« オーストラリア親子留学&ホームステイ 授業の様子 | トップページ | オーストラリア親子留学&ホームステイ シュタイナー学校 朝の時間 »

オーストラリア親子留学&ホームステイ 家での様子

~ オーストラリア親子留学&ホームステイ ~

2007年3月26日~4月7日の期間、オーストラリアコフスハーバー
親子留学&ホームステイをしてきました。
現地では9歳と7歳の息子たちがルドルフシュタイナーの教育法を実践する
シュタイナー小学校に通いました。
ホームステイの様子やシュタイナー小学校の様子を記録したものを記事にして
います。
下記の日付以外のものは カテゴリー「オーストラリア親子留学&ホームステイ」
まとめてありますので是非ご覧下さい。

『親子ホームステイの様子』
 
学校の話が続いたので、ここでちょっとホームステイの様子も紹介しようと
思います。
何しろ私も息子たちもホームステイは初体験!
さてどんなことになったのやら。

3月27日~30日
 
空港に迎えに来てくれたてつこさんと一緒にホストファミリーの家へ
到着しました。
コフスハーバーの中心から車で20分ほど離れた場所にある閑静な
住宅地の中にホストファミリーの家がありました。
周りをみても、どの家にも芝生があってとても広そう!
そしてお世話になった家族の住む家は白壁のひろ~いお宅でした。

<ホームステイした家>

*画像はクリックすると見られます

House 
 

 

<リビング>

Living_1

 

 

 

 

家には靴のまま上がるものとばかり思い込んでいた私たちでしたが、ホームステイした

家は日本と同じく靴を外で脱いで家に入るようになっていました。
そういえばシュタイナー学校の教室も靴を脱いでいたので、意外にこういう
スタイルも多いのかもしれませんね。
家の中はバリ調の家具が置かれていてシンプル、モダンで明るくくつろげる家でした。

<遠くの嵐まで眺められるバルコニー>

House2

 

 

 

バルコニーがとても広くて、ここでバーベキューもしました。

<ガレージ前で制服姿のケイシー>

Casy

 

 

 

早速私たちが使う部屋を案内してもらいます。
玄関がある一階にリビング、キッチンなどがあり、階下の半地下の部屋には子供たちの
部屋とバスルームなどがありました。
私たちがお借りした部屋は20畳ぐらいある部屋で、とても風通しのいい明るい部屋でした。

そうそう、それからベラという食いしん坊の犬と、気まぐれなリリーという猫がいて、
リリーはたまに私たちの部屋に遊びにきていました。

<食いしん坊のベラ>

Bera

 

 

 

家を案内してもらった後は、てつこさんが私とカイリー(奥さん)に明日からの学校の
ことを説明してくれました。
そして

「日本人はここの人たちに比べて気候の変化に弱いから。」

とカイリーに話してくれ、寝室にいくつか毛布を追加してくれました。
この毛布は結構助かりました。

さて、てつこさんが帰ってしまうと、いよいよ英語だけの生活が始まりました。
その日に家にいたのは、カイリーとケイシー(8歳)。
お姉ちゃんのシャネル(10歳)は学校のキャンプでいないとのこと。
サイクス家は日本人の家族を受け入れるのが6組目ということでしたが、日本語は挨拶
ぐらいしか話せませんでした。
英語だけのコミュニケーションで大丈夫かなぁという多少の不安はあったのですが、
一応大学卒業後も英語からは離れない生活(なんて威張れるほどではありませんが・・・)
をしていたことが少しは役に立ったのか、聞きたいこと、お願いしたいことなどは問題なく
英語で伝えることができましたよ。
さらに、毎日ホストファミリーと、洋服の話をしたり、子供たちの話をしたり、
日本の学校のことを話したりして、ホームステイならではの貴重な体験ができました。
これについてはまた別の記事で。
 
言葉の他にも不安が一つ。
他人と、それも外国の人と一つ屋根の下で暮らすわけですから、お互いの生活のルール
なんていうのも気になります。
ひとまずマニュアル通りに、ホストファミリーのファミリールールを聞いて・・・とこなして
みたけど、カイリーはとてもきさくな人で、そんな細かいことは全く気にしない様子でした。
とても親切にしてもらったけど、ほとんどのことは自由にさせてもらっていて
とても過ごしやすかったです。
結局カイリーが教えてくれたのは、食器がおいてある場所洗濯機の使い方だけでした!

ダンナさんのダインオーダーメイドの家具を作る会社を経営していて、彼自身が
職人でもありました。
帰ってくる時間はだいたい六時ごろ
それからは家族で過ごす時間です。
日本のお父さんたちとはぜんぜん違いますよね。
うちの息子たちもダインにたくさん遊んでもらいました。
 
そうそう今回はパソコンを持って行ってたのですが、グーグルアースを入れていってたので
カイリーとダインに私たちが住んでいる町を見せることができました。
あまりに電車の路線が多くてびっくりしていましたよ。
何しろコフスハーバーは南北に一本の路線しかありませんから。

と、こんな風にあっという間に最初の不安は消え去り、滞在期間中は快適に楽しく
過ごさせてもらいました。
もしホームステイするなら持って行くといいものがあるとすれば

折り紙
日本各地の写真や絵葉書
 
・・・とここまでは普通ですよね? それから
 
日本で使っている携帯に日常の様子をたくさん写していく!
グーグルアースを使えるようにしていく!

っていうのが話のネタとしてとても役に立ちました。
日本での何気ない普通の生活に興味があるようで、携帯の写真を見ながら
たくさんの質問を受けましたよ。

ホームステイについては、後半もっと仲良くなった私たちとホストファミリーの
様子を記事にします。

というわけで、次はまたシュタイナー学校に戻って特徴ある授業の進め方
紹介したいと思います。

|

« オーストラリア親子留学&ホームステイ 授業の様子 | トップページ | オーストラリア親子留学&ホームステイ シュタイナー学校 朝の時間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/6142108

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリア親子留学&ホームステイ 家での様子:

« オーストラリア親子留学&ホームステイ 授業の様子 | トップページ | オーストラリア親子留学&ホームステイ シュタイナー学校 朝の時間 »