« 『教室日記 小学生算数 ハロウィンで学ぶ外国』 | トップページ | 『小学生 科学 ふわふわ羊毛の不思議』 »

『教室日記 小学生国語 チョコレートに見るベルギー』

教室日記 2年生、4年生、5年生 国語

1年半ほど前から自宅で学習教室を教室を開講しています。
教科は算数国語ですが、教科の境を意識しない深く学べる授業を
心がけています。
こどもたちが学ぶものに境界線なんてないですよね!
教室の様子をカテゴリー「教室日記」にまとめています。
是非ご覧下さい。
 

11月1日(木)、2日(金) お菓子に見える文化と歴史

国語の授業では、漢字の起源、四字熟語を学び、文学の読解をして、

最後に子供たちが選んだ記事を読んでいます

今週は4年生のかずきくんが選んだ「ベルギー王国」についての記事を

読みました。

ベルギーには王様がいること、そしておとぎの国に出てきそうなお城の存在は

子供たちにとっても驚きだったようです。

中世のお城はいかにも「お城」らしいのですが、子供たちの中はお城の存在を

おとぎ話の中だけの空想のものと思っていた子もいました。

< 木曜日2年生クラス >

*写真はクリックで拡大できます

1101grade2

 

 

 

 

子供たちは地球儀が大好きです。

思わず身をのりだしてしまうみたいで・・・ 

 

< 木曜日4年生クラス >

1101grade4

 

 

 

 

あ・・え~っと・・・

そんなに近づかなくても!

 

ベルギーはフランス、ドイツ、オランダに囲まれています。

公用語もフランス語、ドイツ語、オランダ語の三ヶ国語。

そんな話をしていると、

「そんなに色んな国の言葉が話せるなんてすごいよね~!」

としきりに感心する子供たち。

「全ての人が3ヶ国語を話しているわけではなくて、一つの国に

色んな言葉を話す人たちがいるってことだよ。」

と説明します。

それに比べて日本の公用語は日本語一つ。

「よかった~一つで。」

と、なんだかほっとしている子供もいて笑ってしまいます。

話のついでに、「ドイツ・オランダの文字と言葉」 という本も見てみます。

 

ドイツ・オランダの文字と言葉 (世界の文字と言葉入門) Book ドイツ・オランダの文字と言葉 (世界の文字と言葉入門)

著者:成田 節
販売元:小峰書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

この本は私が図書館から借りて準備しておいたものなのですが、世界の文字と

言葉が載っているので子供たちと一緒に比べてみました。

「ドイツ語とノルウェー語ってなんだか似てるね~!」

と言う子供たち。

こうやって見てみると日本語は仲間はずれですよね。

 

そして最後にはベルギーのお国柄が分かるものを用意していました。

それは・・・

ベルギーチョコレートです!

ハロウィンに続いてまたまた食べ物ですが、子供たちに見せたかったのは

そのパッケージ。

 

< 会社名コートドールはフランス語 >

1101choco2 

 

 

 

 

 

社名になっている「コートドール(黄金海岸)」は現在のガーナにある

のだそうですが、アフリカ大陸にあるのにフランス語の地名です。

どうしてだろうね? という話も子供たちとしましたよ。

 

そして、箱の裏側を見てみると・・・

 

< 4ヶ国語で書かれた材料名 >

1101choco1_2  

 

 

 

 

上からフランス語、オランダ語、英語、ドイツ語。

子供たちと成分の「牛乳」を取り上げてみて

 

Lait フランス語

Melk オランダ語

Milk  英語

Milch ドイツ語

 

と比べてみました。

牛乳の場合、フランス語以外の単語は似てますよね~!

 

でもいつまでもパッケージだけを見ていてもね・・・

というわけで、最後はみんなで美味しくベルギーチョコレートを頂きました。

さすがは王室御用達のコートドール。

子供たちも

「美味しい!」

と満面の笑みでした。

 

|

« 『教室日記 小学生算数 ハロウィンで学ぶ外国』 | トップページ | 『小学生 科学 ふわふわ羊毛の不思議』 »

コメント

こういう授業もありなんですね~。
外国食品の成分表に数ヶ国語使われているのを見て一人で面白がっていましたが、子ども達と一緒に見るとは思いつきませんでした。

一緒にチョコレート付きの授業の様子を読んでいた息子が羨ましそうにしていましたよ。(*^_^*)

投稿: silky | 2007年11月 5日 (月) 20時21分

★Silkyさん★
 
身の周りのものってなんでも教材になりますよね~!
今回は子供たちに一つの国の中にも色々な民族がいたり言葉が
あったりするってことを知ってほしかったのでチョコレートを使って
みました。
もしかすると子供たちは「美味しかった~」しか覚えていないかも
しれませんが・・・

投稿: yasuko | 2007年11月 6日 (火) 09時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/8750914

この記事へのトラックバック一覧です: 『教室日記 小学生国語 チョコレートに見るベルギー』:

« 『教室日記 小学生算数 ハロウィンで学ぶ外国』 | トップページ | 『小学生 科学 ふわふわ羊毛の不思議』 »