« 『教室日記 小学生科学 やんばるの森の生き物たち』 | トップページ | 『小学生 外国語を学ぶ楽しさ』 »

『教室日記 小学生国語 立体的な鬼のお面作り』

教室日記 4年生、5年生 国語

1年半ほど前から自宅で学習教室を教室を開講しています。
教科は算数国語ですが、教科の境を意識しない深く学べる授業を
心がけています。
こどもたちが学ぶものに境界線なんてないですよね!
教室の様子をカテゴリー「教室日記」にまとめています。
是非ご覧下さい。
 

1月31日(木) 、2月1日(金) 鬼のお面を作ろう!

国語の授業では、漢字の起源、四字熟語を学び、文学の

読解をして、最後に子供たちが選んだ記事を読んでいます

 

四年生、五年生にもなると、学ぶ漢字の形も、意味も難しくなって

きます。

「義」という漢字はもともと上に、下にのこぎりを配置した

漢字で、古代中国の儀式では大切な羊を犠牲にしていたのだ

そうです。

外も内も全てを見せて犠牲とし、”欠陥のない”ことを示した

のだそうで”欠陥がない”ことから”正しい”という意味を持つように

なったのだと白川静先生は説明されています。

白川静さんに学ぶ 漢字は楽しい Book 白川静さんに学ぶ 漢字は楽しい

著者:小山 鉄郎,白川 静,文字文化研究所
販売元:共同通信社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

東洋文字文化研究所(白川静記念館)はこちら↓

http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/k-rsc/sio/index.html

 

この本には説明と一緒にイラストが載っていますが、これがなかなか・・・

イラストとはいえ、表現するものはかなりシビア!

中国のその当時の生活習慣、儀式など、漢字の中に様々な歴史を見ることが

できます。 

 

子供たちは四字熟語、読解問題なども終わり、今週は”節分”についての

記事を読みました。

日本の昔の人たちが季節と共に生きていたことがよくわかりますよね。

きっと肌で自然の恵みも、脅威も感じていたのでしょう。

 

そして最後に子供たちと鬼のお面を作りました。

今回利用したのはヤマハ発動機のサイトにあるペーパークラフトです。

ヤマハ発動機 ペーパークラフトはこちら↓

http://www.yamaha-motor.co.jp/entertainment/papercraft/index.html

 

鬼のお面も立体的で面白いのですが、こちらのサイトはバイクエンジンなどの

ペーパークラフト精密ですごいのです!

バイクはもちろん、季節のもの生き物たちとそのバリエーションの豊富さ

にはただただびっくりです。

一度覗いてみてくださいね。

 

子供たちは工作が大好きなので、黙々と切って組み立てていました。

 

< 鬼のお面製作中 >

*写真はクリックで拡大できます

080201

 

 

  

そして・・・

 

でっきあがり~!

 

080201_2

 

 

 

080201_3

 

 

 

なかなか迫力ありますよね!?

そして、すっかりお面が気に入ったたいがくんは、お面をつけたまま

自転車で帰ったのでした(汗)

色んな意味で心配だったので私もついていきましたよ~

いくらなんでもねぇ(笑)

|

« 『教室日記 小学生科学 やんばるの森の生き物たち』 | トップページ | 『小学生 外国語を学ぶ楽しさ』 »

コメント

鬼のお面、素敵ですね。
ご紹介頂いた、ヤマハ発動機のペーパークラフトを拝見させて頂きましたが、精密ですごいですね。

工作で遊びながら、立体図形の感覚を身に付ける。
素晴らしいです。
うちの娘も、こういうことで遊んでいたら、今頃、立体図形で苦しまなかったかも・・・と後悔しています。

いつも、励ましのコメント有難うございます。
感謝の気持ちでいっぱいです。

投稿: あかり | 2008年2月 2日 (土) 16時58分

★あかりさん★
 
やっぱり驚いてもらえました?
ヤマハ発動機のペーパークラフトは凄いですよね。
ペーパークラフトには平面から立体に作り上げる面白さと
驚きがあります。
子供たちも大好きです。

投稿: Yasuko | 2008年2月 3日 (日) 17時44分

ヤマハ発動機、すごいです!!!
こういうものが好きな男の子にはたまらないかも・・・
白川静さんのこの本、分かりやすくていいですね!
「道」とか、一度知ったら、忘れられない・・・(笑)
私もこの本が楽しくて「常用字解」買ってしまいました。
今度、この記念館のイベントに参加してきます♪

投稿: あまがえる | 2008年2月 4日 (月) 12時22分

★あまがえるさん★
 
ですよね~!
ペーパークラフトすごいですよね。
白川文字学の本を読むと漢字から色々なものを読み取ることが
できますよね。
我が家にはこの本のほかに白川先生の「成り立ちで知る漢字のおもしろ世界」という本があります。
あまがえるさん、イベントにも参加されるのですね。
是非参加された感想を教えて下さい!

投稿: yasuko | 2008年2月 5日 (火) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/10208366

この記事へのトラックバック一覧です: 『教室日記 小学生国語 立体的な鬼のお面作り』:

« 『教室日記 小学生科学 やんばるの森の生き物たち』 | トップページ | 『小学生 外国語を学ぶ楽しさ』 »