« 『小学生科学 美しいものから科学の世界へ』 | トップページ | 『小学生算数 たし算の筆算でつまづいたら』 »

『小学生科学 親子で研究施設に出かけてみよう』

筑波宇宙センター特別公開日

4月19日(土)

4月14日(月)から20日(日)科学技術週間でした。

今回は事前にご紹介しきれなかったのですが、全国で興味深いイベントが

たくさん開催されているんですよね。

文部科学省 科学技術週間

http://stw.mext.go.jp/

 

我が家は、次男のお友達と一緒に、これでなんと4度目となる

筑波宇宙センターの特別公開日へ行って来ました。

 

JAXA 筑波宇宙センター特別公開日

http://www.jaxa.jp/visit/tsukuba/index_j.html

 

今回は息子たちの学校のお友達のお母さんたちにも紹介していたので、

筑波に着いてみたら何人ものお友達家族にお会いしました♪

 

< 筑波宇宙センター H-Ⅱロケット実機 >

*写真はクリックで拡大できます

H230

 

 

 

筑波宇宙センターは敷地がとても広いので、公開されている研究施設を

全部回ると、それだけで、もう遠足のようになります。

参加する場合は、動きやすい格好履きなれた靴、大きな袋(お土産を

たくさん頂けるので)を準備することをお勧めします♪

昼食は施設内の売店や、外にある臨時の売店、食堂を利用することが

できます。

まずは受付でスタンプラリー台紙を受け取って、いざ見学スタート!

たくさんの施設が公開されているので、ある程度優先順位をつけて

広い敷地内を効率良く回る作戦を立てると良さそうです。

 

私たちはというと、最初に入り口近くにある施設で人工衛星関連の展示を

見てクイズに答え、子供たちは早速風船をGET。

ここでは、月周回衛星”かくや”や、超高速インターネット衛星”きずな”

などの展示がしてありました。

 

< 人工衛星と地球の風船 >

30  

 

 

  

小さな子供たちでも、ここでは缶バッジを作ったり、人工衛星工作

したりして楽しむことができそうでした。

 

施設の地図を見ながら歩いていくと、あちらでもこちらでも、実験や

展示が行われています。

子供たちは楽しくってキョロキョロ。

どの展示でも、その側に研究チームの方たちがいらっしゃるので、

質問にもすぐに丁寧に回答して下さいます。

子供たちも色々と質問をしていました。

 

< 液体窒素を使ったマイナス温度体験 >

30_2  

 

 

 

 

-196度という温度ではゴムボールもパリ~ンっ!!

 

< ”かぐや”のメインエンジン(地上実験用) >

30_3

 

 

 

 

メインエンジンの他に、方向を変えるための小さいエンジンも展示されて

いました。

 

< たんぱく質の結晶を作る実験 >

30_4  

 

 

 

 

 

微少重力の宇宙では、重力に邪魔されることなく歪みのないきれいな

結晶を作ることができます。

この方法は将来、薬品開発などに応用したい技術なんだそうです。

 

この他、子供たちはGPSを使った宝物探しに夢中になって

なんと三度も、広い原っぱをかけ回りトライしました!

 

そして気づけば4時の終了時間を過ぎていて、慌ててスタンプラリーの

賞品を交換して帰ることに!

 

子供たちの感想はもちろん

「すっごくたのしかった~!!」

 

みんなどんな面白いものを見つけたのかな?

 

|

« 『小学生科学 美しいものから科学の世界へ』 | トップページ | 『小学生算数 たし算の筆算でつまづいたら』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/20417294

この記事へのトラックバック一覧です: 『小学生科学 親子で研究施設に出かけてみよう』:

« 『小学生科学 美しいものから科学の世界へ』 | トップページ | 『小学生算数 たし算の筆算でつまづいたら』 »