« 『教室日記 小学生算数 暦に残るローマ皇帝のわがまま』 | トップページ | 『教室日記 小学生算数 水のかさ~遊んで覚えるリットルとデシリットル »

『小学生 こんな本選びはいかがですか?』

  
子供の本選びっていつもちょっと悩みます。
だいたいは子供主体で選らばせますが、それだけでは読むジャンルが

偏ってしうまうので、我が家では図書館でも本屋さんでも、「子供が選んだ
本」
「親が選んだ本」をGETするようにしています。
 
我が家の子供用本棚には、絵本小説図鑑の他、学習漫画の偉人伝、同じく
学習漫画の歴史シリーズ図解雑学シリーズNewtonブルーバックス
(主に科学)、スケッチの本、美術館の本、多面体折り紙の本、ちょっと
変わったところで折り紙を英語で教える本などなど、色んな本が所狭しと
ならんでます。
どれも子供がすぐに手にとれるようにしているので、気付けば四年生の長男が
「重力と一般相対性理論」なんて本を読んでいたりします。
分かっているのかどうかは???ですが・・・
 
色んな本の選び方があると思いますが、時にはこんな選び方は
いかがでしょうか。
 
以前の記事で、子供が何かを理解するのに、地理歴史の知識のなさが
ネックになってしまうということを書きました。

(記事はこちらです↓)

『教室日記 小学生国語 ワンランク上の読書力のために必要なもの』

http://homeeducation.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_41db.html

 
かといって、慌てて地理や歴史を詰め込むのもちょっとな~
 
と思いますよね。
 
教室に来ている子供たちや、うちの息子たちを見ていても、
 
「古代ギリシャの人たちは・・・」
 
なんて出てきた時に、いくら年表歴史の資料を見ても、いまひとつ
頭の中に絵が浮かばないようなのです。
 
ここででてきた「古代ギリシャ」のように、あまり目にすることがなく
子供たちがイメージしにくいものについて、写真やイラストを見せてあげる
という目的で本を選んでみるのはいかがでしょうか。
 
例えば一見遊びの本に見えてしまう「時の迷路」という本だって、
謎を解きながらペラペラとページをめくっていくと、日本の恐竜時代から
江戸時代までの流れと、その時代の人々の様子が分かります。
 

時の迷路―恐竜時代から江戸時代まで Book 時の迷路―恐竜時代から江戸時代まで

著者:香川 元太郎
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

まあ、そもそも迷路ですので、イラストに脚色はあるとしても、この本にはたくさんの

描かれているので、まだ歴史を習っていない子供たちが、それぞれの時代に

親しみをもつ本としては役に立ちそうです。

本を見ていたうちの息子たちは、縄文時代の人たちの衣装と江戸時代の人たちの
衣装を比べたりしていましたよ。
 
このシリーズには「文明の迷路」というのもあって、先ほどの「ギリシャ文明」
についてもイラストで楽しみながら見ることができます。

文明の迷路―古代都市をめぐってアトランティスへ Book 文明の迷路―古代都市をめぐってアトランティスへ

著者:香川 元太郎
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 
実は、今日(6月2日)に放送された「世界ふしぎ発見」ギリシャ

テーマだったのですがテレビをみていた次男(二年生)が
 
「ああ~っ! このギリシャの船、迷路の本で見たよ~!」
 
と喜んでいました。

そうなんです!
「文明の迷路」には古代ギリシャの船がたくさん描かれていたんです。
 
他にも、いつも何かを調べていくと行きあたる原子、分子の世界
子供にとっては(いえ、私にとっても・・・)イメージしにくいのですが、
そんなときは科学雑誌Newtonのイラストを一緒に見ます。

 
なかなか見られないものイメージできないものを見せるために本を選ぶ。
 

こんな本選びもよさそうですよね。

|

« 『教室日記 小学生算数 暦に残るローマ皇帝のわがまま』 | トップページ | 『教室日記 小学生算数 水のかさ~遊んで覚えるリットルとデシリットル »

コメント

素晴らしい、本選びですね~。我が家にある本と同じ傾向のもの、違うもの、参考にさせていただきます。我が家には、このほかに鉄道の本や、地理の雑学の本があるでしょうか。一方、ブルーバックス、美術の本などがありません。ブルーバックスはそろそろ読むことができそうですね。私も小学生5,6年生の頃に、”10歳からの相対論”とかいう本を読んだのがきっかけで、物理が好きになりました。子供の記憶力や知識を吸収する力は本当に計り知れないものがあると思います。いい刺激を与えてあげたいものですね。

投稿: つばさ&すばるママ | 2007年6月 3日 (日) 17時15分

★つばさ&すばるママさん★
 
きゃ~!
つばさ&すばるママさんの褒められるととっても嬉しいです!
実は仕事でお会いした宇宙飛行士&物理学者のアニリールセルカン
さんに、子供だって大人の本が読める、というようなお話を聞いて
本の選び方を見直しました。
美術の本は、いわゆる巨匠を紹介したものもおいていますが、
配色バイブルという色合わせの本や、色えんぴつでスケッチする
本は見ているだけでもその色合いで楽しくなります。
ブルーバックスは小学生から読んでらしたんですね!
どうやらそういう方が科学の道に進むようです。
本との出会いは大切ですね。
つばさ&すばるママお勧めの本も是非教えてください。
鉄道の本ってどんな本なのかも興味津々です♪

投稿: yasuko(blue_sky) | 2007年6月 4日 (月) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/6645781

この記事へのトラックバック一覧です: 『小学生 こんな本選びはいかがですか?』:

« 『教室日記 小学生算数 暦に残るローマ皇帝のわがまま』 | トップページ | 『教室日記 小学生算数 水のかさ~遊んで覚えるリットルとデシリットル »