« 『教室日記 小学生国語 漢字が絵に見えてきたぞ~』 | トップページ | 『小学生工作 色・いろ・IRO』 »

『教室日記 小学生算数 水の分子をつ~かまえたっ!』

教室日記 4年生算数

1年ほど前から自宅で学習教室を教室を開講しています。
教科は算数と国語ですが、教科の境を意識しない深く学べる授業を
心がけています。
こどもたちが学ぶものに境界線なんてないですよね!
教室の様子をカテゴリー「教室日記」にまとめています。
是非ご覧下さい。
 

6月19日(火) 温度を下げるとあれれれ~!
  
授業は計算テストタイム測定から始まります。
4年生の子供たちは、それぞれの進度に合わせて計算のトレーニングを
進めています。
タイム測定の後は計算のドリル演習をし、「数の概念」の学習へと進みます。
 
「数の概念」では色々な「単位」を取り上げ「どうしてその単位が必要だったのか」
「単位の基準はどうやって決めたのか」ということを子供たちと調べたり
考えたりしながら、学ぶ範囲を科学の世界にまで広げます。
 
4年生のクラスの数の概念の授業では現在「温度」をテーマにしています。
「温度をどうやって数で表すのか?」などを考えていきます。

先週の授業で、子供たちが学んだことは
 
1.温度の基準は1つだけではないらしい
 
2.温度があがると分子が元気になるらしい
 

ということでした。
 
 
今日は、温度の変化分子の様子について実験を通して観察することに
しました。
といっても、ごく簡単なもので(家庭でできる簡単なものを選んでます)
実際にに熱を加えて温度をあげたり、反対に下げたりしてその
様子を観察します。
また、実験の前には、水から水蒸気になるときには1600倍もの体積に
なることを「科学館」という図鑑で確認しておきます。

実験についてもこの本を参考にしました。
 

21世紀こども百科 科学館 Book 21世紀こども百科 科学館

販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 
 
まず、水を温めて沸騰させます。
ぶくぶくと泡がたち、シューッという音が聞こえてきて、子供たちと
 
「水の分子が飛び出してるね~!」
 
なんて話をします。
 
さあ、その分子を捕まえてみます。
 
その方法はというと、とてもお手軽なもので、ペットボトルを逆さにして
水蒸気(正確には湯気なのでもうすでに水なんですが・・・)を取り込む
だけです。
 
「よし! これで水の分子を捕まえたよ。」
 
と子供たち。
 
子供たちも暑いのに汗をかきながらも頑張りました。
 
そしてこれからが大変!
 
そのペットボトルの口に急いで風船を取り付けます。
 
< 風船を取り付けたペットボトル >

*写真はクリックで拡大できます
 
0619mizu130  
 
 
 
 
 

 
この後は、このペットボトルを氷入りの水につけて急激に冷やすのです。
 
ここで子供たちに問題を出します。 
 
「水を沸騰させて水蒸気になった体積が1600倍にもなります。
 今、それをつかまえたよね!
 そして、今度はこれを冷やして水に戻します
 体積はどうなると思う?」

 
子供たちはしばらく考えていましたが
 
「増える?」
 
「いやいやちょっとまって、減るんじゃないの?」
 
と子供たち。
 
実験の結果は・・・
 
< 風船が吸い込まれたペットボトル >
 
0619mizu230  
 
 
 
 
 
 
水蒸気を含んだ水の体積はどんどん小さくなり、風船はというと

ポコンッ!

と音を立ててとうとうペットボトルの中に吸い込まれてしまいました!
そして今度は内側に膨らんでいきます。
これには子供たちもびっくり。
 
「うわ~すげ~!」
 
とちひろくん。
 
これをみて子供たちは「温度(熱)って何か力を持ってるらしい」
感じてくれたようでした。
 

|

« 『教室日記 小学生国語 漢字が絵に見えてきたぞ~』 | トップページ | 『小学生工作 色・いろ・IRO』 »

コメント

ああ、これもとっても楽しそう!!
私も混じってやりたいくらいです。
身近にある水も、いろいろと観察すると面白いことがいっぱいですよね。
水をテーマにするだけで、一年間ぐらい楽しめそうですし、小学校で必要な知識や計算の技術は水を通してすべて学ぶことができそうですよね。作文、詩、音楽、単位、割合、天気、水の性質、命とのかかわり、地理、歴史、社会問題・・・・・。
静かなお台所で、おなべに氷を入れて、火にかけ、沸騰するまでの音をつばさとすばると三人で聞き分けてみようかしら。
わくわくしてしまいますね。

投稿: つばさ&すばるママ | 2007年6月28日 (木) 21時21分

★つばさ&すばるママ★
 
たのしそうでしょ!
つばさ&すばるママだったら、また子供たちにとっても魅力的な解説をして下さるんだろうな~と思います。
「水」って身近なものだけど、本当に面白いですね。
「水」で一年ぐらいいけそうですか?
ふむふむ、参考にさせて頂きます。
まだまだ教材は製作中なんですよね・・・
がんばらなくては!
 
氷を火にかけて音を聞く・・・
是非やってみてください。
興味津々で~す♪


投稿: yasuko | 2007年6月29日 (金) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/6956476

この記事へのトラックバック一覧です: 『教室日記 小学生算数 水の分子をつ~かまえたっ!』:

« 『教室日記 小学生国語 漢字が絵に見えてきたぞ~』 | トップページ | 『小学生工作 色・いろ・IRO』 »