« 『教室日記 小学生国語 ワンランク上の読書力のために必要なもの』 | トップページ | 『教室日記 小学生算数 単位の基になった水を観察してみよう』 »

『小学生算数 計算のスピードが上がらない意外な理由とは』

小学校低学年 計算のスピードが上がらない意外な理由とは
 
私たちの教室では小学校で学ぶ計算を150ほどのレベル別計算テスト
しています。
子供たちは家でも教室でも必ずタイムを計って計算練習をし、正確さと速さ
トレーニングしています。
 
小学校二年生の子供たちは現在2桁~4桁たし算、ひき算を暗算で
練習しています。
 
小学生の計算力としてどこまでの暗算力が必要かについては
「子供の計算力 どこまで暗算ができればいい?」にまとめましたので
是非ご覧下さい。

http://homeeducation.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_7ae6.html
 

さて、低学年のうちの計算というのは、そんなに難しいものはないのですが
それでも計算のスピードには差が出てきます。

先日、20問の計算問題を1分以内で解かなければいけないのに、どうしても
時間が少しオーバーしてしまう子供がいました。
その子は普段から決して計算が遅いわけではないので、どうして1分の壁が
超えられないのか私もとても不思議でした。
 
<2桁+2桁①>

2tasu2
 
 
 
 
 
 
 
 

 
理由を探るために、その子が解いているところを観察してみます。
 
すると・・・
 
問題を見て答えを見つけるまでの時間は遅くはなく、そのままいけば1分
以内に解き終えられるように思えます。
 
でも・・・
 
答えを見つた後の鉛筆を動かすスピードがちょとだけゆっくりなのです。
このちょっとのゆっくりさが、20問積もると大きな遅れとなってしまいます。
数字をゆっくり丁寧に書くので、答えはとても見やすくて。それ自体はとても
良いことなのですが、実はこの書くスピードの遅さが計算のスピードに
ブレーキをかけていたのです。
 
もちろん丁寧さも重要。
でも速さも重要です。

 
これから中学年、高学年、そして中学へと進学していくと、数字をきれいに
速く書ける事が計算のスピードに大きく影響してきます。
現在の四年生を見ていても、計算用紙に筆算が速く正確に書ける子供は
断然計算のスピードが速いのです。
 
もし子供の計算のスピードが思うように上がらないと感じたら、基本に
かえって、数字を書くスピードもチェックしてみると良いかもしれません。

|

« 『教室日記 小学生国語 ワンランク上の読書力のために必要なもの』 | トップページ | 『教室日記 小学生算数 単位の基になった水を観察してみよう』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/6469324

この記事へのトラックバック一覧です: 『小学生算数 計算のスピードが上がらない意外な理由とは』:

« 『教室日記 小学生国語 ワンランク上の読書力のために必要なもの』 | トップページ | 『教室日記 小学生算数 単位の基になった水を観察してみよう』 »