« 『親子で歩いた上海 ~なんだかちょっと違う?~』 | トップページ | 『教室日記 小学生算数 線を引こう』 »

『教室日記 雪の色の不思議 ~ かがくナビ と Science Window ~』

教室日記 4年生、5年生 雪はどうして白いの?

1年半ほど前から自宅で学習教室を教室を開講しています。
教室の様子をカテゴリー「教室日記」にまとめています。
是非ご覧下さい。
 

2月15日(金) 

金曜日は国語の授業なのですが、授業の最後にはこのところ教室で

話題になっていた雪の色の話になりました。

国語の授業ではいつも最後に子供たちが読みたい記事を読むので

科学の話になったり、世界の国の話になったり、漢字の起源

話になったり、教科の枠なく色んな話をします。

”Science WIndow”の2月号を見た後に、ちょうど雪が降った

こともあってしばらく雪の話題が続きました。

『教室日記 かがくナビ と Science Window』

http://homeeducation.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/sciencewindow_c5c8.html

『小学生 科学 雪の結晶』

http://homeeducation.cocolog-nifty.com/blog/2008/01/post_aed7.html

これまでの話の中で雪の形の謎は大体解けたものの、子供たちの

次なる疑問は雪の色についてでした。

「どうして雪は白いんだろうね?」

「氷だって水からできてるのに、氷は透明だよね?」

なんて話しています。

子供たちと図鑑の「科学館」を見たり、Science Window 5月号

色の特集を見たりしながら、まずは

「色って何?」

というところから始めてみました。

21世紀こども百科 科学館 Book 21世紀こども百科 科学館

販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そして

「雪はどうして白いんだろう?」

という疑問について、子供たちはこんな予想を立てましたよ。

 

とうめいな部分光をうまく通しているけど白い部分光を

 はね返しているんだと思う。

 とうめいなところは氷ににている。

 氷は水の結晶だから、水のつぶが規則正しく並んでて

 すき間が多いんじゃないのかな?

 だから光を通すんじゃないかな。

 白いところは、いくつもの結晶があちこちからくっついて

 光が通らなくなってはね返してるんだと思う。」

 

そしてこの疑問と予想を”かがくナビ””ナビかきこ”

私が代筆したところ、富山大学理学部で雪や氷の研究を

しておられる対馬先生から、かがくナビを通してお返事を頂きました。

これには子供たちも大喜びでした!

(かがくナビ スタッフの皆様 ありがとうございます!)

Webサイトとの関係は一方通行になりがちだと思っていた私ですが、

このように利用できると、子供たちも自分の疑問を整理して対話しながら

考えることができそうですよね。

どんなお返事が来たのかは”ナビかきこ”を覗いてみて下さいね♪

「かがくナビ」

http://www.kagakunavi.jp/

「ナビかきこ」 雪の結晶

http://www.kagakunavi.jp/community/bbs/show/53

< Science Window 2月号 >

Hyousi0802

 

 

 

 

 

「Science Window 2月号]  ダウンロードはこちら↓

http://www.jst.go.jp/rikai/sciencewindow/

 

|

« 『親子で歩いた上海 ~なんだかちょっと違う?~』 | トップページ | 『教室日記 小学生算数 線を引こう』 »

コメント

素敵な対話を読ませていただきました。大学の先生からお返事がいただけるなんて、子供達は本当に喜んだことでしょうね。
そういえば、本当に色のついた雪も降るところがあるようですよ。
それに、氷河などの割れ目は、青く見えたりとか。水にかかわることでも不思議なことがたくさんありますよね。

投稿: つばさ&すばるママ | 2008年2月18日 (月) 21時46分

ちょうど娘に、ガラスのカットした面はなぜ白いの?
って聞かれていたんです!!! なんてタイミングでしょう~
それにしてもYasukoさんの教室に通われている子どもたち、
こんな風に仮説を立てられるなんて、素晴らしいです!
こうやって、相談できる科学ナビも素晴らしいですね。
教室がお近くだったら、ぜひ行きたいんですが・・・
さて、ご報告が遅れましたが、
白川静記念東洋文字文化研究所のイベント行って参りました。
北野天満宮を歩きながら、「神」にまつわる漢字を学びました。
「申」が、古代の人が神様だと思ったカミナリの形、
「ネ(示)」は、神様にお供え物をする台の形、
「右」「左」「尋」のこと、鈴の形からできた「楽」など、
甲骨文字、金文のコピー、
実際に神社にあるものを見ながら説明してくださいました。
子ども(小二)もとても楽しかったようで、
3,4,5月、また出掛ける(今度は違うアプローチで別の漢字)予定です。

投稿: あまがえる | 2008年2月19日 (火) 14時33分

★つばさ&すばるママ★
 
ええ~!
色のついた雪も降るんですか?snow
見たいな~
どんな色なんでしょうね?
つばさ&すばるママがおっしゃるように”水”一つをとっても本当に
面白いですよね。
そうそう、子供たちは対馬先生からお返事を頂いて大喜びでした!

投稿: Yasuko | 2008年2月20日 (水) 19時38分

★あまがえるさん★
 
うわ~なんてタイミングでしょう!
子供たちと”かがくナビ”に来る方たちとのやりとりが少しでも
お役に立てたのならとっても嬉しいですhappy01
実は、色んな専門家に聞いた結果、子供たちの疑問を聞いてあげる
のはもちろん、疑問を子供たちに整理させるということが大切だと
いうことが分かりました。
整理できると仮説も立てられるし、少しずつ前に進むことができます
よね!
あまがえるさんも是非”かがくナビ”を利用してみてくださいね!
 
東洋文字文化研究所のイベント行かれたのですね!
あまがえるさんのお話はとても興味深いです。
そうそう、漢字には”祭事”に関係するものを表したものが結構あり
ますよね。
面白いですね~!

投稿: Yasuko | 2008年2月20日 (水) 19時51分

yasuko様、緊急のお知らせです。
娘にブログの存在が分かってしまい、突然のブログ閉鎖になりました。
お断りもなく、申し訳ございません。

投稿: あかり | 2008年2月21日 (木) 22時57分

★あかりさん★
 
了解いたしました。
あかりさんとひかるさんにとって素晴らしい春がくるようお祈り
しています。

投稿: yasuko | 2008年2月25日 (月) 10時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/10598398

この記事へのトラックバック一覧です: 『教室日記 雪の色の不思議 ~ かがくナビ と Science Window ~』:

« 『親子で歩いた上海 ~なんだかちょっと違う?~』 | トップページ | 『教室日記 小学生算数 線を引こう』 »