« 『教室日記 小学生算数 水の分子をつ~かまえたっ!』 | トップページ | 『教室日記 小学生算数 かけ算が必要なわけ』 »

『小学生工作 色・いろ・IRO』

お手軽 色あそび
 
色あそびって幼稚園や保育園ではやってたような気がするのですが

日本の小学校ではあまりみられませんよね。
家でもなかなか・・・
私みたいな美術のど素人でも、色のある生活には憧れます。 
 

ずいぶん前に、フランスプロバンス地方を訪ねた時に、
プロバンス柄の布を目にして、その配色の美しさに心惹かれ
ました。
こんな配色ってあるんだな~と。
でも、そこで購入したテーブルクロスは、日本で使ってみると
なんだかしっくりきません。
 
< ブロバンス柄の生地 >

*画像はクリックで拡大します
 
Provance  
 
 
 

プロバンス柄は、プロバンスの碧い空の下が一番似合うんですよね。
 
日本には日本伝統の柄や配色があるように。
 
そして、春休みに息子たちが留学したシュタイナー小学校では
教室の中がカラフルでとても明るいのにびっくりしました。
黒板も、子供たちのノートも、見ているだけでうきうきしてきます。
 
< シュタイナー小学校の教室 >

330page1530_3   
 
 
 
 

 ( シュタイナー小学校の様子は左のカテゴリー

  『オーストラリア親子留学&ホームステイ』にまとめてありますので

  是非ご覧下さい。)

 
その土地に良く似合う配色があったり、時に人を楽しくさせたり、
色って不思議ですよね。
 
子供たちにとっても、「絵を描く」ことはちょっと難しいな~と思っても、
「色で遊ぶ」のは楽しいようです。
でも、なかなか子供向けのそういったツールがありません。
 
そこで、我が家ではこんな組み合せで、色遊びをしています。
色んな色を実際に見ることで、子供たちも
 
「なるほど、こんな色もあるんだな~」
 
と感じているようです。
 
我が家にあるのは、ホルベイン150色色鉛筆ファーバーカステル
100色ペン50色折り紙配色バイブルなどなど。
 
< ホルベイン 色鉛筆 150色 >

Iroenpitsu  
 
 
 
 
 

 

ホルベインのHPはこちら↓

http://www.holbein-works.co.jp/index.html

 
< FaberCastell ペン 100色 >

Pens

 

 

ファーバーカステルのHPはこちら↓

http://www.faber-castell.jp/
 
 
< トーヨー 50色おりがみ >
 
Origami  
 
 
 
 
 
 

 

これらを使って、好きに絵を描いてもいいし、折り紙で遊んでもいいわけ
ですが、例えばこれに「配色バイブル」、「はじめての多面体おりがみ」
加えて・・・
 
< 配色バイブル ゴッホ調のページ >

Book  
 
 
 
 
 

Book 配色バイブル コンパクト版

著者:早坂 優子
販売元:視覚デザイン研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 
 
  
< はじめての多面体おりがみ >
 
 はじめての多面体おりがみ―考える頭をつくろう!
 
 
できたできた~!

 
< ゴッホ調の正八面体星がた >

061130_074501

 

 

 

 

 

雨の日の週末、こんな色あそびはいかがですか♪
 
 

|

« 『教室日記 小学生算数 水の分子をつ~かまえたっ!』 | トップページ | 『教室日記 小学生算数 かけ算が必要なわけ』 »

コメント

色遊びは美しくて楽しい!ですね。ファーバーカステルのパステルを数本持っています。親子でパステル画をかじったのです。シュタイナーぽくやったのでホワンとグラデーションですね。ご存知かもしれませんが、参考テキストは→アトリエルピナス「響き合う色」1と2、です。最初にパステルの使い方を習いに私だけ2〜3回おけいこに行って、後は独習というか、我流ですが、それらしい楽しみ方ができました。
はじめての多面体は生協で買ってムスメがトゲトゲしたものを沢山作りました。その後それを投げ合って「ちくちく戦争」というのをやりました。遊び方がちょっと違いますよね?!

投稿: ミサブレ | 2007年6月30日 (土) 14時03分

★ミサブレさん★
 
わ~っ! パステル画なんて素敵ですね♪
「響き合う色」は今確認してみました。
すっごく本がほしくなりました。
子供と一緒にパステル画やってみようかな~
本を見たら自分たちでもできますか?
いつも色々な情報をありがとうございます。

投稿: yasuko | 2007年6月30日 (土) 23時46分

アトリエスピナスのHPで見られましたか?本があればほとんど大丈夫と思います。パステルを軽くちぎった脱脂綿でこすり取って粉をつける→無地のはがき(ミューズケナフなど表面がざらついたもの)にその色をつける→ぼかしながら輪郭を整えたり色を重ねたりする→白くいろを抜きたいところは練り消しゴムで消す、という感じですすめました。最初パステルの扱いだけ分かりにくいかも知れません、お近くに聴ける人がいると良いですが(03-5287-4770フォーラムスリーというところでわかるかも知れません、ごめんなさい、いい加減で)
ムスメはテキスト通りにやるより自分の好きにやってしまいました。子どもはそれでもいいのかな、と。

投稿: ミサブレ | 2007年7月 2日 (月) 00時06分

★ミサブレさん★
 
なるほどなるほど!
いつも色々と教えてくださってありがとうございます♪
本を買ってみて、できなかったら自由にやってみようかな~と思ってます。
色遊びって楽しいですよね。
私なんて150色の色鉛筆を眺めてるだけ・・・なんてこともあります。
↑腕がついていかないのがバレバレです・・・

投稿: yasuko | 2007年7月 3日 (火) 10時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/6977891

この記事へのトラックバック一覧です: 『小学生工作 色・いろ・IRO』:

« 『教室日記 小学生算数 水の分子をつ~かまえたっ!』 | トップページ | 『教室日記 小学生算数 かけ算が必要なわけ』 »