« 『教室日記 小学生国語 メモを利用して作文する』 | トップページ | 『教室日記 小学生国語 敬老の日の手紙とプレゼント』 »

『教室日記 小学生国語 小学生が読む古典』

教室日記 4年生 国語

1年半ほど前から自宅で学習教室を教室を開講しています。
教科は算数国語ですが、教科の境を意識しない深く学べる授業を
心がけています。
こどもたちが学ぶものに境界線なんてないですよね!
教室の様子をカテゴリー「教室日記」にまとめています。
是非ご覧下さい。
 

9月7日(金) 同じ日本語なのに・・・ 
 

4年生の国語の授業では、字の起源、四字熟語を学び、文学の

読解をして、最後に子供たちが選んだ記事を読んでいます

読解ではイッキに読める名作選を教材として使っているのですが

今日読んだのは清少納言枕草子でした。

子供たちと一緒に、1000年も前に作られたこの文章について思いを馳せて

みました。

もちろんいつものように年表もみます。

タイムトラベル日本歴史カード (ソシオ・スコープ)

 

 

「へぇ。平安時代って言うんだね。」

と、たいがくん。

でも1000年前という時は、この世に生を受けて10年経つか経たないかの

子供たちには想像するのが難しいようでした。

4年生なので、古典文法には特には触れず、文節の区切りを説明して

すらすら読めるように頑張りましたよ。

が、これがなかなか難しい・・・

来週も頑張ってみます!

今日読んだ「虫は」の段に出てきた葉月から発展して、昔の月の呼び名

説明しました。

そして、ひとまず自分の誕生月を覚えた子供たち。

「ぼくは師走だ!」

とか

「ぼくは弥生だって~!」

という声が聞こえてきます。

最後に子供たちに古文についての感想を聞いてみると

「同じ日本語なのに、ぜんぜん読めないよ~。」

でした。

来週はもう少し資料を使って、1000年前の人々の暮らしを

想像してみる予定です。

|

« 『教室日記 小学生国語 メモを利用して作文する』 | トップページ | 『教室日記 小学生国語 敬老の日の手紙とプレゼント』 »

コメント

年表を見ながら枕草子、たのしそうです。早くから音やエピソードで親しんでいると、古文も苦ではなくなりますよね。確かに。。。同じ日本語なのに読めません〜ン!トラベルカードは、お兄さんのお下がりで持っている子がムスメの同級生にいます、歴史の勉強に重宝しているようですよ。

投稿: ミサブレ | 2007年9月10日 (月) 08時54分

★ミサブレさん★
 
年表と地図は手元にあるといいですよね。
枕草子には今日も悪戦苦闘していました・・・
でも、こんな時代もあったんだな~ってことぐらいは感じてくれた
ようです。

投稿: yasuko | 2007年9月11日 (火) 00時27分

古典文学を音読するのは面白そうですね。
「同じ日本語なのに読めないよ~」には笑えたけど同感です。
歴史カードって、使いやすいのですか?古典も歴史も私自信が苦手だから、子どもと一緒に勉強しなおさなくては…。

投稿: silky | 2007年9月11日 (火) 09時11分

★Silkyさん★
 
この本のタイトルは「歴史カード」なんですが、半分は年表と資料です。
教室ではカードは使っていなくて、年表と資料を見ています。
CDもついていますが、資料を朗読しているだけなので、まるで子守唄です(^^)
でも何を調べていっても歴史とか地理とかを知らなくては理解でき
ないので年表は手元にあるといいと思いますよ!

投稿: yasuko | 2007年9月12日 (水) 17時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/7848227

この記事へのトラックバック一覧です: 『教室日記 小学生国語 小学生が読む古典』:

« 『教室日記 小学生国語 メモを利用して作文する』 | トップページ | 『教室日記 小学生国語 敬老の日の手紙とプレゼント』 »