« 『教室日記 小学生国語 親子で磨く図形のセンス』 | トップページ | 『シャボン玉が六角形に変身!?』 »

『教室日記 小学生算数 1リットルを工作しよう』

教室日記 二年生算数

1年ほど前から自宅で学習教室を教室を開講しています。
教科は算数国語ですが、教科の境を意識しない深く学べる授業を
心がけています。
こどもたちが学ぶものに境界線なんてないですよね!
教室の様子をカテゴリー「教室日記」にまとめていますので
是非ご覧下さい。

5月22日(火) 水のかさ~1リットルを工作しよう!
 
ちょっと日付が戻りまして、先週行った二年生の算数です。
算数の授業は「計算術を学ぶ」「数の概念を学ぶ」の二本立て
になっています。

この何週間かは「数の概念」「水を数える(はかる)」ことを学んで
います。
水のような、どこかで区切って「1」と数えにくいものには、何か
「1」になる基準を決めなくてはいけません。
 
私が子供たちに
 
「どのくらいの量を”1”とするかは、どうやって決めても良かった
 んだよね。例えば、ともきくんが王様なら、勝手に”1”になる量を
 決めて、”1ともき”としたっていいしね!」

 
と言うと
 
「知ってる~!」
 
と子供たち。
古代エジプトでは王様自分の腕を基準に「キュービット」という長さの
単位を決めたことや、科学の研究で必要だったため湯川博士が決めた
「ユカワ」という単位があることなどは、教室でいつも聞いているので、
子供たちにとっては珍しい話ではなくなっているようです。
 
「どんな風に決めてもよかったけど、色んな国で話し合って、10センチ
 のサイコロの大きさ
に入る量を1リットルって決めたんだよ。リットル
 の他にも量るための単位は色々あるんだよ。」

 
と説明します。
 
と、ここで子供たちに工作用紙を渡しました。
この工作用紙は教室でよく使っていますが、1センチの方眼になった厚紙なので
立体図形を作るのにとても便利です。
工作用紙は文具屋さんで購入することができます。
 
我が家ではこの工作用紙をいつでも使えるようにしておいたところ、

息子たちがいつのまにか時計と指輪置き、主人の眼鏡立てを作って
くれていました。
遊びながら立体のセンスを磨くことができそうですね。
 
< 工作用紙で作った時計と指輪置き、眼鏡立て >

*写真はクリックで拡大できます

522meganetate  
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、戻りまして、子供たちに配った工作用紙には、予め立方体の展開図
を書いて置きました。
ゆっくり時間があるときは、子供たちが展開図を書くと良いですね。

< 展開図を書いた工作用紙 >

522youshi30_2
 

 

 

さっそく、はさみで展開図を切り取っていく子供たちです。
真剣でしょ!?
 
< 展開図を切りとる子供たち >
 
522cut30
 
 
 
 
 
 
 
上手に展開図を切り取り、立方体に組み立てて行きます。
 
しばらくすると・・・
 
できました~!!
 
< 1リットルを体感できる立方体 >
 
522kumitate130  
 
 
 
 

 

522kumitate230
 

 

そして、牛乳パックを持ってきて、
 
「これも同じ1リットルなんだよ。」
 
というと
 
「えええ~~! 牛乳パックの方が大きそうだよ!」
 
と疑っている様子の子供たち。
 
「じゃあ来週は実際に水を使って量ってみようね。」
 
ということで、1リットルの大きさを確認して、授業は終わりました。
 
学校で学ぶリットルは、ただ単位の換算ができることが目標のように

思えて楽しくないし、きっと忘れてしまいます。
ペットボトル牛乳パックなど、身近なものを使って、遊びながら楽しく
体感できれば、それは生きた知識となります。
 
楽しい気持ちで学んだことは、脳の中でも短期記憶から長期記憶へ移動する・・・

ずっ~と忘れないことでしょう。
 
次回はデシリットルをまたまた遊びながら学びますよ!
 
 

|

« 『教室日記 小学生国語 親子で磨く図形のセンス』 | トップページ | 『シャボン玉が六角形に変身!?』 »

コメント

はじめまして、つばさ&すばるママと申します。”算数”、”立体”と検索をしていたら、偶然見つけました。とても素敵なお教室ですね。これから、じっくりと記事を読ませていただきたいと思います。私は、小6と小4の兄弟の母、国立工学部→企業研究所→出産退職を経て、今年からお友達のお嬢さん(小6)と息子さん(小3)の算数や理科の家庭教師をはじめました。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: つばさ&すばるママ | 2007年5月31日 (木) 09時47分

はじめまして、つばさ&すばるママと申します。”算数”、”立体”と検索をしていたら、偶然見つけました。とても素敵なお教室ですね。これから、じっくりと記事を読ませていただきたいと思います。私は、小6と小4の兄弟の母、国立工学部→企業研究所→出産退職を経て、今年からお友達のお嬢さん(小6)と息子さん(小3)の算数や理科の家庭教師をはじめました。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: つばさ&すばるママ | 2007年5月31日 (木) 09時48分

訪問&コメント頂きありがとうございます。
まだまだ、試行錯誤しながらの教室ですが、子供たちは
学ぶことを楽しいと思ってくれているようで、これだけでも
教室をやってよかったな、と思えます(^^)
我が家も小4と小2の息子がいるので、つばさ&すばるママ
さんの家庭教育も参考にさせて頂きたいと思います。

投稿: yasuko(blue_sky) | 2007年5月31日 (木) 12時39分

yasuko様、早速私のブログへのご訪問、ありがとうございました。
そして、気がついたら初めのコメントを二つも送ってしまっていました。申し訳ありませんでした。
子供達には、体験して学んで欲しい、と常々思っておりますが、まさにこのお教室がその実現ですね。紙の上だけの学びではなく、実際に手を動かして体験する学びは本当に素晴らしいと思います。
とろこで、yasuko様のブログ、是非ブックマークさせていただきたいと思います。もし、不都合なことがありましたらご連絡ください。

投稿: つばさ&すばるママ | 2007年5月31日 (木) 16時21分

★つばさ&すばるママさん
 
もちろんです! ブックマークして頂けるなんてとっても嬉しいです。
実は今もつばさ&すばるママさんのブログで折り紙の勉強を
してきました~!
これからもよろしくお願い致します♪

投稿: yasuko(blue_sky) | 2007年6月 1日 (金) 11時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/6601687

この記事へのトラックバック一覧です: 『教室日記 小学生算数 1リットルを工作しよう』:

« 『教室日記 小学生国語 親子で磨く図形のセンス』 | トップページ | 『シャボン玉が六角形に変身!?』 »