« 『小学生工作 色・いろ・IRO』 | トップページ | 『小学生科学 元素に親しめるこんな教材』 »

『教室日記 小学生算数 かけ算が必要なわけ』

教室日記 2年生算数 かけ算

1年ほど前から自宅で学習教室を教室を開講しています。
教科は算数と国語ですが、教科の境を意識しない深く学べる授業を
心がけています。
こどもたちが学ぶものに境界線なんてないですよね!
教室の様子をカテゴリー「教室日記」にまとめています。
是非ご覧下さい。
 

6月26日(火) かえる数え競争!
  
授業は計算テストのタイム測定から始まります。
子供たちは、それぞれの進度に合わせて計算のトレーニングを進めています。
タイム測定の後は計算のドリル演習をし「数の概念」の学習へと進みます。
 
計算テストのあと、子供たちの希望で、学校よりは一足先にかけ算
学習をすることにしました。
 
「知りたい!」
 
と思っている時は学び時。
でも、ちゃんとその計算の意味を理解しておかないと、応用もきかないし
ぽっかり忘れて全く役に立たない・・・なんてことも起こります。
 
かけ算を人々が利用するようにになったのは、それが便利だったからなの
でしょう。

それは、今の教室で学んでいる色々な単位の話も同じ。
必要だから誰かが基準を決めた
ということは、必要だったら新しい基準を決めてもいいということです。
今の子供たちだって。

教室の国語で学んでいる漢字も、文字で情報を残す必要性から生まれた
わけで、起源を学べばもっと簡単に漢字を覚えられるのでしょう。

本来は「覚えやすい」ように作られているはずなのですから。

何事も起源を学ぶことは、ものごとを深く理解することにつながるの
かもしれません。
 
 
ここで、子供たちとゲームをします。
 
ルールは簡単。
 
テーブルに並べられたカエルのカードすばやく数え、一番に数えられたら
1ポイント! というもの。
 
さあ、はじめますよ~
 
< ウォーミングアップの問題 >

*画像はクリックで拡大できます
 
Kaeru5
 
 
 
 
 
「5ひきだ~!」
 
と全員が同時に答えます。
このくらいの数なら、一目でその数も分かります。
しばらくは、ウォーミングアップで簡単な問題を出します。
 
次に、カードの並べ方を変えます。
 
< グループに分けて並べたカエル >

Kaeru8
 
 
 
 
 
 
 
2ひきずつのグループに分けて、子供たちに数えさせます。
 
「え~っと、に~、し~、ろ~、・・・」
 
「8匹だ!」
 
とはやとくん。

「2匹ずつ数えると速いね~。」
 
と私が声をかけます。

 
だんだん難しくしていって、3匹ずつ、5匹ずつ、7匹ずつ・・・
と一つのグループの数を増やしていくと、子供たちは必死にたし算
考えます。
 
とうとう、たし算に疲れた子供たちが
 
「ねぇねぇ、これってかけ算の勉強じゃないじゃん!」
 
と言い出しました。
 
「さぁ、それはどうかな?」

 
と私。
 
< 8匹ずつグループになったカエル >

Kaeru32  
 
 
 
 
 

 
8匹ずつのカエルのグループが3つ並べられたテーブルを見て、すっかり計算に
疲れた子供たちを尻目に、私が
 
「24匹! 私が一番だね~!」
 
と言うと
 
「大人だからたし算が速いんじゃない?」
 
いうので、ここでネタばらし。
 
「カエルの数を数えるのに、みんながやったようにたし算で計算することは
 大正解。
 でも、グループ毎にまとめて数える方法があるんだよ。
 それが、かけ算。
 そして、その計算の結果をある程度覚えておけば、いちいちたし算しなくても
 簡単に答えが出せるんだよね。
 それが九九の表だよ。」

 
と説明します。
 
 「日本ではカエルが9匹ずつ9つのグループ(9×9)の答えまで覚えるん
  だけどインドやタイでは
19匹ずつ19のグループまで覚えるよ。
  そして、ここに来ている4年生は19×19まで覚えてるんだよ。」

 
というと
 
 「すっげ~!」
 
と子供たち。
 
二桁のかけ算暗記にはトクトクという本を使っています。

19×19 トクトク―日本人のアタマをもっとよくする2桁かけ算 Book 19×19 トクトク―日本人のアタマをもっとよくする2桁かけ算

著者:よこい やすし,COO
販売元:ワイプラス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 
 
子供たちには、改めて、かけ算の式の意味書き方を説明し、虹色の
かけ算九九の表をそれぞれに渡します。
この表にはそれぞれの子供の名前を印刷しておきました。
 
< かけ算九九の表 >

Kuku30  
 
 
 
 

 
初めてみる九九の表。
子供たちはじ~っと眺めていました。
 
「これを覚えたら、カエルの数を数える競争は一番になれるよ!」
 
と私がいうと
 
「うわ~覚えよ~っ!」
 
と子供たち。
 
しばらくは、まだかけ算の意味を繰り返し説明しながら、夏休みにかけて
ゆっくり九九の表も覚えてもらおうと思います。
 
かけ算の便利さ、少しは感じてくれたかな。

 

教材として使ったカエルのカードは

『風と樹と空と』 のイラストを利用させて頂きました。

http://kaze-sora.com/

|

« 『小学生工作 色・いろ・IRO』 | トップページ | 『小学生科学 元素に親しめるこんな教材』 »

コメント

突然申し訳ありません。
ブログ専門検索&コミュニティサイト「ぶろぐひろば」です。
http://bloghiroba.com/blog/
貴サイト様を拝見し、是非当サイトに参加いただきたいと思いコメントさせていただきました。
出来て一年たらずの未熟なサイトですが是非ご参加をご検討ください

投稿: ぶろぐひろば | 2007年7月 2日 (月) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/6989942

この記事へのトラックバック一覧です: 『教室日記 小学生算数 かけ算が必要なわけ』:

« 『小学生工作 色・いろ・IRO』 | トップページ | 『小学生科学 元素に親しめるこんな教材』 »