« 『小学生科学 親子で利用する"かがくナビ"』 | トップページ | 『科学じゃなくても役立つ科学的思考』 »

『教室日記 小学生国語 読書から学ぶもの』

教室日記 4年生、5年生 国語

1年半ほど前から自宅で学習教室を教室を開講しています。
教科は算数国語ですが、教科の境を意識しない深く学べる授業を
心がけています。
こどもたちが学ぶものに境界線なんてないですよね!
教室の様子をカテゴリー「教室日記」にまとめています。
是非ご覧下さい。
 

12月14日(金) 読書で自分を見つける

国語の授業では、漢字の起源、四字熟語を学び、文学の

読解をして、最後に子供たちが選んだ記事を読んでいます

読解ではイッキに読める名作選を教材として使っているのですが

5年生が読んでいるのは「人の作り方を教えた鬼」という選集抄

現代語に作り直したものです。

内容は西行が鬼から”人の作り方”を教わり、安易な気持ちで人間を

作ってしまうというもの。

結局はちゃんとした人間はできず、生まれてきたできそこないの生き物は

結局哀れに息絶えてしまいます。

イッキに読める名作選を編集されている斉藤孝先生もおっしゃって

いますが、人間が生命を操るということについて考えさせられる物語です。

人間が動物のクローンを造ったり、遺伝子を組み替えたりしている

という話は、小学生の子供たちにはピンとこないのだと思います。

ノーベル文学賞を受賞された大江健三郎氏は中学生との対談の中で

「小説家は具体的な言葉の中で考えていく」とおっしゃっていますが、

本を読むと言うことは具体的な言葉思想文化歴史を体験する

ことなのでしょう。

またノーベル物理学賞を受賞された江崎玲於奈博士は、「本を読むことで

さまざまな人間像、美醜、勤惰、喜怒哀楽に接し、自我を見つけることが

できる」ということをおっしゃっています。

 

子供たちもたくさんの本に出会って色んな体験をして、そして

自分を発見してほしいなぁと思うのです。

天分を見つけて将来の夢が見つかればいいなと。

|

« 『小学生科学 親子で利用する"かがくナビ"』 | トップページ | 『科学じゃなくても役立つ科学的思考』 »

コメント

勉強・TV・ゲーム・新聞・本・漫画・雑誌…様々な、膨大な情報の前に、自分で考える事を忘れているのは大人も子供も同じですが、何か一つのものに向き合って、疑問を持って考える場面を増やしてあげなくてはと、記事を読んであらためて思いました。
yasukoさんの授業は 収縮と拡散、思考と体験 のバランスがあっていいですね~。

投稿: silky | 2007年12月21日 (金) 10時18分

★Silkyさん★
 
まだまだ教室のカリキュラムについては検討が必要なのですが、
Silkyさんが下さったこのコメントは嬉しいですし励みになります。
私たちの教室では学びの範囲を”人生”としてるので、子供たちに
願うことは、自分の天分を知りその能力を社会に生かしてほしい
ということです。
アメリカでは”天分を知る”ということを小学生のうちから教育される
のだそうです。
日本では肌の色、髪の色など見かけが似ている人間が集まって
いるので"人との違いを知る”という機会には恵まれていませんよね。
自分がOnlyOneだと知ることはとても大切なことのように思います。

投稿: yasuko | 2007年12月21日 (金) 14時22分

本を読んで気付く事、学ぶ事は、たくさんありますよね。。。。yasukoさんからはたくさん素敵な本やテキストを教えていただきましたよ。有難うございます☆
以前教えていただいた寓話セラピーは途中まで読んで予約まちの方がいたので返却してしまいましたが、面白かったです。寓話セラピーより易しいもので、「おはなしのくすりばこ」という本を買った事があります(3年前、セイカツクラブ生協の「本の花束」というカタログで紹介されていました)寓話セラピーと似ていたな〜と思いました。おはなしが短くて、小さい子どものいるお母さん向けと思います。
寓話セラピーは、ムスメがもっと大きくなったら、彼女にもすすめたいです。♪

投稿: ミサブレ | 2007年12月25日 (火) 08時27分

★ミサブレさん★
 
ミサブレさん、いつも暖かいコメントありがとうございます。
ヒトは経験を書き残し次世代に知恵を受け継ぐことができる生き物
ですよね。
失敗や成功などの経験を受け継ぐことができるというのはきっと
すごいことなのだと思います。
そして私もミサブレさんのブログから色んなことを学んでます!
ミサブレさんのムスメちゃんとのやりとり、いつも素敵ですよね♪

投稿: yasuko | 2007年12月28日 (金) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/9482446

この記事へのトラックバック一覧です: 『教室日記 小学生国語 読書から学ぶもの』:

« 『小学生科学 親子で利用する"かがくナビ"』 | トップページ | 『科学じゃなくても役立つ科学的思考』 »