« 『教室日記 小学生国語 琉球王国』 | トップページ | 『教室日記 小学生算数 ハロウィンで学ぶ外国』 »

『小学生 科学 国立天文台特別公開日」

三鷹 国立天文台特別公開日

10月28日(日)三鷹にある国立天文台の特別公開日でした。

こうき(長男 小4)の希望で、雨だったのですが家族で出かけてきました。

つくば宇宙センター特別公開日と同様に、各研究等でスタンプラリー

クイズなど色々なイベントが行われます。

それぞれの研究室で、研究内容を見学者に分かりやすく伝えられるような

趣向をこらしたイベントや資料が用意されています。

 

息子二人も銀河探しクイズや、彗星を作る実験などに参加して楽しんで

いました。

< 彗星を作る実験 >

*写真はクリックで拡大できます

1027suiseikoki30  

 

 

 

 

泥水を作って、その中に少量のアンモニアを入れ(本物も成分にアンモニアが

含まれるのだそうです)、最後にドライアイスを入れると・・・

 

うわ~~!

すごい煙が・・・

 

煙に負けず固まっていく泥水を丸めていきます。

なんとか固めると・・・

 

完成!

< 彗星 >

1027suisei2koki30  

 

 

 

 

 

息子たちがいうにはゴム手袋をしていてもとても冷たかったんだそうです。

近くでみてみると・・・

う~ん、ほうき星は遠くで見たほうが美しいかも・・・

 

今回色々と見た中でも私が面白いと思ったのが、現在進行中のALMA

プロジェクトでした。

南米チリアタカマ砂漠に日本、アメリカ、ヨーロッパなどが協力して

大型の望遠鏡を作っているのです。

望遠鏡といっても、私たちがよく知る望遠鏡のように”光”を捉えて

観測するのではなく、見えない電磁波を観測をするのです。

ALMAの完成図を見ると素人の私の目には巨大パラボラアンテナの集まりに

見えます(笑) 

< ALMA完成予想図 >

ALMAの予想完成図 80台のアンテナのうち、口径12mのアンテナ64台のみが描かれている。

 

 

”見る”というと”光(色)”をみることだと思っていた私には、人間の視覚では

捕らえられない”電磁波で見る”世界はとても不思議です。

 

今回は雨で人も少なかったのですが、研究員の方々から丁寧に説明して

頂きそれぞれの研究室でお土産をたくさん頂きました。

子供たちも楽しかったようです。

こうきの感想は

「今度は晴れたときにまた来たいね。」

でした。

そうだね、みんなでまた来よう!

|

« 『教室日記 小学生国語 琉球王国』 | トップページ | 『教室日記 小学生算数 ハロウィンで学ぶ外国』 »

コメント

特別公開は、日曜日でうかがえませんでしたが、こうしてyasukoさんから写真つきのニュースをいただき、ありがとうございます!
彗星を作る実験は、面白そうですね。
また、うちも参加したいと思っています。
星は、宇宙は、どこまでも夢がひろがって、すてきです。果てしなく、憧れます!

投稿: ミサブレ | 2007年10月29日 (月) 22時06分

★ミサブレさん★
 
国立天文台は前にミサブレサンも行かれてましたよね!
宇宙への夢と、研究者の熱意の伝わってくる楽しい場所でした。
大雨でところどころ敷地内が冠水してましたけど・・・

投稿: yasuko | 2007年11月 1日 (木) 10時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/8666734

この記事へのトラックバック一覧です: 『小学生 科学 国立天文台特別公開日」:

« 『教室日記 小学生国語 琉球王国』 | トップページ | 『教室日記 小学生算数 ハロウィンで学ぶ外国』 »