« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

『小学生科学 ライブカメラで見る宇宙』

エンデバー号の後方宙返りを目撃!

1年半ほど前から自宅で学習教室を教室を開講しています。

教科は算数と国語ですが、教科の境を意識しない深く学べる授業を

心がけています。

授業の様子は左のカテゴリー”教室日記”にまとめております。

よろしかったら是非ご覧下さいね。

 

3月13日(木) 子供たちと見た無重力の世界

3月11日(火)15:28(日本時間)に、日本の実験棟”きぼう”を乗せた

エンデバー号NASAケネディ宇宙センターから打ち上げられ、13日には

国際宇宙ステーション(ISS)とドッキング。

こんなドラマティックなシーンがライブカメラで見られるんですよね!

 

授業の後に子供たちと一緒にJAXAが配信するライブカメラの映像を見たいと

思い動作環境のチェックなどをしていたのが13日の11時30分頃でした。

予定ではエンデバー宇宙ステーションドッキングが始まる時間。

ところがライブカメラにつないでみると・・・

 

あれ???

エンデバーの機首が持ち上がった!?

なんだかすごいことが起こってるみたいです。

「これは子供たちに見せなくては」

というわけで、携帯でPCの画面を撮影するという荒業?にでた慌てっぷり!

想像して頂けます?

< 機首が持ち上がったエンデバー JAXAライブカメラの映像>

*写真はクリックで拡大できます

080313  

 

 

 

 

JAXAの方の説明によると、ISSとのドッキング前に、シャトルのお腹側を点検

するため、写真撮影をしたのだそうです。

後ろに見える地球が碧くて、シャトルはまるで海を自由に泳ぐ魚のようですよね♪

 

機体は見る見る仰向けになって・・・

080313_2

 

 

 

 

 

 

この状態でしばらく記念撮影・・・じゃなかった、点検のための写真撮影。

そして、今度は機首が下がって後ろが持ち上がり・・・・

080313_3

 

 

 

 

 

くるりと、もとの体勢に戻ったのでした。

すごかった~!

 

教室に来た子供たちもきっと喜んでくれるだろうとこの写真を見せたら

「写真じゃなくてライブカメラで見たかった~!」

とブーイング。

もうっ。せっかく撮ったのに~!

でも

「マンボウみたいだね~」

なんて話しながら真剣に写真を見ていた子供たちです。

 

その後、JAXA配信のライブカメラの映像につないでみると、丁度シャトル内の

様子が映し出されていました。

ふわふわとシャトル内を遊泳する宇宙飛行士さんたち。

船外活動に備えて、宇宙服の点検などをしている映像が臨場感と共に

伝わってきます。

子供たちは

「無重力ってなんだか動きにくそうだね~」

とか

「こんな生活だったら酔いそう・・・」

とか、無重力をずいぶん具体的に感じているようでした。

こういう映像を見て育つ今の子供たちは宇宙にどんな想いを抱くのでしょう。

宇宙はどんどん身近になって来ますよね。

 

”きぼう”に関するミッションのライブ映像(JAXA)

http://www.tv-bank.com/kibo/ 

 

かがくナビ(科学技術振興機構) 土井隆雄さんからのメッセージ

*画像はJAXAからお借りしてます

Doi  

 

 

 

http://www.kagakunavi.jp/library/list

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『小学生科学 土井隆雄宇宙飛行士からのメッセージ』

土井隆雄さん、二度目の宇宙へ

1年半ほど前から自宅で学習教室を教室を開講しています。

教科は算数と国語ですが、教科の境を意識しない深く学べる授業を

心がけています。

授業の様子は左のカテゴリー”教室日記”にまとめております。

よろしかったら是非ご覧下さいね。

 

3月12日(水) エンデバー号 打ち上げ成功!

3月11日(火)15:28(日本時間)に、日本の実験棟”きぼう”を乗せた

エンデバー号がNASAケネディ宇宙センターから打ち上げられましたね!

今回二度目の搭乗となった土井隆雄宇宙飛行士の、出発前のメッセージを

聴くことができます。

土井隆雄宇宙飛行士のメッセージから感じるお人柄は、まっすぐでとても

素敵な方です。

「”学ぶことの大切さ”を教えてもらったのは小学校3年生の時だった。」と

繰り返しお話しされている土井宇宙飛行士の言葉がとても印象的でした。

ちょうど私の教室に通ってくれている子どもたちの年齢です。

小学生時代の過ごし方は、人生を大きく左右するほど大切なものなの

でしょうね。

かがくナビ(かがくムービー) 土井隆雄さんからのメッセージ

*画像はJAXAからお借りしてます

Doi  

 

 

http://www.kagakunavi.jp/library/list

JAXA ”きぼう”打ち上げ、組み立てミッションをライブ配信

*画像はJAXAからお借りしてます

Kibo

 

 

http://www.tv-bank.com/kibo/

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (2)

『お知らせ』

しばらくのんびり更新です!

皆様お久しぶりです。

私自身は元気にしているのですが、年度末のためバタバタして

おります。

ブログの更新がゆっくりになってしまいます。

皆様のところへは遊びに行かせて頂きます!

 

 

しかし・・・

今気づいたのですが、どうやらこの記事は上海の記事に上書き

してしまったようです(泣)

慌てて書くとろくなことがありません・・・あ~ん!

コメントを下さっていたミサブレさん、ごめんなさい!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

『小学生科学 鉱石は子供に大人気!』

教室日記 1年生算数 授業の前に 

1年半ほど前から自宅で学習教室を教室を開講しています。

教科は算数と国語ですが、教科の境を意識しない深く学べる授業を

心がけています。

 

2月27日(水) 1年生 算数 きれいな石はどこからきたの? 

1年生の算数の前に、ももかちゃん、りなちゃんと一緒に、新しくコレクション?に

仲間入りした鉱石、方解石を眺めました。

先日、ブリティッシュカウンシル国立科学博物館が共催した、ジュニアサイエンスカフェ

に関するシンポジウムに参加してきたのですが、その時に博物館で購入したのが

この方解石。

一緒に並んでいるラピスラズリは前からあるものです。

その他にもアメジスト、ほたる石、水晶などを子供たちが手に取れるところに

置いています。

< 方解石とラピスラズリ >

*写真はクリックで拡大できます。

080227  

 

 

 

 

教室に来ている男の子、女の子で、どうやら興味の対象はちょっと違うよう

なのですが、先日話題になった”雪の結晶”そしてこの”鉱石”はどちらも

大人気なのです。

そして新しく仲間入りした方解石は、割っても割っても同じ形(平行四辺形が

組み合わさった6面体)になる不思議な石。

また光を通すと二つの方向に曲がるので、向こう側の文字が二重に見える

のです。

これもまた不思議。

 

ももかちゃん、りなちゃんは、「鉱石・宝石の不思議」という本で石について調べて、

その産出国がどこにあるのか地球儀で探し始めました。

 

< 地球儀で産出国を探す二人 >

080227_2  

 

 

 

鉱物・宝石の不思議 (図解雑学シリーズ) Book 鉱物・宝石の不思議 (図解雑学シリーズ)

著者:近山 晶
販売元:ナツメ社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

 

先日の雪の結晶鉱石

どちらも規則正しく美しい。

自然の中で起こる神秘です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »