« 『教室日記 小学生算数 遊びながら立体図形をイメージする』  | トップページ | 『教室日記 小学生科学 雪の結晶』 »

『教室日記 かがくナビ と Science Window』

教室日記 1年生算数 雪の結晶

1年半ほど前から自宅で学習教室を教室を開講しています。
教科は算数と国語ですが、教科の境を意識しない深く学べる授業を
心がけています。
こどもたちが学ぶものに境界線なんてないですよね!
教室の様子をカテゴリー「教室日記」にまとめています。
是非ご覧下さい。
 

1月16日(水) 

算数の授業は「計算術」のトレーニングと「数の概念」を学ぶ二本立てです。

「算数きら~い!」

と言っていたりなちゃんも、最近は計算がとっても速くなりました。

ももかちゃんもお兄ちゃんが練習している九九を一緒に覚えたらしく

二人とも頑張っていますよ。

コツコツ努力すればちゃんと結果につながりますよね。

今日は計算のタイム測定が終わった後にScience Window

2月号を見ました。

Science Window科学技術振興機構が発行している月刊誌です。

私のように科学が専門ではなかった人でも、読んでいくうちに自然の

神秘や不思議を感じることができる楽しい雑誌です。

どなたでも無料でダウンロードすることができます。

2月号の特集は雪。

雪の結晶って不思議で美しいですよね。

表紙の写真に子供たちとうっとりしてしまいました。

< Science Window 2月号 >

Hyousi0802

 

 

 

 

 

「Science Window 2月号]  ダウンロードはこちら↓

http://www.jst.go.jp/rikai/sciencewindow/

 

ももかちゃんとりなちゃんは、美しい雪の結晶を見ながら

「お姫様の冠みたいだね~」

と話していました。

そして二人から出た疑問は・・・

「雪の結晶はどうして六角形になるんだろう?」

でした。

前にも利用させてもらった”かがくナビ”の掲示板”ナビかきこ”に私が

代理で質問を書くことにしました。

きっと来週の教室でもまた雪の結晶が話題になることでしょう。

「かがくナビ」

http://www.kagakunavi.jp/

 

 

|

« 『教室日記 小学生算数 遊びながら立体図形をイメージする』  | トップページ | 『教室日記 小学生科学 雪の結晶』 »

コメント

今朝は、関東でも積雪が予想されていましたが、結果的には当地では降らなかったようです。
子供達は、少しがっかりしたようですが、多忙な私はほっとしました。
雪の結晶は魅力的ですね。そして、Science Windowも面白かったです。
今は家庭実験は封印中ですが、もう少ししたらもりもりやりたいと思っています。つばさも、すばるも、それを楽しみにしていますから。
yasuko様のお教室で、このあと雪の話題がどのように展開していくか楽しみです。

投稿: つばさ&すばるママ | 2008年1月21日 (月) 18時34分

★つばさ&すばるママ★
 
今日はとうとう雪ですね。
息子たちは嬉しそうに登校していきました。
タイムリーに昨日雪の結晶についての授業をしたので、今日来る
子供たちとは雪を観察してみようと思ってます。
つばさ&すばるご一家の家庭実験の封印が解ける日を私も楽しみに
しています♪

投稿: yasuko | 2008年1月23日 (水) 12時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/9953361

この記事へのトラックバック一覧です: 『教室日記 かがくナビ と Science Window』:

« 『教室日記 小学生算数 遊びながら立体図形をイメージする』  | トップページ | 『教室日記 小学生科学 雪の結晶』 »