« 『小学生 夏休み 航空宇宙工学教室 二日目」 | トップページ | 『小学生 夏休み ホールアース自然学校のキャンプ』 »

『教室日記 小学生算数 紙飛行機』

教室日記 4年生算数

1年ほど前から自宅で学習教室を教室を開講しています。
教科は算数と国語ですが、教科の境を意識しない深く学べる授業を
心がけています。
こどもたちが学ぶものに境界線なんてないですよね!
教室の様子をカテゴリー「教室日記」にまとめています。
是非ご覧下さい。
 

8月7日(火) やっぱり最後は工作でした

算数の授業は毎回「計算術」のトレーニングから始まります。

その後に「数の概念」の学習へと進みます。
 
「数の概念」では色々な「単位」を取り上げ「どうしてその単位が必要だったのか」

「単位の基準はどうやって決めたのか」ということを子供たちと調べたり

考えたりします。 

この日に授業を受けたたいがくんとちひろくんは8月8日から

ホールアース自然学校のキャンプへ行く予定だったので、

ドリル演習を終えたら少し早めに授業を終わろうと思って

たのですが・・・

「今日はこのくらいにしておこうか?」

と声をかけてみると

「ええ~~!? 今日は何か作らないの?」

と二人がいいます。

なんだか、やっぱりこのままでは終われない様子・・・

ちひろくんに

「模型飛行機を飛ばしてきたばかりだけど、紙ひこうきを

 作ってみる?」

と提案してみます。

「やった~!」

と二人は大喜び。

東京大学8月2日、3日で開催された航空宇宙工学教室

一緒にいったちひろくんは、この日もまた飛行機の製作となりました。

でも今回作るのは手軽な紙飛行機。

前にもみんなで作ったことがあるので、子供たちはてきぱきと

飛行機の形にしていきます。

 
< 夢中で紙飛行機を折る子供たち >

*画像はクリックで拡大できます
 
0807kamihikoki  
 
 
 
 
 
 

 
折っては飛ばし、飛ばしてはまた手直しをして折って・・・

そうしているうちに、旋回したり、宙返りしたりと、色んな飛び方をする

紙飛行機が完成していきます。

参考にしたのは、「紙飛行機を飛ばそう」という本でした。

Book 紙飛行機を飛ばそう

著者:吉田 辰男
販売元:さ・え・ら書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

この本には紙飛行機の作り方だけでなく、飛行機はなぜ飛ぶのか?とか

飛ばない場合の手直しをしていくのかなどについても説明がしてあります。

また私たちが航空宇宙工学教室で学んだように、揚力と重心の関係を

調整しながら、安定して飛行機が飛ぶようにしていく、という方法も

書かれていました。

航空宇宙工学教室で色々なことを学んできたひろくんは、紙飛行機に

クリップでおもりをつけたりしながら、順調に調整していきます。

たいがくんも、ユニークな形の、紙飛行機を作りました。

子供たちは何か作ることが好きですよね。

でも、翌日からキャンプなので、早く帰さなくては・・・と焦るわたし・・・

そんなことお構いなしの子供たちは、結局いつもよりも遅く帰ることになって

しまったのでした。

キャンプの準備は大丈夫だったのかしら? 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

|

« 『小学生 夏休み 航空宇宙工学教室 二日目」 | トップページ | 『小学生 夏休み ホールアース自然学校のキャンプ』 »

コメント

紙飛行機!!楽しいですよね。男の子はホント紙飛行機がだいすきですよね。大人の心配をよそに熱中していつもよりも時間オーバー、嬉しい悲鳴ですね。
我が家のつばさも、すばるも、紙飛行機は大好きです。学校でも雨の日の休み時間にはよく紙飛行機を作っているようです。
そういえばつばさが幼稚園の頃、折り紙の本に”複葉機”があり、折ってやる約束をしたばっかりに、深夜まで格闘したことがありました。たった一機折るのに3~4時間ほどかかってしまったのです。
翌朝、つばさの嬉しそうな笑顔を見て救われましたが、幼いすばるに飛行機は握りつぶされ、あわれ・・・・・・・。

投稿: つばさ&すばるママ | 2007年8月 9日 (木) 19時56分

★つばさ&すばるママ★
 
つばさくん、すばるくんも紙飛行機がすきなんですね!
揚力を捕まえられた時の、あの滑るように飛ぶ姿が好きで、ついつい見とれてしまう私です♪
折り紙で複葉機って作れるんですか!?
そしてそれを深夜まで折っていたつばさ&すばるママはすごいですね~!
そしてすばるくんがぐしゃりと・・・
きっとおさないすばるくんにも魅力的だったのでしょう(^^)

投稿: yasuko | 2007年8月10日 (金) 09時15分

こんばんは!
紙飛行機で思い切り楽しんだ後のキャンプは、いっそう楽しくスタートできたのではないでしょうか!
頭を使ってお勉強した後に、手先を使って考えながら飛行機を折る。。。なんて、いいですね!

投稿: ミサブレ | 2007年8月13日 (月) 22時14分

★ミサブレさん★

手を使うってとても大事ですよね。
シュタイナーでは自分の手が世の中のために役に立つということを体感させるカリキュラムが組まれていますよね。
日本の子供たちが「自分には価値がない」と思いがちなのは、手を使って役に立つ体験が少ないこともあるのかもしれません。

投稿: yasuko | 2007年8月20日 (月) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/7465077

この記事へのトラックバック一覧です: 『教室日記 小学生算数 紙飛行機』:

« 『小学生 夏休み 航空宇宙工学教室 二日目」 | トップページ | 『小学生 夏休み ホールアース自然学校のキャンプ』 »