« 『科学って特別なものじゃないらしい』 | トップページ | オーストラリア親子留学&ホームステイ シュタイナー学校 算数の糸かけほか »

『小学生算数 子供の計算力は十分ですか?』

小学生算数 教えてもらえない計算力の目標

小学生の計算力ってどこまでつければいいんだろう?
こんな単純な疑問にも、実は明確に答えてくれる場所がないことに気づきました。
 
と、その前に「計算力=算数力」ではないことを確認しておきますね。
計算は何かを証明したり解いたりするためのツールです。
計算ができるからといって算数で何かを証明したり、解いたりする方法を考えつくとは
限りませんよね。
一般相対性理論を確立したアインシュタインも計算はさほど得意じゃなのだとか。
とはいえ、計算ができないことが原因で、問題を解く方法が分かっても最後まで解けない
ということは十分にあり得ます。
計算はできるにこしたことはないわけです。
 
じゃあどのくらいの計算力(スピードと正確さ)がいるのでしょうか?
この肝心な目標が多くの小学校ではとてもあいまいなようです。
計算練習は、スピードと正確さのはっきりした目標の下に行わなくては
子供も何を目指してよいのか分かりません。
ストップウォッチを持たずに計算練習をしてもあまり効果はあがらないのです。
また、市販されているドリルに書かれている目標タイムは、基準が甘いものが多く
参考にはなりませんでした。
そこで仕方なく計算に関する色々な書籍を読み、

ここまでできれば将来計算で困ることはないだろう

という計算のスピードの基準を作りました。
基本はのスピードは小学生で(中学生でも同じです)100マスのたし算、ひき算、
かけ算、わり算、
それぞれ3分以内です。
このスピードがないと、後々出てくるかけ算、わり算の筆算も、ちっともスピードが
上がらないどころか、だんだん計算が嫌いになってくるようです。
そしてこのタイムを基準に、桁数が多くなった各計算の目標タイムも決めていくことが
できました。
 
私たちの教室では、次のような計算について金、銀、銅、という三段階の合格タイム
を設定しています。
銅メダルが合格の最低ラインです。
ここではサンプルで二種類の計算を紹介します。
教室では学年に関係なく演算毎に計算練習に取り組んでいます。
子供さんの計算のスピードが足りているか、是非試してみて下さい。

<2桁+1桁 全20問>

21

 

 

 

 

 

 1~10問 くりあがりなし  23+4= など
11~20問 くりあがりあり  48+6= など

金メダル・・・30秒以内
銀メダル・・・31~45秒
銅メダル・・・45~1分

問題サンプルはこちら

http://www.geocities.jp/yasuko_nk323/2tasu1no1.html

<3桁×3桁 全20問>

Photo_5

 

 

 

 

 

 1~10問 くりあがり1桁~2桁 242×210= など
11~20問 くりあがり2桁~3桁 572×365= など

金メダル・・・9分以内
銀メダル・・・9分~10分30秒
銅メダル・・・10分31秒~12分

問題サンプルはこちら

http://www.geocities.jp/yasuko_nk323/3kakeru3no1.html

さて、親としてここで気になるのはこのタイムが本当に将来にわたって通用するのか?
ということですよね。
将来にわたって・・・というのは検証が難しいのですが、例えば次のようなことが
参考になるかもしれません。

これらの計算をほとんど金メダルでクリアしていた子供が大手受験塾のオープンテスト
(三年生冬のテスト)に参加しました。

さて結果は・・・
 
見事150点満点!
 
もちろん計算ができたからだけではないのですが、彼の感想は

「計算は速くできたから問題はゆっくり解けたし見直しもできたよ!」
 
とのこと。
計算が速いことは問題をゆっくり考える余裕を生んだようです。
 
さて、目標タイムも分かったところで、次は計算力のつけ方が問題です。
次回は
 
どこまでの暗算力が必要か?

を記事にしたいと思います。
 

|

« 『科学って特別なものじゃないらしい』 | トップページ | オーストラリア親子留学&ホームステイ シュタイナー学校 算数の糸かけほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261523/6206506

この記事へのトラックバック一覧です: 『小学生算数 子供の計算力は十分ですか?』:

« 『科学って特別なものじゃないらしい』 | トップページ | オーストラリア親子留学&ホームステイ シュタイナー学校 算数の糸かけほか »