« 『小学生 夏休み 親子で過ごす時間』 | トップページ | 『教室日記 小学生算数 空気の対流実験装置作図中』 »

『小学生社会 楽しく覚える日本地図』

小学生地理 いつのまにか覚えちゃおう!都道府県名
 
教室に来ている四年生の子供たちは、学校の社会で都道府県名県庁所在地
覚える宿題が出たようです。
 
そういえば、昔苦労して覚えたよな~

 
と、のんきにふり返ってみたりしている私です。
 
うちの息子たちも、教室に来ている子供たちも、地図地球儀
見慣れているので、地理についてはみんな嫌いではなさそう。
 
教室で使っている地図帳「考える力がつく子ども地図帳」です。
教室では国語と算数の授業しかないのですが、国語のときも、算数

ときも、何かの話題で地名が出てくればこれを使って調べます。

考える力がつく子ども地図帳 〈日本〉 Book 考える力がつく子ども地図帳 〈日本〉

販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 
 
  
でも、都道府県名正確に覚えるとなると、なんとなく眺めている
だけでは難しいですよね~
 
実は学校から今回のような宿題が出る前から、教室に来ている四年生の
子供たちにはこんな方法を勧めていました。
 
ちょっとご紹介してみたいと思います。

 
 
まず、まだまだ覚える時間に余裕があるときは・・・
 

パズルをしながら日本地図に親しみます。
 
我が家にはくもん式のパズルがありますが、学研からも出ていますね。
 

楽しくお勉強シリーズ 木製 パズル日本地図 Toy 楽しくお勉強シリーズ 木製 パズル日本地図

販売元:学研
発売日:2002/02/05
Amazon.co.jpで詳細を確認する

くもんのNEW日本地図パズル Toy くもんのNEW日本地図パズル

販売元:くもん出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

 
そして、たまにはお風呂で地図を眺めてみるのも効果があります。
この方法の良いところは、勉強と思わないまま県名を覚えてしまう
ところです。

夏休みに帰省するおばあちゃんの家がある福岡県・・・

この前キャンプにいった静岡県・・・

というように、子供の記憶や感情に結び付けて説明すると効果的です。
 
くもん式のものも、学研のものも、お湯の熱で正解の県名が見える
仕組みになっているのでゲーム感覚で楽しめます。

 

おふろで旅する日本地図 Toy おふろで旅する日本地図

販売元:学研
Amazon.co.jpで詳細を確認する

  
 
と、ここまではのんびり眺めながら覚えていく教材ですよね。
 
ただ、このお風呂に貼るシリーズは、正解の都道府県名がひらがなで

書かれています。

(我が家にあるのは学研のもので、ひらがなで書かれてるのですが
 くもん式のは違うのかしら???)
 
でも、まずは都道府県名「音」で言えることが大事ですよね。
なので、最初はこれで良いのだと思っています。

 
次に、今回の学校の宿題のように、しっかり「暗記」が要求される時が
きたら、「徹底反復新社会プリント」を使って、きっちり漢字都道府県名
県庁所在地を覚えます。

徹底反復新社会プリント 地理・公民編―小学校3~6年 Book 徹底反復新社会プリント 地理・公民編―小学校3~6年

著者:陰山 英男
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

 
この陰山式のプリントは、四年生ではまだ習っていない漢字が盛りだくさん!?の
県名や県庁所在地名について、書き順も含めてきちんと練習することが
できます。
自分で書き順を調べて練習する手間を考えると、とてもお得な感じです!

 

地理でも、歴史でも、漢字でも、暗記をする時のポイントは、「覚えたつもり」

短期記憶から「ずっと使える知識」になる長期記憶に移す方法をその子供なりに

見つけておくことのようです。

詰め込むばかりの短期記憶ぽっかり忘れてしまうので、苦労した割に

使い物にならなかったりします・・・

短期記憶が置かれている海馬から長期記憶が置かれと言われている大脳皮質

記憶が移る過程は、実のところははっきり分からないのだそうです。

でも、喜怒哀楽とともに記憶すると、記憶を大脳皮質から呼び出す時の

手がかりが多くなるのだとか。

(Newton2007年2月号 脳のニューロンと記憶のしくみより)

ということなら、なんでも楽しく覚えたほうがいいってことですよね!

あ、「悲しく」でもいいんですけど・・・
 
 
さて、こうやって、都道府県名や県庁所在地を覚えたら、さらに踏み込んだ

日本地理を・・・となるわけですが、それも楽しい方法があるので、また
ご紹介したいと思います。 
 

|

« 『小学生 夏休み 親子で過ごす時間』 | トップページ | 『教室日記 小学生算数 空気の対流実験装置作図中』 »

コメント

おお〜!社会科教材のご紹介を有難うございます!ムスメは受験生ですが、お受験社会科への関心が薄くて。。。受験に関係ないフェアトレードや地場野菜にはおおいに関心ありです。「入試に出るから!」という理由で押し付けたくないし、難しいです。理想は、普通の生活の中で興味を持って、それが受験勉強に応用発展できると良いのですが、そんなに上手くいっていません。
うちは、100均のお風呂パズルで都道府県覚えました。流れちゃったりするんですよ〜。くもんでも、学研でも、良いのが出ているんですね〜。蔭山先生のプリントも面白そうです。

投稿: ミサブレ | 2007年7月12日 (木) 08時15分

訂正です。「受験に関係ないフェアトレード。。。」→「受験にあまり頻出しない。。。」ですね。

投稿: ミサブレ | 2007年7月12日 (木) 08時17分

我が家も都道府県は、お風呂で覚えました。最後は、つばさとすばるのお湯の掛け合いのバトルが繰り広げられましたが。鉄道少年&雑学、グルメ番組大好きのつばさは、すんなりと県名を覚えて、”社会は得意!!”と豪語しています。一方、地図のねじれている&漢字が苦手なすばるは、苦戦中。陰山先生のドリルをチェックしてみようかしら。

投稿: つばさ&すばるママ | 2007年7月12日 (木) 08時30分

★ミサブレさん★
 
お受験社会科・・・う~ん。
受験は詰め込みも仕方ないですよね。
フェアトレードや地場野菜に関心を持つことは人として「生きる力」を身につけるならばはとても良いことだと思うんですけどね。
でもミサブレさんはちゃんとムスメちゃんのそういう気持ちを汲み取っていらしてすごいな~と思います。
そういうふうに周りを見る目はきっと将来大きく役に立つと信じてます!

投稿: yasuko | 2007年7月13日 (金) 13時18分

★つばさ&すばるママ★
 
おお! やっぱりお風呂ですねっ♪
そうなんですよね、つばさくんのように、色んなことに関心を持っている子供はそれに結び付けて地理などもすんなり覚えてしまうようです。
ということは、日ごろいかに色んなものに接しているかが、実は地名の暗記にも生きてくるってことなのでしょうね。

投稿: yasuko | 2007年7月13日 (金) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/7107227

この記事へのトラックバック一覧です: 『小学生社会 楽しく覚える日本地図』:

« 『小学生 夏休み 親子で過ごす時間』 | トップページ | 『教室日記 小学生算数 空気の対流実験装置作図中』 »