でつまづいたら』 | トップページ | 『小学生算数 アスレチックで感じる三次元』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/20654684

この記事へのトラックバック一覧です: 『小学生国語 楽しく語彙を増やす方法』:

« 『小学生算数 たし算の筆算でつまづいたら』 | トップページ | 『小学生算数 アスレチックで感じる三次元』 »