« 『小学生 勉強嫌いの子供のために その2』 | トップページ | 『小学生科学 美しいものから科学の世界へ』 »

『小学生 勉強嫌いの子供のために その3』

4月4日(金) 子供の天性を見つけるお手伝い

この春休みに、鹿児島に住む姪のさきちゃん(春から中学生)を5日間

預かりました。

妹が”勉強嫌い”と心配していたさきちゃんと私たちが、色んなものを見たり

感じたりした5日間をご紹介します。

カテゴリー『勉強ぎらいの子供のために』にまとめましたのでご覧下さい。

 

三日目も一日お出かけとなりました。

色々とご縁があり、急遽この日の午前中も東大へ行くことになりました。

お会いしたのは航空宇宙工学専攻鈴木真二教授です。

昨年の夏休みに息子二人が参加した航空宇宙工学教室でお世話に

なった優しい先生です。

『小学生 夏休み 航空宇宙工学教室 一日目』

http://homeeducation.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_d18c.html

『小学生 夏休み 航空宇宙工学教室 二日目』

http://homeeducation.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_45f1.html

今回子供たちは先生にいくつか質問できる幸運に恵まれました。

お会いして緊張気味の三人でしたが、

「どうしたら科学者になれますか?」

なんて質問もしていました。

「子供の時に持っているひらめきの心をいつまでも忘れないで!」

とおっしゃっていた先生の言葉がとても印象的でした。

 

< エアエンジン飛行機についてアドバイスを頂きました >

*画像はクリックで拡大できます

30   

 

 

 

今まできっと飛行機なんて興味がなかったはずのさきちゃん。

今回初めて一人で飛行機に乗り、ジュンク堂で飛行機の本を見て

自分でエアエンジン飛行機も組み立て、鈴木先生にもお会いすることが

できました。

この次の日には、近くの公園で色々と手直しをしながらもくもくと飛行テスト

続けたさきちゃんを見ていて、周りの大人が少し環境を工夫してあげれば

子供の興味の対象は広がるんだな~と感じました。

妹は

「周りのものにあまり関心がなくて・・・」

と心配していましたが

一緒に見るものほどんどに興味を示した彼女を見ていると、子供はもともと

好奇心の塊なんだと思わずにはいられません。

 

この日の午後は、お台場の科学未来館へ出かけたのですが、さきちゃんは

ロボットにも宇宙にも、特設展のエイリアンにもそれぞれ興味をもったようでしたよ。

 

< 地球以外で生命が存在する惑星!?の展示 >

30_2  

 

 

 

でも一瞬興味を持ったことについて、その興味がずっと続くのかどうかは、その子の

個性、天性とも関わってくるようです。

親や周りの大人が色んなものを見せてあげて”ずっと続く興味”を見つる手伝いを

することは大切なことなのではないかと思います。

ノーベル賞を受賞された江崎玲於奈博士が、中学生との対談の中で

”わが人生何をなすべきか?”を問い続けて下さい。」

とおっしゃっていたことを思い出します。

 

「他人と何が違うのか、同じか?」

「何が得意か、不得意か?」

「何に感動を覚えるか?」

「何を喜ぶか、悲しむか?」

 

色んなものを見せてあげて、子供自身に問い続けさせる。

きっとその子らしい夢が見つかるのではないかと思うのです。

 

ノーベル賞受賞者との対話―中高校生の君たちへ Book ノーベル賞受賞者との対話―中高校生の君たちへ

販売元:読売新聞東京本社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 『小学生 勉強嫌いの子供のために その2』 | トップページ | 『小学生科学 美しいものから科学の世界へ』 »

コメント

興味を持続させるのは本人の努力でしょうけど、
yasukoさんのおっしゃる
>親や周りの大人が色んなものを見せてあげて”ずっと続く興味”を見つる手伝い
をしてあげたいなと、私も思います。私の場合はなかなか行動が追いつかなくて子供達を退屈させてしまうのだけど。
東大の教授とお話ができたなんて、素敵です!
さきちゃんたちの宝物になりますね、きっと。

投稿: silky | 2008年4月14日 (月) 12時26分

姪っ子さんにとっても、息子さんたちにとっても、素敵な春休みだったようですね。
先生の”ひらめきの心をわすれないで。”という言葉には、感動しました。
大人になり知識が邪魔をするようになる前の、純粋に”面白い””興味がある””やってみたい”という子供達の気持ちを何時までも大事にしたいですね。
・・・・・そして、そのまま大きくなったような研究者の人たちがたくさんいることも事実です。

投稿: つばさ&すばるママ | 2008年4月14日 (月) 16時21分

★Silkyさん★

私はSilkyさんの子育ては素敵だな~と思ってますよ!
自然に真摯に向き合うSilkyさんの姿はきっと息子さんたちに大きなメッセージを伝えていると思います。
目新しいものを見せ続けるというより、小さなことにも興味が持てるようにしてあげることのほうが難しくて大切かな、とも思ってます。

投稿: yasuko | 2008年4月15日 (火) 10時22分

★つばさ&すばるママ★
 
そんな子供の心をもつ研究者をきっとたくさんご存知のつばさ&すばるママが羨ましいです。
子供は大人の持つ”常識”にとらわれない分、びっくりするようなひらめきを持っているのでしょうね。
子供には驚かされることが多いですよね!

投稿: Yasuko | 2008年4月15日 (火) 10時25分

sun姪子さんとご一緒に、楽しい春休みを過ごされたんですね!


未来化学館、春休みにうちも行ってみました。エイリアン展にははまりました!
生憎2時間くらいしかいられなかったので、別の機会にじっくり訪問してみたいです。こどもの興味を刺激する題材がたくさんありそうなところですね!!

投稿: ミサブレ | 2008年4月17日 (木) 07時10分

★ミサブレさん★

エイリアン展に行かれたのですね!
面白い展示でしたよね。
うちの姪っ子は特に科学がすきというわけでもなく、宇宙が好きというわけでもないと妹から聞いていたので、どんな反応をするのか心配でした。
でも、姪を見ていると、新しく見るものに興味を示さない子供なんていないんだな、とつくづく感じました。
あとは周りの大人が、どう子供の好奇心と向き合うのか、ということなのかもしれません。

投稿: yasuko | 2008年4月20日 (日) 15時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/20216637

この記事へのトラックバック一覧です: 『小学生 勉強嫌いの子供のために その3』:

» 子供を伸ばす子育て,教育の名言 [子供を伸ばす子育て,教育の名言 ]
子供を伸ばす子育て,教育の名言 [続きを読む]

受信: 2008年4月20日 (日) 05時13分

« 『小学生 勉強嫌いの子供のために その2』 | トップページ | 『小学生科学 美しいものから科学の世界へ』 »