« 『小学生 夏休み 航空宇宙工学教室』 | トップページ | 『小学生 夏休み 航空宇宙工学教室 二日目」 »

『小学生 夏休み 航空宇宙工学教室 一日目」

夏休みのイベント 航空宇宙工学教室2007 一日目

8月2日、3日の二日間に渡って、東京大学本郷キャンパス

航空宇宙工学教室が開催されています。

今日はその一日目でした。

一日目の今日は、午前中にゴム動力模型飛行機の製作、

そして午後にはペットボトルを三本使って作るロケットの製作をしました。

まず午前中は模型飛行機を作ります。

NHK教育テレビサイエンスZEROに出演されている鈴木真二先生

(大学院教授)と10人ぐらいの大学院生が直接子供たちの指導をして

下さいました。

製作に入る前に、飛行の仕組みや、飛行機はどのようにしてバランスを

とっているのかなど、興味深い話が聞けましたよ。

さあ、その後はいよいよ模型飛行機を作ります!

 

< 鈴木真二先生に指導してもらう子供たち >

*画像はクリックで拡大できます

0803setumeik

 

 

 

模型飛行機のキットを使って飛行機を製作します。

< 模型飛行機のキット >

0803hikokizairyo  

 

 

この模型飛行機は主翼の位置を自由に動かすことができるので

どの位置が一番安定して長く飛ぶのか、自分たちで考えながら

飛ばすことができます。

子供たちは驚くべき集中力で黙々と2時間も作業を続け、最後に主翼に

傾きをつけて本体に取り付けると、かっこいい飛行機の完成です。

 

< プロペラを回してみる子供たち >

0803properak

 

 

 

「やった~できた~!」

と喜ぶ子供たちですが、残念ながら今日はまだ飛行実験はしません。

明日のお楽しみです。

そして、昼食をとった後は、ペットボトルロケットの製作に

とりかかります。

なかなか忙しい一日です!

 

ペットボトルロケットも作る前には、ロケットの飛ぶ仕組みについての

説明がありました。

大学院生が作ったという、ペットボトルの推進力測定機!?

使って、ペットボトルの中の圧力と推進力の関係が時間の経過で

どう変化するかをデータで見せて頂きました。

前にスクリーンには測定機と連動して取得したデータが表示されて

いました。

 

< 手作りの測定機! >

0803sokuteiki

 

 

 

< 推進力のデータ表示 >

0803suisinryoku  

 

 

そして午後もまた黙々と2時間。

でも子供たちは楽しそうでした。

「自分一人で作りたい!」

と言うあきら(次男 二年生)。

頑張りましたよ~!

< ロケットを製作中 >

0803roketto2k

 

 

 

さあ、明日の飛行実験が楽しみです!

|

« 『小学生 夏休み 航空宇宙工学教室』 | トップページ | 『小学生 夏休み 航空宇宙工学教室 二日目」 »

コメント

お帰りなさい!今度は本郷キャンパスなんですね!
キットはシンプルですね。エッセンスだけで実験するのは良いですね。ちょっとした微調整で結果が変わって来ることを、体で体験できるのですね。よく考える頭とよく働く手。この二つをおさめる良い心。バランス良くぐんぐん伸びている子どもたちの気配を感じるようです!

投稿: ミサブレ | 2007年8月 3日 (金) 08時04分

自分でバランスを取る一点を見つける集中力が子どもにもあるのですね。
以前“○○飛行機を作ろう”という企画があった時、出来上がった飛行機が上手く飛ぶように、指導の方が黙って調整して下さったものを手渡されました。おまつりのイベントのようなものでしたので、航空宇宙工学教室とでは比較にならないとは思いますが、子どもの能力を侮っているパターンをよくめにするので、もっと彼らを認めてあげる社会が育ってほしいと感じました。
実験が楽しみですね。

投稿: silky | 2007年8月 4日 (土) 04時06分

★ミサブレさん★
 
う~ん、さすがミサブレさん!
シュタイナーの考え方ですよね。
人として、幸せに生きるためにもバランスは大事だと思います。
そして環境を提供するのは親の役目なのでしょうが、結構大変です・・・

投稿: yasuko | 2007年8月 4日 (土) 12時35分

★Silkyさん★
 
とても鋭いご指摘ですね!
実は今回の教室も、飛ばなかったときにどうするか?というところに時間があまり費やせず、ちょっと残念でした。
我が家は意識的にトライ&エラーを子供と体験して、専門家のアドバイスを聞くという形にしていましたが、大学院生がささっと直して飛ばしてしまう、という光景も見られました。
小学生を相手にすることに、大学側が慣れていないようにも思えました。
とはいえ、そのほかにはたくさん興味深いことを教えていただいたので、スタッフの方々には感謝の気持ちで一杯です。

投稿: yasuko | 2007年8月 4日 (土) 12時39分

私、自分の記事には書かなかったンですが、ストップおんだん館で、子どもから発言を引き出してあげられない場面もあって、むずかしいものだなと思いました。
プロセスを大事にするか、とりあえず結果を体験させるか、目的をどう取るか、だと思いますが、時間の制約あり、参加者の希望あり、で、色々ですね。yasukoさんのように、企画におまかせでなく意識的に参加できると、主催者も参加者のニーズがわかりやすく、良いですね。

投稿: ミサブレ | 2007年8月 7日 (火) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/7389686

この記事へのトラックバック一覧です: 『小学生 夏休み 航空宇宙工学教室 一日目」:

« 『小学生 夏休み 航空宇宙工学教室』 | トップページ | 『小学生 夏休み 航空宇宙工学教室 二日目」 »